SNCAN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

SNCAN (Société Nationale de Constructions Aéronautiques du Nord:北部航空機製造公社) は、かつてフランスに存在した航空機メーカーである。"ノール" の略称でも知られる。

第二次世界大戦の直前、1936年にフランス政府が民間の航空機製造会社を国営化し、統合して6つの地域公社に再編した際に設立された国営企業で、SNCANはポテーズメオルト英語版工場およびサルトルーヴィル工場、ブレゲール・アーヴル工場、ミュロー英語版アミオ英語版を統合したものである。

第二次世界大戦後の1949年にはSNCAC(Société Nationale de Constructions Aéronautiques du Centre:中央航空機製造公社) を吸収統合し、1954年にはSFECMAS (la Société Française d’Etude et de Constructions de Matériel Aéronautiques Spéciaux) と合併してノール・アビアシオン (Nord-Aviation) となった。

機種[編集]

これらのうち、量産機種はノール・アビアシオン時代にも継続して改良・生産が行われている。

関連項目[編集]

  • 航空機メーカーの一覧
  • 1936年に統合再編されたフランスの6つの国営航空機メーカー
    • SNCAN - 北部航空機製造公社
    • SNCAC - 中央航空機製造公社
    • SNCASE - 南東航空機製造公社
    • SNCASO - 南西航空機製造公社
    • SNCAO - 西部航空機製造公社
    • SNCAM - 南部航空機製造公社