SPECTRUM BRASSBAND CLUB

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
SPECTRUM BRASSBAND CLUB
スペクトラムスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル ビクター
プロデュース 大里洋吉
スペクトラム
スペクトラム 年表
スペクトラム BEST '81
(1981年)
スペクトラム5 SPECTRUM BRASSBAND CLUB
(1981年)
スペクトラム6 SPECTRUM FINAL
(1981年)
テンプレートを表示

スペクトラム5 SPECTRUM BRASSBAND CLUB』(スペクトラムファイブ スペクトラム・ブラスバンド・クラブ)は、1981年9月5日に発売されたスペクトラムアルバム

概要[編集]

他のアルバムとは全く異質な、吹奏楽部を全面的にフィーチャーしたバラエティ系企画アルバム。解散決定後のファンクラブ・ミーティングにおいて、新田自身が「これが(ライブ以外での)最後のアルバムになるとは思わなかった」と述べている。曲の冒頭にメンバー自身が様々な役を演じる寸劇が挿入されたり、曲自体が冗談のようなものもある。また様々なジャンルの曲をパロディにした楽曲で構成されている。解散が決定していた同バンドにおいて、リーダー新田が自らのバラエティ指向(後に経営する芸能プロダクションの方向性に近い)を表に出した作品で、他メンバー(特に兼崎・吉田以外)は演奏以外ほとんど参加していない。

収録曲[編集]

A面
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「ブラスバンド・クラブのテーマ」兼崎順一兼崎順一兼崎順一 
2.「I Love P.T.A.」綾狩一郎新田一郎新田一郎 
3.「たじろぎの英語教師(グラマー・ティーチャー)」綾狩一郎兼崎順一兼崎順一 
4.「理科室のメロディ」-兼崎順一兼崎順一 
5.「小さく前へならえ」兼崎順一兼崎順一兼崎順一 
6.「青春とはなんなんだ!」綾狩一郎新田一郎新田一郎 
7.「エレガント・レディ(うたたねの境地)」-吉田俊之吉田俊之 
8.「ファンキー身体検査」新田一郎、綾狩一郎新田一郎新田一郎 
9.「恋の給食タイム」新田一郎新田一郎新田一郎
10.「先生のひとり言」兼崎順一兼崎順一兼崎順一 
B面
#タイトル作詞作曲編曲
11.「ガンバレ応援団」綾狩一郎新田一郎新田一郎
12.「正調もんぎり節(男女交際篇)」新田一郎新田一郎新田一郎
13.「おちゃめな校長先生」兼崎順一兼崎順一兼崎順一
14.「先生がママにキスをした」綾狩一郎奥慶一奥慶一
15.「遠足ロックン・ロール」綾狩一郎新田一郎新田一郎
16.「もういくつ寝ると18才未満(伊勢佐木町ブルース)」川内康範鈴木庸一新田一郎
17.「コンクールが近いよ」綾狩一郎新田一郎新田一郎
18.「マイ・フレンズ」綾狩一郎新田一郎新田一郎
19.「イン・ザ・スペース」-スペクトラムスペクトラム
20.「1920、アミューズ・カンパニー」-スペクトラムスペクトラム

曲解説[編集]

  1. ブラスバンド・クラブのテーマ
    アルバムのコンセプトを伝える曲。
  2. I Love P.T.A.
    従来のスペクトラムらしいブラスロック。タイトルとは裏腹に歌詞の内容はPTAへの痛烈な皮肉である。西城秀樹の「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」のパロディ。
  3. たじろぎの英語教師(グラマー・ティーチャー)
  4. 理科室のメロディ
    楽曲はフランス映画「死刑台のエレベーター」の主題歌のパロディである。
  5. 小さく前へならえ
    グスターヴ・ホルスト「吹奏楽のための第一組曲 第三楽章」のパロディ。
  6. 青春とはなんなんだ!
    一見真面目路線の青春讃歌だが、タイトル、内容とも1965年制作のTVドラマ『青春とはなんだ』を代表とする青春ドラマのパロディである。
  7. エレガント・レディ(うたたねの境地)
  8. ファンキー身体検査
  9. 恋の給食タイム
    給食の時間に流れる校内放送というコンセプト。新田が演じる「新人歌手・松戸聖子」の歌のはずなのだが、冒頭のアナウンスで歌唱者をスペクトラムと紹介しており、冒頭からいきなり設定を無視している。(CDでは“今日の放送はスペクトラム”と紹介されている)曲の最後にさくまあきら演じるディレクターと聖子の会話が収録されているが、聖子の「何も考えていない」返答が笑いどころ。
  10. 先生のひとり言
  11. ガンバレ応援団
    メイナード・ファーガソンの「Gonna Fly Now」のパロディ。
  12. 正調もんぎり節(男女交際篇)
    新田演じる「カサブタ評論家・梅村健一」が自分の好きな歌を聞かせるというコンセプトの曲。梅村健一は竹村健一のパロディであり、口癖の「だいたいね」を連呼する。聞き手役は山田邦子が担当。息の合った掛け合いを見せる。
  13. おちゃめな校長先生
  14. 先生がママにキスをした
  15. 遠足ロックン・ロール
  16. もういくつ寝ると18才未満(伊勢佐木町ブルース)
    青江三奈の大ヒット曲のカバーだが、実際は少しエロティックなコントとなっている。
  17. コンクールが近いよ
    クイーンボヘミアン・ラプソディのパロディ。
  18. マイ・フレンズ
    ロッド・スチュワートのセイリングのパロディ。
  19. イン・ザ・スペース
    ブラスバンドバージョンを収録。
  20. 1920、アミューズ・カンパニー
    アルバム『SPECTRUM』の冒頭に収録された、SEとアナウンスが被せられたものを抜粋。そのまま『SPECTRUM』と同様に「アクト・ショー」のイントロが流れるが、その直後に最後のオチが付いてアルバムは終了となる。

スタッフ[編集]