SKIYAKI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
株式会社SKIYAKI
SKIYAKI Inc.
種類 株式会社
機関設計 監査等委員会設置会社
市場情報
東証マザーズ 3995
2017年10月26日上場
本社所在地 日本の旗 日本
150-0043
東京都渋谷区道玄坂一丁目14番6号
設立 2003年8月(有限会社エスダブリューディーとして)
業種 情報・通信業
法人番号 1011001059701
事業内容

プラットフォーム事業
ライブ制作事業
旅行・ツアー事業
O2Oファンプラットフォーム事業

スポーツマーケティング事業
代表者 小久保知洋(代表取締役
資本金 5億7,759万1千円
発行済株式総数 1,068万7,000株
(2020年1月31日現在)
売上高 連結:48億9,902万8千円
単体:36億8,859万0千円
(2020年1月期)
営業利益 連結:9,985万1千円
単体:1億7,823万2千円
(2020年1月期)
経常利益 連結:2,513万6千円
単体:2億156万6千円
(2020年1月期)
純利益 連結:-2億2,531万2千円
単体:-2億1,083万2千円
(2020年1月期)
純資産 連結:10億1,861万6千円
単体:10億575万5千円
(2020年1月31日現在)
総資産 連結:31億4,096万9千円
単体:29億5,847万5千円
(2020年1月31日現在)
従業員数 連結:91名
単体:73名
(2020年1月31日現在)
決算期 1月31日
会計監査人 有限責任監査法人トーマツ
主要株主 カルチュア・エンタテインメント株式会社 34.20%
株式会社Ararik 9.38%
本多智洋 4.88%
宮瀬卓也 4.84%
J.P. Morgan Securities plc 3.41%
BNY GCM CLIENT ACCOUNT JPRD AC ISG 2.07%
豊田洋輔 1.31%
株式会社portas 1.17%
高山義雄 0.86%
楽天証券株式会社 0.84%
(2020年1月31日現在)
主要子会社

株式会社ロックガレージ 55.0%
株式会社SKIYAKI LIVE PRODUCTION 90.9%
株式会社SKIYAKI APPS 73.1%
株式会社SEA Global 80.6%
SKIYAKI 65 Pte. Ltd. 100.0%
SKIYAKI 82 Inc. 60.0%
(2020年1月31日現在)

※2020年3月に株式会社SKIYAKI LIVE PRODUCTIONが株式会社SKIYAKI APPSを吸収合併し存続会社となる。
外部リンク https://skiyaki.com/
テンプレートを表示

株式会社SKIYAKI(スキヤキ)は、日本東京都渋谷区に本社を構えるインターネット関連のサービスに特化した日本のテクノロジー企業である。2人組バンドゆず」やアニメ美少女戦士セーラームーン」などの月額制・年会費制のサブスクリプション方式ファンクラブサイト、グッズ販売のECサイト、電子チケットアプリなどを制作、運営する。[1]プラットフォーム「bitfan」、ライブ制作、旅行・ツアー、O2Oファンプラットフォーム、スポーツマーケティングなどの事業がある。[2]

ファンの熱量をデータとして活用するオムニチャネル・ファンプラットフォーム「bitfan」を中核とする会員総数326万以上(2020年4月末日時点)オムニチャネルプラットフォームを提供し、新たな価値の提供を目指している。[3]bitfan」は、ファンメディアファンクラブ)・EC電子チケットイベントSNSなど、対象コンテンツの閲覧や音楽の再生、SNSでの投稿、ライブ参加、グッズ購入など様々なファンによるアクションをポイント化し、ファンが利用する全てのチャネルを共通のbitfanIDによって統合的に連携[4]ファンの行動履歴をビッグデータとして活用することで、ファンの熱量に新たな価値を生む、SKIYAKIが独自に開発したサービス。[3]

カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社の企業グループに属し、連結子会社5社(株式会社ロックガレージ、株式会社SKIYAKI LIVE PRODUCTION、株式会社SEA Global、SKIYAKI 65 Pte. Ltd.、SKIYAKI 82 Inc.)、持分法適用会社4社(Remember株式会社、株式会社3DAY、ディグ株式会社、株式会社コンテンツレンジ)を傘下に持つ。[5]

