SONG IS LOVE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
SONG IS LOVE
オフ・コーススタジオ・アルバム
リリース
録音 1976年8月15日 (1976-08-15) - 9月2日
ROCKWELL KITCHEN in Hakone
ジャンル ポップス
ロック
フォーク
レーベル EXPRESS ⁄ TOSHIBA EMI
プロデュース 武藤敏史
小田和正
鈴木康博
チャート最高順位
  • 34位(オリコン)
  • 登場回数10回(オリコン)
オフ・コース 年表
ワインの匂い
(1975年)
SONG IS LOVE
(1976年)
JUNKTION
(1977年)
『SONG IS LOVE』収録のシングル
  1. ひとりで生きてゆければ ⁄ あいつの残したものは
    リリース: 1976年5月5日 (1976-05-05)
  2. めぐる季節 ⁄ ランナウェイ
    リリース: 1976年10月5日 (1976-10-05)
  3. こころは気紛れ ⁄ あなたがいれば
    リリース: 1977年2月5日 (1977-02-05)
テンプレートを表示

SONG IS LOVE』(ソング・イズ・ラヴ)は、1976年11月5日に発売されたオフコース(当時の表記はオフ・コース)通算4作目のオリジナルアルバム

解説[編集]

かつて武藤敏史がディレクターを担当していた経緯から、ザ・ジャネットの元メンバー大間ジロー松尾一彦が初参加[注 1]、箱根ロックウェル・キッチンにて合宿によるレコーディングが行われた。また、「オフコースはオフコース自身にプロデュースさせる」という武藤の方針により、小田和正鈴木康博の2人がはじめてプロデュースも手がけた。このアルバムについて武藤は「『ワインの匂い[注 2]が仕事(音楽)で一所懸命格闘したものであれば、『SONG IS LOVE』は人間的に彼らといろいろ格闘した、という感じがする。とにかく一日中一緒に過ごし、夜になると毎晩のように酒を酌み交わしながら、音楽の話はもとより、様々な話をする。こうしてメンバーの人間的な面に深く触れ合うことができたのは、僕にとっても実に貴重な体験であった」と後のインタビューでこのように語り、「この時期以降、僕もメンバー同様オフコースの一員として、オフコースの音楽に深くのめりこんでしまったと言えそうだ」と当時を振り返っていた。なお、清水仁はこの頃既にサポートメンバーとしてオフコースのライブに参加していたが、当時彼の所属していたザ・バッド・ボーイズの契約上の理由から演奏ではレコーディングに参加していない。代わりにベースを担当したのは、小田が「テクニックだけなら仁でなく彼を選んでいた」と評した小泉良司。

A-4「青春」はライブ・アルバム『秋ゆく街で / オフ・コース・ライヴ・イン・コンサート[注 3]に収録されていたが、このアルバムへの収録に際し、歌詞を一部書き換えている。また、後に鈴木が『BeSide[注 4]と『FORWARD[注 5]でセルフカヴァーした。

B-6「歌を捧げて」のあとに続いて収録されている1分ほどのアウトロは、次作『JUNKTION[注 6]のA-1「INVITATION」にイントロとして採用されている。本作では小田のソロ、次作では小田と鈴木が交互に歌っている。また、「歌を捧げて」は後にハイ・ファイ・セットによってカヴァーされたが、本作品は歌詞を短縮した代わりに前述のアウトロを収録したのに対し、ハイ・ファイ・セットのヴァージョンでは2番の歌詞がある。このアルバムにはオフコースとしては珍しく、“僕”の一人称を使用した曲が収録されていない。

このアルバム以降、『FAIRWAY[注 7]まで小田はフルートも演奏している。当時、新しい音の広がりを模索していた小田と鈴木は、小学生の頃習っていたバイオリンも候補に挙がったが、「それじゃオダじゃなくサダになる」と小田が嫌がり、代わっていつの間にかフルートをマスターしてきたので驚いたと、ライブのMCで鈴木が語っている。なお、小田自身は「フルートもピアノも独学」とギターブックでのファンからの質問への回答で語っている[注 8]

このアルバムからグラフィック・デザインを木暮溢世が手がけるようになり、ロゴが“SONG IS LOVE”を併せたデザインに統一された。このロゴは「風に吹かれて[注 9]までのすべてのアルバムとシングルに継続使用された。

この年、それまで所属していたサブ・ミュージックから独立し、自らのオフィスであるオフコース・カンパニーを設立。また、小田は早稲田大学大学院を卒業、プロのミュージシャンとして活動していくことを決断した。

収録曲[編集]

SIDE A[編集]

  1. ランナウェイ (4'18")
    鈴木康博  作詞・作曲
  2. ピロートーク (3'44")
    鈴木康博  作詞・作曲
  3. こころは気紛れ (3'52")
    小田和正  作詞・作曲
  4. ひとりで生きてゆければ (3'43")
    小田和正  作詞・作曲
  5. ひとりよがり (1'38")
    鈴木康博  作詞・作曲
  6. 青春 (3'25")
    鈴木康博  作詞・作曲

SIDE B[編集]

  1. めぐる季節 (3'55")
    小田和正  作詞・作曲
  2. おもい違い (3'48")
    鈴木康博  作詞・作曲
  3. 青空と人生と (3'13")
    小田和正  作詞・作曲
  4. 恋はさりげなく (2'48")
    鈴木康博  作詞・作曲
  5. 冬が来るまえに (5'47")
    小田和正  作詞・作曲
  6. 歌を捧げて (3'14")
    小田和正  作詞・作曲
歌・編曲 : オフ・コース

クレジット[編集]

スタッフ[編集]

