SO ALIVE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
SO ALIVE
THE YELLOW MONKEYライブ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル BMGファンハウス
プロデュース THE YELLOW MONKEY
チャート最高順位
ゴールドディスク
Gold disk.png ゴールド (日本レコード協会 1999年6月)
THE YELLOW MONKEY アルバム 年表
THE YELLOW MONKEY SINGLE COLLECTION
(1998年)
SO ALIVE
(1999年)
8
(2000年)
テンプレートを表示

SO ALIVE』(ソー アライブ)は、THE YELLOW MONKEYライブ・アルバム1999年5月26日発売。発売元はBMGファンハウス。さらに、2013年12月4日に、リマスター盤Blu-spec CD2にて再発売された。

解説[編集]

  • 1998年4月から1999年3月にかけて113本にも及んだ「PUNCH DRUNKARD TOUR」から、メンバー自らがセレクションしたTHE YELLOW MONKEY初のライブ・アルバムである。
  • ライブ・アルバムの制作にあたり、メンバーは1998年の年末に話し合いを開始した。ツアーファイナルの模様はライブビデオ『PUNCH DRUNKARD TOUR 1998/99 FINAL 3.10 横浜アリーナ』に収録されることもあり、『SO ALIVE』は「1枚に収めよう」「一番印象深いものを入れよう」という方針となった[1]
  • 選曲にあたり、メンバー・スタッフは「PUNCH DRUNKARD TOUR」全113公演中の約半分を録音した音源を聴き返した。吉井は「1枚で(ツアーの)1年間がわかるように選曲した」と語っている[1]

収録曲[編集]

  1. Play パンチドランカー
  2. Play ROCK STAR
  3. Play TVのシンガー
  4. Play ゴージャス
  5. Play Tactics
    1998年10月23日に静岡・浜松アリーナで113本中、唯一演奏された音源を収録。冒頭にはMCがあり、ファンとの掛け合いが入っている。演奏終了後、『PUNCH DRUNKARD』収録の「見して 見して」の冒頭部分が僅かに収録されている。
  6. Play 球根
  7. Play BURN
  8. Play JAM
    終奏合唱収録。
  9. Play LOVE LOVE SHOW
    テンポアップしたバージョンでの披露。終盤には英語バージョンで歌われている箇所がある。
  10. Play 悲しきASIAN BOY
  11. Play SO YOUNG
    ツアー中に作られ、レコーディングされた曲。ファイナル直前に18thシングルとしてリリースされた。
  12. Play 真珠色の革命時代(Pearl Light of Revolution)
    ボーナストラック。1998年12月28日に行われた「メカラ ウロコ・9」からの収録。「メカラ ウロコ楽団」のオーケストラと競演している。後に『MOTHER OF ALL THE BEST』のDISC2にアウトロを短縮した音源が収録された。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『ロッキング・オンJAPAN』98年10月号