沿革[編集]

2003年8月に東京都世田谷区において、Webサイト企画・制作事業及びWeb広告代理事業を目的として、資本金300万円で設立し、事業を開始。2010年2月に、現代表取締役社長である宮瀬卓也取締役に就任し、2012年2月に、株式会社SKIYAKIに商号変更すると共に、MBOにより宮瀬卓也が株式を取得し、FanTech領域におけるプラットフォーム事業を開始した。それに伴い、2003年より継続してきたWeb広告代理事業を切り離し、FanTech領域におけるプラットフォーム事業に業態を変更した。[6]

2017年10月26日に東証マザーズ市場に上場[7]証券コードは「3995」。[8]

2019年よりアジアを中心に海外への事業展開を強化し、シンガポールに「SKIYAKI 65 Pte. Ltd.」[9]韓国に「SKIYAKI 82 Inc.」[10]子会社の設立を進めている。「65」と「82」はそれぞれの国番号を表している。

2020年6月に有料ライブ配信サービスを提供開始。[11]

2020年12月11日に宮瀬卓也が代表取締役を退任し、小久保知洋が就任。[12]

社名の由来[編集]

「SUKIYAKI」は海外でも通じる代表的な日本語であり、これまで発売された日本の曲の中で、唯一、全米Billboardシングルチャートで週間ランキング1位を獲得した「上を向いて歩こう」(坂本九)の海外での曲名。常にグローバルな視点でのビジネス創出を目指し、日本発の音楽としても重要な位置づけにある「スキヤキ」を社名として掲げている。[13]

脚注[編集]

  1. ^ 14位 SKIYAKI” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2020年2月10日閲覧。
  2. ^ 株式会社SKIYAKI 会社概要”. 株式会社SKIYAKI コーポレートサイト. 2019年9月12日閲覧。
  3. ^ a b 株式会社 PR TIMES. “SKIYAKI、テクノロジー企業成長率ランキング「2019年 日本テクノロジー Fast 50」30位を受賞”. 2019年10月28日閲覧。
  4. ^ 「電子チケット販売制」と「ファンコミュニティ会員限定」 2つの形式を選べる有料ライブ配信サービス「bitfan LIVE」提供開始”. 株式会社SKIYAKI [ファンサイト・ファンクラブ・ストアサイト運営]. 2020年6月22日閲覧。
  5. ^ 株式会社SKIYAKI 2019年1月期「有価証券報告書」”. p. 5 (2019年4月23日). 2019年9月12日閲覧。
  6. ^ 株式会社SKIYAKI 2019年1月期「有価証券報告書」”. p. 4 (2019年4月23日). 2019年9月13日閲覧。
  7. ^ “ファンクラブサイト運営のSKIYAKI上場”. 日本経済新聞. (2017年10月26日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22726900W7A021C1000000/ 2019年10月18日閲覧。 
  8. ^ 株式基本情報”. 株式会社SKIYAKI IRページ. 2019年10月28日閲覧。
  9. ^ シンガポール子会社「SKIYAKI 65 Pte. Ltd.」設立に関するお知らせ”. 株式会社SKIYAKI [ファンサイト・ファンクラブ・ストアサイト運営]. 2020年2月10日閲覧。
  10. ^ 韓国企業 Ahago Co., Ltd.の株式の取得(子会社化)及び 「SKIYAKI 82」への商号変更に関するお知らせ”. 株式会社SKIYAKI [ファンサイト・ファンクラブ・ストアサイト運営]. 2020年2月10日閲覧。
  11. ^ 「電子チケット販売制」と「ファンコミュニティ会員限定」 2つの形式を選べる有料ライブ配信サービス「bitfan LIVE」提供開始”. 株式会社SKIYAKI [ファンサイト・ファンクラブ・ストアサイト運営]. 2020年6月22日閲覧。
  12. ^ (新社長)SKIYAKI 小久保知洋氏” (日本語). 日本経済新聞 (2020年12月12日). 2020年12月12日閲覧。
  13. ^ 株式会社SKIYAKI 沿革”. 株式会社SKIYAKI コーポレートサイト. 2019年10月3日閲覧。