SMPTEタイムコード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

SMPTEタイムコードとは、映像同期に用いられるタイムコードの一種で、1970年よりSMPTEによって規格化されたもの。1974年にIECによってIEC 60461として標準化された。1フレームあたり80ビット二進化十進表現で表わされ、ビットは二相マークプロトコル(差動マンチェスターエンコーディング英語版)によって表現される。80ビットの内訳は、アドレス(時分秒・フレーム番号)が27ビット、同期信号が16ビット、バイナリーグループ(ユーザーズビット)が32ビットとなる[1][2]

タイムコード信号を機器間で伝送するときは、BNC端子もしくはXLRタイプコネクターを持つケーブルが主に使われ、スピーカーに接続するとおおよそ1.2から2.4kHzの音が聞こえる[注 1]。まれにRS-422端子(EIA-422)も用いられる[3]

構成[編集]

SMPTEタイムコードは、次の80ビットにより構成される[2]

SMPTEタイムコード
名称 ビット数
フレーム番号(1の位) 4ビット
バイナリーグループ1 4ビット
フレーム番号(10の位) 2ビット
ドロップフレームフラグ 1ビット
未使用ビット(常に0) 1ビット
バイナリーグループ2 4ビット
秒(1の位) 4ビット
バイナリーグループ3 4ビット
秒(10の位) 3ビット
未使用ビット(常に0) 1ビット
バイナリーグループ4 4ビット
分(1の位) 4ビット
バイナリーグループ5 4ビット
分(10の位) 3ビット
未使用ビット(常に0) 1ビット
バイナリーグループ6 4ビット
時間(1の位) 4ビット
バイナリーグループ7 4ビット
時間(10の位) 2ビット
未使用ビット(常に0) 2ビット
バイナリーグループ8 4ビット
同期信号 16ビット[注 2]

ここで、ドロップフレームフラグビットが1であると、29.97fpsなどの値をとるNTSCカラー同期の映像で、実時間とのずれ(1時間あたり3.6秒)を補正するため、一部のフレーム番号を飛ばして調整する。飛ばすフレームは、毎時0分・10分・20分・30分・40分・50分を除く、1分毎に最初の2フレーム(00秒00、01フレーム)である[2][注 3]

また、バイナリーグループの32ビットは、ユーザーが自由に使える領域として確保されており、年月日を挿入したり、番組コードやテープ番号、リール番号を記録したりする[4]。文字情報を記録する際には、0から9の数字とAからFのアルファベットとしたり[3]ASCII文字4文字を挿入したりすることもある[2]

同期信号は、12個の連続した1を読み取ることで判別できるようになっている。また、12個の1の次に01が来た場合は順方向に、00が来た場合は逆方向に読み取っている(逆再生)ことがわかるようになっている[2]


インターレース映像信号(NTSCなど)の時代に作成された信号規格なので、プログレッシブ映像信号では2フレームごとにフレーム番号が歩進する。映像編集などの際は インターレース映像信号のOddとEvenフィールドに相当する部分を、それぞれプログレッシブ映像信号の1フレームに割り当てて運用される。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 波形は矩形波とは限らない。
  2. ^ 0011111111111101の値をとる。
  3. ^ 実際にはちょうど29.97fpsではなく29.97002616fpsのため、これを用いても1日で75ミリ秒のズレが発生することとなる。

出典[編集]

  1. ^ 映像情報メディア学会「ディジタルメディア規格ガイドブック」オーム社、ISBN 4-274-03522-0。
  2. ^ a b c d e 小川武, “SMPTEタイムコード”, 放送技術 (兼六館出版) 32 (4): pp.59-66 
  3. ^ a b 水城田志郎, “ファイルベース時代に学ぶビデオ技術(プロ編)(第2回)タイムコードの概要と使用法”, 放送技術 (兼六館出版) 68 (6): pp.154-163 
  4. ^ テレビジョン学会「テレビジョン・画像情報工学ハンドブック」オーム社、p.569、ISBN 4-274-03301-5 。

関連項目[編集]