SHEEP (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
SHEEP
山崎まさよしスタジオ・アルバム
リリース
録音 ミシシッピ州
ジャンル J-POP
時間
レーベル ポリドール・レコード
プロデュース 山崎まさよし
チャート最高順位
山崎まさよし アルバム 年表
ドミノ
1998年
SHEEP
1999年
ONE KNIGHT STANDS
2000年
『SHEEP』収録のシングル
  1. Passage
    リリース: 1999年10月14日
  2. やわらかい月
    リリース: 2000年2月16日
テンプレートを表示

SHEEP』(シープ)は、山崎まさよし通算4枚目のオリジナルアルバム。1999年11月26日発売。発売元はポリドール・レコード

解説[編集]

先行リリースされた9thシングル「Passage」(1999年10月14日)を含む、4枚目のフルアルバム。作詞・作曲・編曲・演奏・ヴォーカルを自身で行ったセルフプロデュース作品で、かつて発売されたプライベートアルバム「ステレオ」「ステレオ2」の延長上にある作品とも言えることから、CD帯には『"ステレオ"シリーズ進化形!?』と記載がしてある。また、レコーディングミシシッピ州で行われたため、黒人のバック・コーラスを起用するなど本場のブルースを意欲的に取り入れている。

初回生産盤は透明の袋に入った特殊パッケージ。ステッカー、及びシングル「Passage」とのダブル購入者向け特典概要を記載したシートが封入されている[1]。ほか、ハービー山口の撮影による写真が収められたブックレットが本体一体型で付いている[2]。歌詞は折りたたんだ紙の片面にまとめて記載。ほか購入特典として、店舗によって店頭でポストカードが付加される場合があった。なお、通常盤はプラスチック・ケース仕様。

アルバムに連動したワンマン・ライヴツアー「ONE KNIGHT STANDS」が開催され、翌年のメジャーデビュー記念日である9月25日に音源・映像がそれぞれ「デビュー5周年記念」と銘打ってリリースされた[3]。そのライヴ盤に本アルバム収録曲のライヴ・ヴァージョンが多数収録されている(下記「#関連アルバム」参照)。なお、2000年5月31日にアナログ盤が限定発売されたほか、2007年12月19日にもボックス仕様で再びアナログ盤がリリースされている。

収録曲[編集]

  • 全曲とも作詞・作曲・編曲: 山崎将義(「やわらかい月」は森英治との共同編曲)。
  1. Ticket to the paradise (4:28)
  2. Passage (4:31)
    • 9thシングル。マキシサイズと8センチサイズの2形態でリリースされた。
  3. カルテ (4:36)
  4. 六月の手紙 (4:05)
  5. やわらかい月 -Original Version- (3:55)
  6. Mr.Tのリベンジ (3:14)
  7. 低気圧ボーイ (3:54)
  8. 砂時計 (4:04)
  9. ある朝の写真 (3:38)
  10. アヒルちゃん (4:46)
  11. オークション (4:05)
  12. 審判の日 (3:34)
    • サビが丸々英語になっている。
  13. 灯りを消す前に (4:30)
    • メロディーが出来た時点で「愛してる」という言葉が浮かんできて、そのまま歌詞に入れたという[4]

関連作品[編集]

  • ONE KNIGHT STANDS - ライブアルバム。「Mr.Tのリベンジ」「低気圧ボーイ」「アヒルちゃん」「オークション」を除く9曲が収録されている。
  • Transit Time - ライブアルバム。「Passage」収録。
  • WITH STRINGS - ライブアルバム。「やわらかい月」「審判の日」収録。
  • BLUE PERIOD - ベストアルバム。「Passage」「やわらかい月」収録。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 購入者向け特典は、抽選で「ハービー山口の撮影・プリントによる山崎まさよしオリジナルフォト」が20名に当たるというもの。
  2. ^ 後にハービー山口撮影の写真集も発表された。
  3. ^ 音源はライヴCDONE KNIGHT STANDS』、映像はVHS&DVDONE KNIGHT STANDS on films』が2000年9月25日にリリース。
  4. ^ 「山崎まさよしBREaTH 特別号」(Sony Magazines Annex刊)より。