SHIGA CITY FC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
SHIGA CITY FC
原語表記 SHIGA CITY FC
呼称 SHIGA CITY FC
愛称 シガシティ
クラブカラー      水色
創設年 1992年
解散年 2020年
ホームタウン 滋賀県大津市
ホームスタジアム 野洲川歴史公園サッカー場コートA・コートB
収容人数 400(野洲川A)
1,200(野洲川B)
運営法人 SHIGA CITY株式会社
代表者 福重伯枝
監督 日本の旗 川林拓真
公式サイト 公式サイト
■テンプレート(■ノート)サッカークラブPJ
SHIGA CITY株式会社
種類 株式会社
本社所在地 520-0806
滋賀県大津市打出浜2-1 コラボしが21 424号室
設立 2019年6月26日
業種 サービス業
法人番号 2160001021770
事業内容 スポーツ振興事業、サッカークラブチーム運営
代表者 福重伯枝
外部リンク https://shigacity-fc.jp/
テンプレートを表示

SHIGA CITY FC(シガシティエフシー)は、滋賀県大津市を本拠地としていた社会人サッカークラブ。過去にJリーグ加盟を目指していたクラブの一つである。

歴史[編集]

1992年滋賀県立守山北高等学校の卒業生などを中心にマッチーズFCとして創設、ホームタウンは滋賀県大津市に置いた。クラブ名は当時のキャプテンであった松山裕嗣の名字からとったものであった[1]

翌年から大津市サッカーリーグに加盟し、同リーグ5部から活動をスタート、大津市サッカーリーグを脱退する1996年まで4年連続で優勝し、大津市2部まで駆け上がった[2]

滋賀県サッカー協会には1996年に加盟登録[2]滋賀県社会人サッカーリーグ5部に参戦すると即優勝、天皇杯の滋賀県予選である滋賀県サッカー選手権大会にも初参加しベスト8まで進出した[2]。そして、1999年に滋賀県2部を制し、滋賀県リーグ加盟から5年で滋賀県1部にまで駆け上がった[2]2001年には、第81回天皇杯全日本サッカー選手権大会に滋賀県代表として天皇杯本戦に初出場、第82回大会にも滋賀県代表として出場した[2]。なお、結果はどちらも1回戦敗退であった[2]

2017年2月2日、「株式会社滋賀ユナイテッド」が「滋賀ユナイテッドベースボールクラブ」と並行して運営する「滋賀ユナイテッドフットボールクラブ(略称:滋賀ユナイテッドFC)」にマッチーズFCのトップチームと合併させ、サッカー部門の(新)トップチームとして運営すると共に名称を滋賀ユナイテッドマッチーズフットボールクラブ(略称:滋賀ユナイテッドMFC)とすること、及び、Jリーグを目指すことが発表された[3]。また、ホームタウンを「滋賀県全域」に拡大した[4]

2017年、滋賀県1部を2年ぶりに制覇し、関西府県サッカーリーグ決勝大会に進出、一次リーグを無敗で通過し決勝トーナメントに進出したが、1回戦で阪南パニックスFCに敗れ初の関西サッカーリーグ2部昇格は叶わなかった[5][6]

続く2018年も滋賀県1部を制し、2年連続で関西府県サッカーリーグ決勝大会に進出、この年も一次リーグを無敗で通過し決勝トーナメントまで進出、準優勝し入替戦にまで進出したが、ルネス学園甲賀サッカークラブに敗戦、2年連続で関西サッカーリーグ2部昇格はならなかった[7][8][9]。この年は、運営法人の株式会社滋賀ユナイテッドが野球部門に重点を移してスタッフも野球関係者が大半を占めるようになり、スポンサー営業に関わっていた福重伯枝は目標の異なるサッカー部門の運営に限界を感じていたといい、入替戦敗戦より遂に解散話が浮上したことからサッカー部門の独立を決意、2019年2月1日を以て、社会人サッカー事業を株式会社滋賀ユナイテッドから独立させた[10]。独立時の名称は「SHIGA CITY MFC」で、3月に行われた「第55回全国社会人サッカー選手権大会滋賀県大会(全国社会人サッカー選手権大会滋賀県予選)」、4月に行われた「第24回滋賀県サッカー選手権大会(滋賀県FAカップ)」、7月に行われた「第26回全国クラブチームサッカー選手権大会滋賀県大会(全国クラブチームサッカー選手権大会滋賀県予選)」には「滋賀MFC」として参加した[11][12]。同年6月26日、福重が「SHIGA CITY株式会社」を創業し、新クラブ名をSHIGA CITY FCと決定、ホームタウンを滋賀県大津市に戻して、引き続きJリーグ加盟を目指すこととなった[13][10]

