SOLEIL (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
SOLEIL
出身地 日本の旗 日本
ジャンル POPS
活動期間 2017年 -
レーベル VIVID SOUND(2017年)
Victor(2018年 - )
公式サイト 公式サイト
メンバー それいゆ(ヴォーカル・グロッケン)
中森泰弘(ギター)
サリー久保田(ベース)

SOLEIL(ソレイユ)は、日本のバンド。2017年結成。サリー久保田プロデュース。

概要[編集]

たんきゅんデモクラシー(2014年12月 - 2016年3月)の活動を終了したそれいゆが、旧知であるサリー久保田の誘いで音楽活動に復帰。元々はそれいゆのソロとして始まったが、レコーディング終了後、周囲からバンドの方が面白いのではないかという声があり、バンドとして活動することになった[1]

2017年9月20日、VIVID SOUNDから1stシングル「Pinky Fluffy」をリリース。タワーレコード社長の嶺脇育夫は2017年のNo.1シングルに挙げており[2]、12月17日には嶺脇が主宰するレーベル・T-Palette Recordsのイベント「T-Palette Records Presents [Live] meets palette」にゲスト出演している[3]

2018年3月21日、Victorから1stアルバム『My Name is SOLEIL』をリリース[4]。久保田は3回目(ザ・ファントムギフト、les 5-4-3-2-1)、中森は4回目(ロッテンハッツヒックスヴィルましまろ)のメジャーデビューとなる[5]

2018年9月19日、2ndアルバム『SOLEIL is Alright』をリリース。同アルバムのリリースに合わせて東名阪でツアーを行うが、それいゆが高校受験に備えるため活動休止[6]

2019年3月30日のWWWで開催されたワンマンライブで復帰。同年7月に3rdルバム『LOLLIPOP SIXTEEN』をリリース、それに合わせて東名阪でツアーを行う。なお、WWW Xでのライブが行われる7月20日はそれいゆの16歳の誕生日である[7]

メンバー[編集]

  • それいゆ(2003年7月20日 - ) - ヴォーカル・グロッケン
    ex.たんきゅんデモクラシー
    イギリスと日本のハーフ[8]。名前は母親が好きだった雑誌「それいゆ」(中原淳一)から名付けられた[1]
    中学では吹奏楽部の部長を務めていた。ライブではドラムを披露することもある。
  • 中森泰弘 - ギター
    ヒックスヴィルましまろのメンバー。
    それいゆとは家が近所で、それいゆにギターをプレゼントしたことがある[1]
    「Pinky Fluffy」のジャケット写真の撮影を担当している[8]
  • サリー久保田 - ベース
    ex.ザ・ファントムギフト、les 5-4-3-2-1
    それいゆの叔母・レモン[9]は「サリー・ソウル・シチュー」(サリー久保田のソロ・プロジェクト)のメンバー(ヴォーカル)である。

作品[編集]

シングル[編集]

  • Pinky Fluffy (2017年9月20日、VIVID SOUND)※CD+7インチ。2018年11月14日7インチのみで再販
    1. (A面) Pinky Fluffy (作詞・飯泉裕子、作曲・高浪慶太郎、編曲・岡田ユミ)
    2. (B面) Breakout (スウィング・アウト・シスターのカヴァー)
    3. Pinky Fluffy(inst) ※CDのみ
    4. Breakout(inst) ※CDのみ
  • 太陽がいっぱい(My Sweet Fifteen)(2018年10月5日、VIVID SOUND)※7インチ、タワーレコード限定
    A面:太陽がいっぱい(My Sweet Fifteen)
    B面:UFO SingleVirsion

アルバム[編集]

  • My Name is SOLEIL (2018年3月21日、Victor)※2018年7月4日、VIVID SOUNDからアナログ盤発売[11](A面:1. - 6.、B面:7. - 12.)
    1. 魔法を信じる? (作詞・作曲:サリー久保田)
    2. 恋するギター (作詞・作曲:真島昌利
    3. 青いインクのラブレター (作詞:飯泉裕子、作曲:新井俊也)
    4. ごめんね、テディベア (作詞:飯泉裕子、作曲:岡田ユミ)
    5. 姫林檎 GO GO! (作詞・作曲:近田春夫
    6. 夢見るフルーツ (作詞:イリア 、作曲:白根賢一 & Nicky Bambino)
    7. MARINE I LOVE YOU (作詞:飯泉裕子、作曲:佐藤清喜
    8. キャンディの欠片 (作詞・作曲:陽当モナカ)
    9. Are you happy? (作詞・作曲:カジヒデキ
    10. 夏のウインク (作詞:サリー久保田、作曲:高浪慶太郎)
    11. さよなら14才 (作詞:かせきさいだぁ、作曲:中森泰弘
    12. ソレイユのテーマ (作曲:中森泰弘)
  • SOLEIL is Alright(2018年9月19日、Victor)※2019年3月20日、VIVID SOUNDからアナログ盤発売[12](A面:1. - 6.、B面:7. - 12.)
    1. 太陽がいっぱい (作詞・作曲:サリー久保田)
    2. Baby Boo (作詞:飯泉裕子、作曲:佐藤清喜)
    3. 小さな泥棒 (作詞:飯泉裕子、作曲:岡田ユミ)
    4. 夏の終わりのシルエット (作詞:イリア、作曲:高浪慶太郎)
    5. エモ色のコラソン (作詞:かせきさいだぁ、作曲:中森泰弘)
    6. 恋のはじまり (作詞・作曲:中森泰弘)
    7. 卒業するのは少しさみしい (作詞・作曲:澤部渡
    8. Swwt Boy (作詞・作曲:森若香織
    9. Hong Kong Chang (作詞・作曲:横山剣
    10. Every Day Every Night(作詞:野有玄佑・サリー久保田、作曲:野有玄佑)※一般公募による[13]
    11. 恋の発熱40℃ (作詞・作曲:原田真二
    12. UFO (オリジナル:バリー・グレイ

