SENSE (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
SENSE
Mr.Childrenスタジオ・アルバム
リリース
録音 OORONG TOKYO STUDIO
SOUND CITY
ジャンル J-POP
ロック
時間
レーベル トイズファクトリー
プロデュース 小林武史
チャート最高順位
  • 週間1位(2週連続、オリコン[1]
  • 2010年12月度月間1位(オリコン)
  • 2010年度年間5位(オリコン)
  • 2011年1月度月間8位(オリコン)
  • 2011年度上半期18位(オリコン)
  • 2011年度年間36位(オリコン)
  • 2011年度年間1位 (Billboard JAPAN TOP Album of the Year 2011)
ゴールドディスク
  • トリプル・プラチナ(日本レコード協会
  • Mr.Children アルバム 年表
    SUPERMARKET FANTASY
    2008年
    SENSE
    (2010年)
    Mr.Children 2001-2005
    <micro>

    Mr.Children 2005-2010
    <macro>

    2012年
    『SENSE』収録のシングル
    ライブ映像(公式)
    「I」 (2011)
    「擬態」 (2011)
    「365日」 (2012)
    「ロックンロールは生きている」 (2011)
    - YouTube
    テンプレートを表示

    SENSE』(センス)は、日本バンドMr.Childrenの16枚目のオリジナルアルバム2010年12月1日トイズファクトリーより発売された[2]

    概要[編集]

    通常盤のみの1形態で発売。アリーナツアー『Mr.Children Tour 2011 SENSE』チケット先行抽選予約のためのシリアルナンバーが封入されていた。アルバムのジャケットはザトウクジラがブリーチングしている写真で、アートワークは森本千絵率いるgoen°が担当。

    前作『SUPERMARKET FANTASY』から約2年ぶりとなるオリジナルアルバム。メジャーデビュー作の『EVERYTHING』以来となる全曲がCD初収録のアルバムで、前作以降、配信限定シングル「fanfare」やCMソングとなった「365日」など新曲の発表はあったものの、CDシングルの発売が1枚もない状態での発売だった。

    「一切の先入観なく音を受けとめて欲しい」というバンドの意思[3]から、発売日の2日前までタイトル・収録曲などは一切告知されず、テレビや雑誌への出演といったプロモーション活動も一切行われなかった。

    アルバムのコンセプトは“Mr.ChildrenがMr.Childrenを超えること”であり[2]、前作『SUPERMARKET FANTASY』とは異なり「大衆に向けての意識が薄いのかもしれない」「より自分達(Mr.Childrenと小林武史の5人)の演奏の充実、グルーヴの充実っていうものに向かってた気がします」と桜井和寿は語っている[4]

    収録曲[編集]