2019年も滋賀県1部を制し3連覇を達成、3年連続での関西府県サッカーリーグ決勝大会進出を決める。この大会には独立当初の名称である「SHIGA CITY MFC」として参加した[14]が、1勝1敗でグループD 2位となり、一次リーグ敗退となった[15]

2021年2月、昨シーズンをもってトップチーム解散が公式サイトで発表された[16]。実質、創設当時のマッチーズFCの松山代表からの強い要望により、チームを変換したことによる、解散となる。

成績[編集]

リーグ戦[編集]

マッチーズFC[編集]

年度 所属 順位 勝点 試合 得点 失点 得失差
2002 滋賀県1部 2位 27 11 16
2003 2位 25 11 12
2004 3位 20 11 15
2005 2位 27 12 14
2006 9位 12 12 4 0 8 21 40 -19
2007 9位 14 12 4 2 6 19 39 -20
2008 7位 13 11 4 1 6 28 28 0
2009 6位 15 11 5 0 6 16 26 -10
2010 8位 14 11 3 5 3 19 45 -26
2011 9位 12 11 4 0 7 25 25 0
2012 9位 12 11 4 0 7 18 24 -6
2013 11位 10 11 3 1 7 14 32 -18
2014 滋賀県2部Bブロック 2位 11 24 7 3 1 34 10 24
2015 滋賀県1部 優勝 11 25 8 1 2 33 14 19
2016 4位 11 19 6 1 4 30 22 8

滋賀ユナイテッドMFC[編集]

年度 所属 順位 勝点 試合 得点 失点 得失差
2017 滋賀県1部 優勝 11 26 8 2 1 34 12 22
2018 優勝 11 30 10 0 1 32 5 27

SHIGA CITY FC[編集]

年度 所属 順位 勝点 試合 得点 失点 得失差
2019 滋賀県1部 優勝 27 11 8 3 0 37 6 31
2020 3位 28 11 9 1 1 62 9 53

天皇杯[編集]

年月日 ラウンド 会場 得点 対戦相手 観客
81 2001年11月25日 1回戦 皇子山 0 - 7 湘南ベルマーレ 818
82 2002年12月1日 1回戦 皇子山 0 - 7 川崎フロンターレ 753

タイトル[編集]

  • 滋賀県社会人サッカーリーグ
    • 1部:4回(2015年、2017年、2018年、2019年)
    • 2部:1回(1999年)
    • 3部:1回(1998年)
    • 4部:1回(1997年)
    • 5部:1回(1996年)
  • 大津市サッカーリーグ
    • 2部:1回(1996年)
    • 3部:1回(1995年)
    • 4部:1回(1994年)
    • 5部:1回(1993年)
  • 滋賀県サッカー選手権大会(滋賀県FAカップ)天皇杯滋賀県予選):2回(2001年、2002年)
  • 滋賀県サッカー選手権大会(社会人の部):6回(2000年、2001年、2002年、2004年、2015年、2019年)
  • 全国社会人サッカー選手権大会滋賀県大会(全国社会人サッカー選手権大会滋賀県予選):2回(2001年、2002年)
  • 全国クラブチームサッカー選手権大会滋賀県大会(全国クラブチームサッカー選手権大会滋賀県予選):8回(1998年、1999年、2000年、2001年、2002年、2004年、2015年、2018年)
  • 大津市長杯争奪:1回(1995年)
  • 大津市サッカー協会長杯:1回(1995年)

所属選手・スタッフ[編集]

2020年

スタッフ[編集]

役職 氏名 前職 備考
監督 日本の旗 川林拓真 スペインの旗 CFダムU19 Aスペイン語版 分析担当

選手[編集]

Pos No. 選手名 前所属 備考
GK 1 日本の旗 隅谷悠貴 レイジェンド滋賀FC
25 日本の旗 山嵜啓吾 北陸大学
DF 5 日本の旗 齋藤竜汰 びわこ成蹊スポーツ大学
7 日本の旗 岡本雄志 京都先端科学大学
MF 4 日本の旗 塙愛斗 熱田高校
10 日本の旗 野村恭平 東山高校
11 日本の旗 長束剛治 京都学園大学
13 日本の旗 植田裕史 いわきFC
15 日本の旗 高橋蓮 九州産業大学
18 日本の旗 佐藤広騎 ポルベニル飛鳥
-- 日本の旗 阪本雅紀 草津FCテルフィー
FW 6 日本の旗 本木下凌 びわこ成蹊スポーツ大学
8 日本の旗 大西勇輝 立命館大学 U-16日本代表
16 日本の旗 林倖二郎 京都橘高校
17 日本の旗 会津拓珠 桂向FC
20 日本の旗 久田和歩 龍谷大学

