SONOKO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社SONOKO
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
104-0061
東京都中央区銀座5丁目9番1号
設立 1974年9月26日
業種 製造販売業
事業内容 健康・ダイエット食品、サプリメント、化粧品の製造販売
代表者 代表取締役社長 宇田川 裕昭
資本金 1億円
売上高 46億円(2008年3月期)
従業員数 110人
決算期 3月
主要株主 トリドールホールディングス 100%
関係する人物 鈴木その子(創業者)
外部リンク http://www.sonoko.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社SONOKO(そのこ)は、主に健康とダイエットを目的とした食品、及び化粧品の製造・販売する企業であり、およびそのブランドである。名称の由来は創業者鈴木その子の名前からとったものである。

会社概説[編集]

創業者の鈴木その子が存命中は、株式会社ときの商事(ときのしょうじ)→株式会社トキノという社名であったが、2000年に鈴木その子が亡くなった後、2001年にその知名度から社名をソノコ(後に現在のSONOKO)に変更している。

鈴木その子が晩年にはテレビ等のメディアを中心に美白で有名であったことから、一般には化粧品会社のイメージを強く持つ人もいる。しかし、同社は鈴木が料理研究家になった経緯からもわかるように本来は食品事業が中心である。現在は、食品事業・サプリメント事業・化粧品事業・カフェ事業の計4事業を展開している。

「人間は本来的に、自ら美しくなろうとする力が備わっている。必要なのは、細胞一つ一つの力を引き出し、内側から健康的に美しくなるということ」という内外美容の考え方に基づき、1つ1つがこだわり抜かれた製品ラインナップとなっている。

商品の製造ポリシーおよび通底している理論は代表作となったミリオンセラー書籍『やせたい人は食べなさい―減量常識を破る奇跡の鈴木式』など数多の書籍に記され、現在もなお摂食障害や食生活に悩む人を中心に、多くの人に支持されている。

製品の特徴[編集]

食品は「食品添加物(保存料・化学調味料・合成着色料など)不使用」「ノンオイル調理(加工油脂の不使用)」「厳選素材(農薬使用やトレーサビリティなど独自の基準で選び抜く)」をポリシーとしている。加工油脂を使用しないカレーや中華食品などは独自性もあり、銀座店舗と通信販売を中心として長きにわたって支持されている。

化粧品は、6つの無添加ポリシー(合成界面活性剤無添加、紫外線吸収剤無添加、合成色素無添加、防腐剤無添加、合成香料無添加、鉱物油無添加)に沿って作られている。また、肌の力や機能を高める美容成分は植物性エキスなど自然由来のものを厳選。肌にストレスとなるものは使用せず、必要なものだけを与える処方で設計してある。

サプリメントについては、機能成分として(生産方法や管理状況が見える)国産の魚介類と植物を使用。植物成分を多く含む製品については、最終製品で検査を行い製品に農薬が残留していないことを確認し、機能だけでなく、安全と安心も重視している。主力商品のGG(グリコーゲン・ゴールド)は1990年に発売開始。創業者・鈴木その子の没後である2004年以降においてもなお130万本以上の販売実績があり、四半世以上愛用されている。

また、サプリメントの第2弾として2000年(創業者の没年)に発売した荘水は、GGを補完する商品として、発売から55万本以上を販売している。

上記のポリシーに沿ったこだわりの商品について、食品は400アイテム以上、化粧品・サプリメントは100アイテム以上を取り揃えている。

店舗[編集]

SONOKO銀座本店
  • SONOKO CAFE(銀座幸ビル1~2F)
    • 1F(カフェフロア、食品販売):「ノンオイル・無添加・厳選素材」をコンセプトとしたカフェ。ノンオイルのカレーや中華など各種商品が試食でき、販売も行う。
    • 2F(ビューティーフロア、会員専用サロン):美容に関するカウンセリングを実施。化粧品をはじめ、サプリメントなども取り扱う。SONOKO会員またはスタッフにアテンドを依頼した人のみ利用できる。

沿革[編集]

関連項目[編集]