    1. I [4:09]
      桜井は、この曲と2曲目の「擬態」と6曲目の「ロックンロールは生きている」ができたことがアルバム制作への自信に繋がったと語っている[3]
    2. 擬態 [5:49]
      本作のリード曲で、発売に先駆け11月29日よりラジオ限定でオンエアが解禁された。
      本作のCMで流された「トビウオニギタイ」というキーワードはこの曲の歌詞から採られたもので、桜井が愛聴している伊集院光ラジオ番組でのトークから曲作りのインスピレーションを得ている[5]
      元々はSalyuへの提供曲として書かれた楽曲であるが、作っていくうちに愛着が湧いて「提供するにはもったいない」(桜井)とのことで、バンドのレパートリーとなった[5]。なお、Salyuにはこの曲の代わりに「青空」を提供している。
      後にベスト・アルバムMr.Children 2005-2010 <macro>』『Mr.Children 2003-2015 Thanksgiving 25』にも収録された。
    3. HOWL [4:18]
    4. I'm talking about Lovin' [5:11]
    5. 365日 [5:37]
      NTT東日本NTT西日本CMソング[6]2009年からオンエアされ、ライブでも『Mr.Children DOME TOUR 2009 SUPERMARKET FANTASY』で初披露されていたが、本作に収録されるまでCD音源化されていなかった。
      後に2017年にはNTTドコモ「NTT docomo group × Mr.Children 25th Anniversary コラボキャンペーン」ブランドCMソングにも起用された[7]
      元々は桜井が“ラブチェック”というエイズ検査促進運動に関するイベントをクリスマスなどに行ってアピールしたいと考えていた。「そうしたらたまたま、クリスマスにMr.Childrenのドームツアーの追加公演を行うのはどうかという話があって。それで、命の尊さや、相手を思いやる気持ちの大切さといった、ラブチェックの根底にある思いを込めた曲を、観に来てくれる人たちに伝えたいと思って作った」と桜井は述べている[8]
      シングルとしてリリースされていないのにも関わらず、Mr.Childrenが2010年代に入ってから人気のある代表曲の一つとして挙げられ、結婚式でもよく用いられている。後にベスト・アルバム『Mr.Children 2005-2010 <macro>』『Mr.Children 2003-2015 Thanksgiving 25』にも収録された。また、2014年に開催されたファンクラブ限定ツアー『Mr.Children FATHER & MOTHER 21周年ファンクラブツアー』の直前に行われた「会員が最もライブで聴きたい曲」アンケートでは29位に選ばれた[9]
      Youtube公式チャンネルにおいて「HANABI」に次いで2番目に再生回数が多い曲(2020年8月現在)でもあり、約5,700万回再生されている。
    6. ロックンロールは生きている [4:49]
      発売に先駆け11月18日よりラジオ限定でオンエアが解禁された[10]ほか、本作のCMでもわずかに使用されている。
    7. ロザリータ [5:48]
      同年4月に行われたファンクラブ限定ライブで披露されていた[11]
    8. [3:45]
    9. fanfare [6:15]
      • 管編曲:小林武史・山本拓夫
      2nd配信限定シングル。
      本作唯一のシングル曲。表記はないが、ミックスし直されたアルバムバージョンとなっている[5]
    10. ハル [5:25]
    11. Prelude [6:54]
      この曲の歌詞について桜井が「Mr.Childrenの音楽をすごく好きで聞いてきてくれた人にちょっとずつ”ちょっかい”出しながら書いてました」[12]と話すとおり、歌詞の中にMr.Childrenが過去に発表した曲名や歌詞(「光の射す方へ」など)が登場する。
    12. Forever [4:50]
      ドキュメンタリー映画『Mr.Children / Split The Difference』エンディング曲。

    参加ミュージシャン[編集]

    • Mr.Children
    • 小林武史:Keyboards
    • 安達練:Computer Programing
    • 小倉博和:Bouzouki (#2), 12 String guitar (#2)
    • 山本拓夫:Sax (#7, #9)
    • 西村浩二:Trumpet (#7, #9)
    • 菅坂雅彦:Trumpet (#9)
    • 中川英二郎:Trombone (#9)
    • 片岡雄三:Trombone (#9)
    • 山城純子:Bass trombone (#9)
    • 四家卯大ストリングス:Strings (#4, #5, #7, #9, #10, #12)
      • 四家卯大:Stings (#4, #5, #7, #9, #10, #12)
      • 沖祥子:Stings (#4, #5, #7, #9, #10, #12)

    ライブ映像作品[編集]

    I

    作品名 備考
    Mr.Children Tour 2011 SENSE
    Mr.Children STADIUM TOUR 2011 SENSE -in the field-

    擬態

    作品名 備考
    Mr.Children Tour 2011 SENSE
    Mr.Children STADIUM TOUR 2011 SENSE -in the field-
    Mr.Children [(an imitation) blood orange] Tour
    Mr.Children Stadium Tour 2015 未完
    Mr.Children Tour 2018-19 重力と呼吸

    HOWL

    作品名 備考
    Mr.Children Tour 2011 SENSE
    Mr.Children STADIUM TOUR 2011 SENSE -in the field-