Keyboards & Flute
KAZUMASA ODA
Guitars & Drums
YASUHIRO SUZUKI
Drums & Percussions
HITOSE “Jiro” OMA
Electric Bass & Percussions
RYOJI KOIZUMI
Harmonica & Guitars
KAZUHIKO MATSUO
 
Produced by
TOSHIFUMI MUTOH
KAZUMASA ODA, YASUHIRO SUZUKI
Arranged by
OFF COURSE
Engineer
KENJI MURATA, RYOJI HACHIYA
MASAKAZU KAWAMURA, KENICHI YAMAGUCHI, YOSHIO OKAZAKI
Graphic Concept, Design & Photography
ISSEY KOGURE
 
Recorded at ROCKWELL KITCHEN in Hakone
from August 15 to September 2,1976.
Remixed at TOSHIBA EMI STUDIO 1.
Thanks to JIN TERADA (ROCKWELL KITCHEN)

TOCT-25635, TOCT-95035[編集]

SONG IS LOVE
オフ・コーススタジオ・アルバム
リリース
録音 1976年8月15日 (1976-08-15) - 9月2日
ROCKWELL KITCHEN in Hakone
ジャンル ポップス
ロック
フォーク
時間
プロデュース 武藤敏史
小田和正
鈴木康博
EANコード
EAN 4988006195950 (TOCT-25635)
EAN 4988006218406 (TOCT-95035)
テンプレートを表示

解説[編集]

2005年、レコード・デビュー35周年にあわせ“オリジナル・アルバム15タイトル紙ジャケット・シリーズ”としてエキスプレス・レーベル在籍中のオリジナル作品がリイシュー。24ビット・デジタル・リマスタリング、オリジナルLP装丁を復刻した紙ジャケット仕様にてリリースされた。2009年にはSHM-CDフォーマット、通常のプラ・ケース仕様で再発された。

収録曲[編集]

  1. ランナウェイ
  2. ピロートーク
  3. こころは気紛れ
  4. ひとりで生きてゆければ
  5. ひとりよがり
  6. 青春
  7. めぐる季節
  8. おもい違い
  9. 青空と人生と
  10. 恋はさりげなく
  11. 冬が来るまえに
  12. 歌を捧げて

クレジット[編集]

  • リマスタリング・エンジニア:行方洋一
  • ジャケット資料協力:喜多雅美 (サウンドステーション)
  • ライナーノーツ:田家秀樹

リリース履歴[編集]

# 発売日 リリース 規格 品番 備考
1 1976年11月5日 (1976-11-05) エキスプレス ⁄ 東芝EMI LP ETP-72212  
2 1979年 (1979) CT ZT25-322  
3 1983年11月21日 (1983-11-21) CD CA35-1041 初CD化(以降全てアーティスト非監修による再発)。
4 1985年9月28日 (1985-09-28) CD CA32-1159 品番および価格改定。
5 1987年7月5日 (1987-07-05) CD CA25-1484 オリジナル・アルバム+ボーナス・ディスクの12枚組CD-BOX『OFF COURSE BOX』(CA25-1480~1490)の中の1枚。
CT ZH22-1854 オリジナル・アルバム+ボーナス・カセットの12本組カセットBOX『OFF COURSE BOX』(ZH22-1850-60)の中の1本。
6 1991年6月7日 (1991-06-07) CD TOCT-6204  
7 1992年6月24日 (1992-06-24) CD TOCT-6563 音蔵シリーズでの再発。
8 1998年2月25日 (1998-02-25) CD TOCT-10087 Q盤シリーズでの再発。
9 1998年11月18日 (1998-11-18) CD TOCT-10545 オリジナル・アルバム+ライブ・アルバム全13タイトルの14枚組CD-BOX『OFF COURSE BOX』(TOCT-10542~55)の中の1枚。
10 2001年9月7日 (2001-09-07) CD TOCT-10775 スーパーリマスタリングシリーズでの再発。
11 2005年3月24日 (2005-03-24) CD TOCT-25635 紙ジャケット仕様。24ビット・デジタル・リマスタリング音源による再発。
12 2009年1月21日 (2009-01-21) エキスプレス ⁄ EMIミュージック・ジャパン SHM-CD TOCT-95035  

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 松尾はハーモニカで4曲にのみ参加。
  2. ^ ワインの匂い1975年12月20日発売 EXPRESS ⁄ TOSHIBA EMI LP:ETP-72123
  3. ^ 秋ゆく街で / オフ・コース・ライヴ・イン・コンサート1974年12月20日発売 EXPRESS ⁄ TOSHIBA EMI LP:ETP-72024
  4. ^ BeSide1996年10月23日発売 ZIG ZAG ⁄ BMG VICTOR CD:BVCR-772
  5. ^ FORWARD2004年12月8日発売 EXPRESS ⁄ TOSHIBA EMI CD:TOCT-25563
  6. ^ JUNKTION1977年9月5日発売 EXPRESS ⁄ TOSHIBA EMI LP:ETP-72269
  7. ^ FAIRWAY1978年10月5日発売 EXPRESS ⁄ TOSHIBA EMI LP:ETP-80040
  8. ^ 小田が初めて人前でフルートを披露したのは高校2年生の時のクリスマス・パーティー。
  9. ^ 風に吹かれて1979年6月5日発売 EXPRESS ⁄ TOSHIBA EMI EP:ETP-10583

出典[編集]

  1. ^ 【CD】SONG IS LOVE<初回生産限定盤>” (日本語). TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード株式会社. 2017年2月3日閲覧。
  2. ^ 【SHM-CD】SONG IS LOVE<完全生産限定盤>” (日本語). TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード株式会社. 2017年2月3日閲覧。

音楽配信サイト[編集]

ハイレゾ配信[編集]