SMAP 011 ス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
SMAP 011 ス
SMAPスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル ビクターエンタテインメント
チャート最高順位
  • 週間3位(オリコン
  • 1997年度年間40位(オリコン)
ゴールドディスク
  • プラチナ(日本レコード協会
  • SMAP アルバム 年表
    WOOL
    (1997年)
    SMAP 011 ス
    (1997年)
    SMAP 012 VIVA AMIGOS!
    1998年
    『SMAP 011 ス』収録のシングル
    1. ダイナマイト
      リリース: 1997年2月26日
    2. セロリ
      リリース: 1997年5月14日
    テンプレートを表示

    SMAP 011 ス』は、SMAPの10枚目のオリジナルアルバム1997年8月6日ビクターエンタテインメントから発売された。

    解説[編集]

    • SMAPの10thアルバム。
    • ナンバリングが011となっているが、10枚目のアルバムである。因みに010はVHS/DVD「SMAP 010 "TEN"」に使われている為、欠番にはならない。
    • アルバムタイトルは、「素晴らしい」、「素敵」、「凄い」など、「す」から始まる言葉は、良い意味の言葉が多い事と、SMAPの最初の文字も「ス」から始まるという意味で、「ス」と名付けられた。
    • 5人全員のソロ曲も収録されている。
    • 忌野清志郎山崎まさよしなど、国内の著名なミュージシャンが楽曲を提供している。一方で、「SMAP 006〜SEXY SIX〜」から恒例となっていた海外の超一流ミュージシャンの参加は「Theme of 011 "ス"」と「Everything is Cool」、「愛がないと疲れる」、「Hi-Fi」の4曲のみに留まった。

    収録曲[編集]

    1. Theme of 011 "ス"(inst.)
      作曲:Nile Rodgers (Tommy Jymi,inc.BMI) /編曲:Nile Rodgers
    2. Everything is Cool
      作詞:戸沢暢美 / 作曲:Nile Rodgers (Tommy Jymi,inc.BMI) /編曲:Nile Rodgers
    3. ダイナマイト
      作詞:森浩美 / 作曲・編曲:小森田実
    4. 愛がないと疲れる - 草彅剛
      作詞:小倉めぐみ / 作曲・編曲:岩田雅之
    5. ココニイルコト - 木村拓哉香取慎吾
      作詞・作曲・編曲:スガシカオ
    6. バタフライ
      作詞:森浩美 / 作曲:谷本新 / 編曲:清水信之 / コーラスアレンジ:岩田雅之
    7. 俺様クレイジーマン - 香取慎吾
      作詞:俺様 / 作曲・編曲:Face 2 fAKE
      作詞者である俺様は香取自身のこと。
    8. みんな1人じゃないのだ!? - 中居正広
      作詞:N.マッピー / 作曲:N.マッピー・Mark Davis / 編曲:Mark Davis
    9. セロリ
      作詞・作曲:山崎まさよし / 編曲:清水信之
      • 25thシングル
      • 草彅剛主演 フジテレビ系ドラマ『いいひと。』主題歌
    10. それはただの気分さ - 稲垣吾郎
      作詞・作曲・編曲:佐藤伸治
    11. 弱い僕だから - 木村拓哉
      作詞・作曲:忌野清志郎 / 編曲:The Esper
      元は忌野がRCサクセション時代にライブで歌っていた曲。
    12. The Road
      作詞:相田毅 / 作曲:谷本新 / 編曲:重実徹
    13. Hi-Fi
      作詞:小霜和隆 / 作曲・編曲:種市弦

    レコーディング・メンバー[編集]

    Theme of 011 "ス"[編集]

    • Drums: Narada Michael Walden
    • Guitar & Voice: Nile Rodgers
    • Piano: Leon Pendarvis英語版
    • Organ Solo, Synth Programming, Add.Keyboards & Voice: Richard Hilton
    • Bill Holloman & Uptown Horns
      • Tenor Sax Solo: Bill Holloman英語版
      • Trumpet: Crispin Cioe
      • Trombone: Larry Etkin
      • Tenor Sax: Bob Funk
    • Strings Section Contractor: Gene Orloff英語版
    • Violins: Winterton B. Garvey, Donna Tecco, Max Ellen, Marti J. Sweet, Mark D. Feldman, Elena Barere, Laura J. Seaton, John Pintavalle, Matthew Raimondi
    • Violas: Juliet Hoffner, Mitsue Takayama, Lois Martin, Al Brown, Lamar Alsop, Julien C. Barber
    • Cellos: Mark Orrin Shuman, Richard Locker, Eugene J. Moye, Clay Ruede
    • Copyist: Dean Powell

    Everything is Cool[編集]

    • Drums: Narada Michael Walden
    • Bass: Barry Campbell
    • Guitar: Nile Rodgers
    • Piano: Leon Pendarvis
    • Synth Programming & Add.Keyboards: Richard Hilton
    • Bill Holloman & Uptown Horns
      • Sax: Bill Holloman
      • Trumpet: Crispin Cioe
      • Trombone: Larry Etkin
      • Tenor Sax: Bob Funk
    • Chorus: Deborah Cole, Nile Rodgers, Richard Hilton
    • Strings Section Contractor, Concertmaster: Gene Orloff
    • Union Session Signator: Atsushi "SUSHI" Kosugi

    ダイナマイト[編集]

    愛がないと疲れる[編集]

    ココニイルコト[編集]

    バタフライ[編集]

    俺様クレイジーマン[編集]

    • Jimoppies: MC岩, TABOCHIN, Bro.ポンチ, FATHER ブリ, 住建
    • Guitar: Sinya Narita
    • Chorus: Jimoppies, Oh! Be, Achilles
    • The other Instruments: Face 2 fAKE

    みんな1人じゃないのだ!?[編集]

    • Narration: Chiyoko Kawashima
    • Chorus: Tsuyoshi, Masako, Yumi, Yoko, Eiko
    • All Instruments: Mark Davis

    セロリ[編集]

    • Percussions: Noriaki Tanaka
    • The other Instruments: Nobuyuki Shimizu

    それはただの気分さ[編集]

    弱い僕だから[編集]

    • The Esper
      • Drums: Kozy
      • Bass: Masato
      • Guitar: Kore, Enzo
    • Keyboards: Youtaro Araki
    • Chorus: Enzo, Urara

    The Road[編集]

    Hi-Fi[編集]

    • Drums: William "JuJu" House
    • Bass: Will Lee(By the courtesy of Go Jazz Records)
    • Guitar: Masahiko Yuki
    • Percussions: Makoto "Kimuchi" Kimura
    • East 4th Horns
      • Horn Section Arrangement: Tony Kadleck, John Wheeler
      • Trombone: John Wheeler
      • Trumpet: Tony Kadleck
      • Tenor Sax: John Scarpulla
    • The other Instruments: Gen Taneichi, Kaio Tsuruta

    関連項目[編集]