参加楽曲[編集]

  • ゆっくり飛んでけ(2018年10月31日)
    • 近田春夫のアルバム『超冗談だから』の収録曲。岡田ユミと編曲を担当している。また楽曲内でドラムスも担当している。

ライブ[編集]

2017年[編集]

  • Brownie meets SOLEIL(8月12日 岐阜opus)
  • SOLEIL「PINKY FLUFFY」リリース記念ミニ・ライブ&特典会(9月24日 HMV record shop 新宿ALTA店)
  • 吉田豪×南波一海の“このアイドルが見たい”2017長月(10月9日 渋谷LOFT9)
  • "Pinky Fluffy" RELEASE PARTY (10月15日 新宿レッドクロス)
  • 『岩下の新生姜の日』制定記念スペシャルライブ SOLEILデビュースペシャル(11月3日 岩下の新生姜ミュージアム
  • ミニソレイユ百科(12月10日 神保町視聴室)※ゲスト:まゆたん(たんきゅんデモクラシープロデューサー)
  • T-Palette Records Presents [Live]meets palette(12月17日 代官山UNIT)

2018年[編集]

  • SUNDAY GIRLS season2(1月14日 神保町視聴室)
  • SOLEIL new year party!(1月21日 Zher the ZOO YOYOGI)
  • SOLEILデビューアルバム 「My Name is SOLEIL」 発売記念 インストアイベント(3月24日 タワーレコード新宿店、3月26日 タワーレコード渋谷店、6月10日 タワーレコード名古屋パルコ店)
  • Zher the ZOO YOYOGI 13th Anniversary "My Name is SOLEIL release party!"(3月25日 Zher the ZOO YOYOGI)
  • GO GO fab chic(6月9日 新栄Live&Lounge Vio)
  • RYUTist cafe live in daikanyama UNICE(7月20日 代官山UNICE)
  • 『さよなら14歳』SOLEIL Birthday Live(7月29日 Zher the ZOO YOYOGI)
  • Shinjuku Loft Presents Cheer up Lives Vol.3(8月23日 新宿ロフト
  • PEANUTS CAMP 2018(8月26日 一番星★ヴィレッジ)
  • ジューシィ・フルーツ presents『秋のジビデ・バビディ・ブー』(9月9日 Rock Joint GB)
  • "SOLEIL is Alright" Tour(9月22日 Rock Joint GB、9月23日 伏見ライオンシアター、9月29日 OSAKA MUSE)
  • SOLEIL セカンドアルバム 「SOLEIL is Alright」 発売記念インストアイベント(9月30日 タワーレコード新宿店、10月7日 タワーレコード渋谷店)

2019年[編集]

  • ワンマンライブ「Hello, Again SOLEIL」(3月30日 WWW

脚注[編集]

  1. ^ a b c 【注目のFluffy】それいゆ インタビュー”. Audition & Debut (2017年10月12日). 2017年10月20日閲覧。
  2. ^ ハロプロアイドルA、サリー久保田プロデュースのSに着目中! 2018年の“顔”を嶺脇育夫氏が大予想!【女性アイドル編その1】”. NewsWalker (2018年1月2日). 2018年1月23日閲覧。
  3. ^ T-Palette Records Presents [Live] meets paletteに、仮谷せいら、SOLEIL、Magic, Drums & Loveの出演が決定!”. TOWER RECORDS ONLINE (2017年11月10日). 2018年1月23日閲覧。
  4. ^ SOLEILビクターからアルバム発表!近田春夫、カジヒデキ、真島昌利ら参加”. 音楽ナタリー (2018年1月22日). 2018年1月23日閲覧。
  5. ^ 【特報】SOLEILメジャーデビュー!!”. Audition & Debut (2018年3月11日). 2018年3月23日閲覧。
  6. ^ SOLEIL、来年3月にWWWでワンマンライブ「Hello, Again SOLEIL」”. 音楽ナタリー (2018年9月22日). 2018年9月24日閲覧。
  7. ^ SOLEILが3rdアルバム「LOLLIPOP SIXTEEN」発売、東名阪ツアーも”. 音楽ナタリー (2019年3月30日). 2019年3月31日閲覧。
  8. ^ a b 14歳の美少女・それいゆを擁するトリオ、SOLEILインタビュー”. Netmover (2017年11月17日). 2018年1月23日閲覧。
  9. ^ 14歳の歌姫それいゆ、スウィンギング・ロンドンなSOLEILレコ発ライブ”. 音楽ナタリー (2017年10月18日). 2017年10月19日閲覧。
  10. ^ SOLEIL、2ndアルバム収録曲「Baby Boo」とノーランズ日本語カバーをドーナツ盤で”. 音楽ナタリー (2018年11月15日). 2019年3月21日閲覧。
  11. ^ SOLEILの1stアルバム「My Name is SOLEIL」がアナログ盤に”. 音楽ナタリー (2018年5月31日). 2018年7月30日閲覧。
  12. ^ SOLEIL、CKB横山剣やスカート澤部渡ら迎えた2ndアルバムがアナログ化”. 音楽ナタリー (2019年2月15日). 2019年3月21日閲覧。
  13. ^ SOLEIL(ソレイユ)公式による2018年5月22日のツイート2018年7月30日閲覧。

関連項目[編集]