ユニフォーム[編集]

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st) 水色 水色 水色
FP(2nd)
GK(1st) オレンジ オレンジ オレンジ
GK(2nd)
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd

クラブカラー[編集]

  • - 2016年    
  • 2017年 - 2018年     黒、   
    • 「白(   )」は何色にでも染まることから、「様々な変化に適応する」ことを、「黒(   )」は何色にも染まらないことから、「何事にもブレない哲学」をそれぞれ表しており、新しい滋賀県のイメージを作っていきたいという意味が込められていたが、2年間の使用でいともあっさりと変更された。
  • 2019年 -     水色

ユニフォームスポンサー[編集]

掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考
エー・ネクスト A-Next 2019年11月 - 2017年 - 2018年は背中上部
鎖骨 なし - -
背中上部 三王不動産グループ 街づくり・人づくり・家づくり
三王不動産グループ
2019年11月 -
背中下部 なし - -
Honki HONKI 2019年11月 -
パンツ 近江ボード OHMI BOARD
Since 1994
2019年11月 -

ユニフォームサプライヤー[編集]

歴代ユニフォームスポンサー年表[編集]

年度 鎖骨 背中上部 背中下部 パンツ サプライヤー
2016 - - - - - - NIKE
2017 M's SQUARE
エムズスクエア Since 2016.9.1
A-Next リカーマウンテン 株式会社 R&P Shiga Kanko new balance
2018
2019 -/
A-Next
-/
街づくり・人づくり・家づくり
三王不動産グループ
- -/
HONKI
-/
OHMI BOARD
Since 1994
NIKE/
GIOCA
2020 A-Next 街づくり・人づくり・家づくり
三王不動産グループ
HONKI OHMI BOARD
Since 1994
GIOCA

脚注[編集]

  1. ^ 由来”. マッチーズFC. 2019年8月19日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 歴史”. マッチーズFC. 2019年6月22日閲覧。
  3. ^ ご報告”. 株式会社滋賀ユナイテッド. 2017年2月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年6月8日閲覧。
  4. ^ チーム概要”. 株式会社滋賀ユナイテッド. 2018年3月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年6月22日閲覧。
  5. ^ 順位表:第52回関西府県サッカーリーグ決勝大会(一次リーグ)”. DNPコミュニケーションデザイン. 2020年9月3日閲覧。
  6. ^ トーナメント表:第52回関西府県サッカーリーグ決勝大会(決勝Tm)”. DNPコミュニケーションデザイン. 2020年9月3日閲覧。
  7. ^ 順位表:第53回関西府県サッカーリーグ決勝大会(一次リーグ)”. DNPコミュニケーションデザイン. 2020年9月3日閲覧。
  8. ^ トーナメント表:第53回関西府県サッカーリーグ決勝大会(決勝Tm)”. DNPコミュニケーションデザイン. 2020年9月3日閲覧。
  9. ^ トーナメント表:関西サッカーリーグ入替戦2018”. DNPコミュニケーションデザイン. 2020年9月3日閲覧。
  10. ^ a b 滋賀のサッカーの100年後を見据えJリーグチームを目指して”. 公益社団法人滋賀県産業支援プラザ. 2020年9月3日閲覧。
  11. ^ ⚽️ようこそ!!⚽️”. SHIGA CITY FC (2019年4月15日). 2019年6月22日閲覧。
  12. ^ 第24回滋賀県サッカー選手権大会兼天皇杯JFA第99回全日本サッカー選手権大会滋賀県代表決定戦(4/7・4/21・5/12)”. 公益社団法人 滋賀県サッカー協会. 2019年6月22日閲覧。
  13. ^ 会社概要”. 株式会社SHIGA CITY. 2020年9月3日閲覧。
  14. ^ 参加チーム:第53回関西府県サッカーリーグ決勝大会(一次リーグ)”. DNPコミュニケーションデザイン. 2020年9月3日閲覧。
  15. ^ 順位表:第54回関西府県サッカーリーグ決勝大会(一次リーグ)”. DNPコミュニケーションデザイン. 2020年9月3日閲覧。
  16. ^ “【SHIGA CITY FCトップチーム解散のお知らせ】” (プレスリリース), SHIGA CITY FC, https://shigacity-fc.jp/contents/news/?p=139 2021年2月12日閲覧。 

関連項目[編集]