SERIKA with DOG

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
SERIKA with DOG
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
レーベル ビクターインビテーション
1983年 - 1984年
公式サイト SERIKA with DOG
メンバー SERIKA (ボーカル作詞作曲
澁谷泰 (ギター
村中暁生 (ドラムス
岩城保夫 (ベース

SERIKA with DOG(セリカ・ウィズ・ドッグ)とは、日本ロックバンドである。

メンバー[編集]

  • 岩城保夫(いわき やすお)

旧メンバー[編集]

  • 尾崎勉(おざき つとむ)
  • 中井達也 (なかい たつや)
  • 石田達矢(いしだ たつや)
  • 戸田孝之(とだ たかゆき)
  • 太田要(おおた かなめ)
  • 天岡宏(あまおか ひろし)
  • 鳥井一広(とりい かずひろ)
  • 河上正史(かわかみ ただし)
  • 村中伸一(むらなか しんいち)

概要[編集]

1979年5月、芹川智一を中心に結成されたロックンロール・バンド。1983年にビクターからデビューを果たした。 1985年9月8日、日比谷野外音楽堂でのライブを持って解散。 その後単発の復活LIVEを経て、2009年に再始動を果たし現在もなお勢力的に活動中。

来歴[編集]

  • 1979年4月、「SERIKA with DOG」結成。
  • 1982年小室哲哉と知り合い、デモテープを制作する(1997年、ファンの有志により「-DEMO-」として発売される)
  • 1983年5月、大阪城野外音楽堂にてライヴを行う。
  • 1983年9月21日、シングル「Lady X を捜せ」、ファーストアルバム「CAUTION」にてメジャーデビュー。(小室哲哉 初プロデュース作品)
  • 1983年12月26日、大阪 御堂会館にてファーストコンサートを行う。
  • 1984年9月27日〜29日、大阪 ザ・バーボンハウスで3日間連続ライブを行う。
  • 1984年10月21日、セカンドアルバム「REVOLUTION」発売。
  • 1985年9月5日、大阪 ザ・バーボンハウス、9月8日、日比谷野外音楽堂でのライブにて解散。
  • 2001年7月22日BIG CATにて復活ライブを行う。
  • 2009年6月18日iTunes Store・MUMIXにて、「CAN TRY AGAIN - to TK -」を配信、本格的に活動再開。
  • 2019年11月10日田中一郎(甲斐バンド,元ARB)を迎えてSERIKA with DOG with 田中一郎 名義でのスピンオフLIVEもスタート。
  • 2020年現在、東京、大阪などにてライブ活動中。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  • Lady X を捜せ (1983年)
  • CAN TRY AGAIN - to TK - (2009年6月18日)※音楽配信限定
  • Highway Bus Station (2010年7月21日)※音楽配信限定
  • 永田町 (2010年12月21日)※音楽配信限定
  • J-HEART (2011年12月15日)※音楽配信限定
  • haru (2012年5月10日)※音楽配信限定
  • R&R (2013年7月13日)※音楽配信限定

アルバム[編集]

  • CAUTION (1983年9月21日)
  • REVOLUTION (1984年10月21日)
  • -DEMO- (1997年) ※通信販売限定 (宇都宮隆木根尚登がコーラスで参加)
  • HISTORY CD 1982-1992 (2001年)

関連人物[編集]