SHINee THE BEST FROM NOW ON

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
SHINee THE BEST FROM NOW ON
SHINeeベスト・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
K-POP
レーベル ユニバーサルミュージック
チャート最高順位
週間1位(oricon)
週間1位(Billboard JAPAN)
ゴールドディスク
ゴールド(RIAJ)[1]
SHINee 年表
FIVE (2017年) SHINee THE BEST FROM NOW ON (2018年)
テンプレートを表示

SHINee THE BEST FROM NOW ON』(シャイニー・ザ・ベスト フロム・ナウ・オン)は2018年4月18日発売のSHINeeの1枚目のベスト・アルバム。このアルバムに含まれる新曲の「From Now On」は発売前にSNSの投稿数のみでTBS系「COUNT DOWN TV」で38位にランクインし、Billboard JAPANのJAPAN HOT100では2月26日付ランキングで42位、3月5付ランキングで36位となった[2]

先行配信[編集]

2018年3月26日に新曲「From Now On」がデジタル版で先行配信され[3]、LINE MUSIC、レコチョクなどのデジタル配信チャートで初登場1位を獲得し[4][5]、ビルボードJAPAN HOT 100チャートでは4月7日付週間チャートで14位を記録[6]、オリコンでは4月9日付週間デジタルシングル(単曲)チャートでダウンロード数14,244回で4位を記録した[7]

プロモーション[編集]

渋谷で4月10日から23日、原宿で4月13日から26日まで、SHINeeのLINEエクスクルーシブ映像を観ることができる「SHINee×LINE Beacon企画」を開催[8]。4月12日から4月25日西武新宿駅前のユニカビジョンで特集番組が放映され、18日には西武新宿ぺぺ広場にてスペシャル上映会が開催[9]。4月18日に東京タワー、さっぽろテレビ塔、名古屋テレビ塔、神戸ポートタワー、福岡タワーの5カ所のタワーがSHINeeのグループカラーになるプロモーションを開催し、18日から22日の期間、東京タワーでは「SHINee×東京タワー×TOWER RECORDS」の期間限定ショップもオープン[10]

売り上げ・チャート[編集]

初週8.9万枚を売り上げ、4月30日付のオリコン週間チャート、ビルボードジャパン総合アルバムチャートでともに1位を獲得し、オリコンチャートではデジタルチャートでも1位を獲得[11][12]

販売形式[編集]

初回限定盤A、初回限定版B、通常版の3種類で発売。

収録曲[編集]

Disc 1
通常版、初回限定版A・B[13]
# タイトル 作詞 作曲 時間
1. 「Replay -君は僕のeverything-」 HIRO (房川ヒロ) Jason Pennock 、 Tchaka Diallo 、
James Burney II 、
Ravaughn Nichelle Brown 、 Jack Kugell
2. 「JULIETTE」 小林夏海 Mikkel Remee Sigvardt 、 Jay Sean 、
Mich Hansen 、 Joseph Belmaati、
Cho Yong Hoon 、 Jun Hong Sung
3. 「LUCIFER」 STY Ryan Jhun 、 ユ・ヨンジン 、
Adam Kapit 、 Bebe Rexha
4. 「Sherlock」 小林夏海 Thomas Troelsen 、 Pegasus 、 Thomas Eriksen
5. 「Dazzling Girl」 桜井紗良 、 RX Drew Ryan Scott 、 Robert "Rob A!" Allen 、 Justin Trugman 、 Jaakko Manninen 、 Walter Afanasieff
6. 「1000年、ずっとそばにいて・・・」 いしわたり淳治 Steven Lee 、 The Goldfingerz 、 Jimmy Richard
7. 「Fire」 いしわたり淳治 BACH LOGIC 、 SHIKATA 、 Erik Lidbom
8. 「Breaking News」 田中秀典 、 agehasprings Steven Lee 、 Drew Ryan Scott 、 Andreas Oberg
9. 「Boys Meet U」 桜井紗良 Lindy Robbins 、 Matt Squire 、 Ian Kirkpatrick
10. 「3 2 1」 小林夏海 Damon Sharpe 、 Eric Sanicola 、 ケンダル・シュミット 、 Carlos Pena 、 James Maslow
11. 「Everybody」 桜井紗良 Thomas Troelsen 、 Coach & Sendo
12. 「LUCKY STAR」 桜井紗良 Albi Albertsson 、 Stephan Elfgren 、 Steven Lee
13. 「Downtown Baby」 いしわたり淳治 Steven Lee 、 Drew Ryan Scott 、 Andreas Oberg
14. 「Your Number」 いしわたり淳治 Chris Meyer 、 Kevin Charge
15. 「Sing Your Song」 いしわたり淳治 Andreas Oberg 、 MLC 、 Carlos Okabe
16. 「D×D×D」 田中秀典 Kevin Charge 、 Ricky Hanley 、 Yumiko Okada 、 Hide Nakamura
17. 「君のせいで」 いしわたり淳治 Chris Meyer 、 FUNK UCHINO 、 Toshiya Hosokawa
18. 「Winter Wonderland」 田中秀典 Erik Lidbom 、 TAKAROT
19. 「Get The Treasure」 小林夏海 、 ジェフ・ミヤハラ Ilanguaq Lumholt 、 Kairos 、
Darren Smith 、 Marcus Winther-John
20. 「From Now On」 いしわたり淳治 Anders Johansson


出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ゴールド認定、2018年4月付、邦楽アルバム部門”. 日本レコード協会. 2018年5月14日閲覧。
  2. ^ SHINee新曲「From Now On」が『COUNT DOWN TV』にランクインして話題に! Twitterでの注目度が急上昇”. billboard-japan. 2018年3月27日閲覧。
  3. ^ SHINee話題のバラード先行配信、ハッシュタグ投稿で待受プレゼント”. 音楽ナタリー. 2018年3月27日閲覧。
  4. ^ SHINee、デジタル先行配信新曲「From Now On」デジタルチャート初登場1位獲得!”. 時事通信社. 2018年3月27日閲覧。
  5. ^ SHINee、話題の新曲「From Now On」がLINE MUSIC&レコチョクで初登場1位”. F.B.Communications Inc. & Magnet Co.,Ltd.. 2018年3月27日閲覧。
  6. ^ Japan hot 100”. ビルボード. 2018年4月8日閲覧。
  7. ^ 週間 デジタルシングル(単曲)ランキング”. オリコン. 2018年4月8日閲覧。
  8. ^ SHINee×LINE Beacon企画が渋谷&原宿でスタート!さらに、西武新宿駅前ユニカビジョンにて特集番組を放映”. Kstyle. 2018年4月11日閲覧。
  9. ^ ユニカビジョンでSHINee特集、スペシャル上映会の開催も決定”. BARKS. 2018年4月11日閲覧。
  10. ^ 全国5都市のタワーが“SHINeeカラー”に、東京タワーでコラボショップも”. 音楽ナタリー. 2018年4月11日閲覧。
  11. ^ 【オリコン】SHINee初ベストが首位 アルバム自己最高の初週売上”. オリコン. 2018年5月14日閲覧。
  12. ^ 【ビルボード】SHINeeのベスト・アルバムが総合首位 ユーミンとミセスが続く”. ビルボードジャパン. 2018年5月14日閲覧。
  13. ^ DISCOGRAPHY >t”. ユニバーサルミュージック. 2018年3月27日閲覧。
  14. ^ a b DISCOGRAPHY >a”. ユニバーサルミュージック. 2018年3月27日閲覧。
  15. ^ a b DISCOGRAPHY > b”. ユニバーサルミュージック. 2018年3月27日閲覧。