    I'm talking about Lovin'

    作品名 備考
    Mr.Children Tour 2011 SENSE
    Mr.Children STADIUM TOUR 2011 SENSE -in the field-

    365日

    作品名 備考
    Mr.Children DOME TOUR 2009 SUPERMARKET FANTASY IN TOKYO DOME
    Mr.Children Tour 2011 SENSE
    Mr.Children STADIUM TOUR 2011 SENSE -in the field-
    MR.CHILDREN TOUR POPSAURUS 2012
    Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25 キーを半音下げて演奏された。

    ロックンロールは生きている

    作品名 備考
    Mr.Children Tour 2011 SENSE
    Mr.Children STADIUM TOUR 2011 SENSE -in the field-
    MR.CHILDREN TOUR POPSAURUS 2012
    Mr.Children REFLECTION {Live & Film} 『Mr.Children TOUR 2015 REFLECTION』に収録。

    ロザリータ

    作品名 備考
    Mr.Children Tour 2011 SENSE

    作品名 備考
    Mr.Children STADIUM TOUR 2011 SENSE -in the field-

    fanfare

    ハル

    作品名 備考
    Mr.Children STADIUM TOUR 2011 SENSE -in the field-
    Mr.Children Tour 2018-19 重力と呼吸

    Prelude

    作品名 備考
    Mr.Children Tour 2011 SENSE
    Mr.Children STADIUM TOUR 2011 SENSE -in the field-
    Mr.Children Dome Tour 2019 Against All GRAVITY

    Forever

    作品名 備考
    Mr.Children Tour 2011 SENSE

    SENSE PROJECT[編集]

    アルバムの情報解禁前には「SENSE PROJECT」というウェブサイトが設立されており、アルバム発売日前までは黒地に「SENSE」と書かれたものでクリックするとテレビ上で放映されていたCMの一部が流れたり、携帯電話が置いてある部屋が映し出され書いてある番号に電話をすると画面内に映っている携帯電話に着信が入る、など謎に包まれていた。情報が解禁されると黒地だった部分にこのアルバムのジャケットが映し出されるようになった。

    2010.11.16[編集]

    • SENSE #01 illusion
    • SENSE #02 space
    • SENSE #03 mirror
    • SENSE #04 words
    • SENSE #05 voice

    2010.11.21[編集]

    • SENSE #06 action


    脚注[編集]

    [脚注の使い方]
    1. ^ SENSE Mr.Children”. ORICON NEWS. 2020年4月19日閲覧。
    2. ^ a b Mr.Children新作「SENSE」詳細判明&レコ発ツアー決定”. 音楽ナタリー (2010年11月29日). 2020年9月17日閲覧。
    3. ^ a b Mr.Children Tour 2011 SENSE』パンフレット、2011年、6頁
    4. ^ MUSICA』FACT、2015年1月号、26頁
    5. ^ a b c 『Mr.Children 2005-2010 <macro>』ライナーノーツ
    6. ^ Mr.Childrenドームツアーにクリスマスイブ公演追加”. 音楽ナタリー (2009年11月10日). 2020年9月1日閲覧。
    7. ^ ミスチル、高橋一生出演CMに未完成の仮歌音源提供 ドコモと“25周年”コラボ”. ORICON NEWS (2017年7月10日). 2020年9月1日閲覧。
    8. ^ 小林武史×櫻井和寿”. エコレゾウェブ (2009年12月21日). 2020年9月1日閲覧。
    9. ^ 映画『Mr.Children REFLECTION』パンフレット、2015年、30頁
    10. ^ Mr.Children待望新曲ラジオOA開始、リリースは未定”. 音楽ナタリー (2010年11月18日). 2020年9月1日閲覧。
    11. ^ DVD『Mr.Children / Split The Difference』付属冊子
    12. ^ 『Mr.Children Tour 2011 SENSE』パンフレット、2011年、10頁