SPLASH!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
B'z > 作品リスト > SPLASH!
SPLASH!
B'zシングル
初出アルバム『MONSTER
B面 MVP
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル
時間
レーベル VERMILLION RECORDS
作詞・作曲
プロデュース 松本孝弘
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン[2]
  • 2006年6月度月間2位(オリコン)
  • 2006年度年間19位(オリコン)
  • B'z シングル 年表
    • SPLASH!
    • (2006年)
    MONSTER 収録曲
    ALL-OUT ATTACK
    (1)
    SPLASH!
    (2)
    ゆるぎないものひとつ
    (3)
    ミュージック・ビデオ (Short ver.)
    「SPLASH!」 - YouTube
    テンプレートを表示

    SPLASH!」(スプラッシュ)は、日本音楽ユニットB'zの楽曲。2006年6月7日にVERMILLION RECORDSより42作目のシングルとして発売された。

    概要[編集]

    15thアルバム『MONSTER』からの先行シングルで、2006年3枚目のシングル。なお、B'zが年に3枚以上シングルを出すのは2000年以来6年ぶり。

    本作は初回特典としてB'zとしては初のDVD付きシングル発売という形態を採用し、通常盤含む計4種で発売された。付属DVDには、2005年のライブツアー『B'z LIVE-GYM 2005 "CIRCLE OF ROCK"』からそれぞれ「愛のバクダン」、「パルス」、「Fever」のライブ映像が収録されている。それに伴い、ジャケットの色も4色用意された。通常盤はマキシシングルサイズのプラスチックケースで、DVD付きはトールケースのデジパック仕様となっている。

    • レッド - 通常版
    • グリーン - 「愛のバクダン」
    • ブルー - 「パルス」
    • イエロー - 「Fever」

    このシングルのプロモーションでNHK総合テレビジョンポップジャム』に出演。なお、NHKの番組への出演は、実に11年ぶりであった。

    収録曲[編集]

    1. SPLASH! (3:37)
      元々は、アルバムレコーディングの後半に「ダンサブルな曲が欲しい」ということで制作された。
      それまで長く続いて来た生音によるロック路線の楽曲から離れ、打ち込み音などが比較的多く使われている楽曲。ドラムも音の重さは抑えられている。また、シングル曲としては初めて、松本のギターソロパートがない。
      歌詞は性行為や生殖、恋愛などといった「人間の生存現象」をテーマに描かれており、直接的な表現も少なからずある。
      コーラス部分の歌詞が公開されている。
      PVの監督は、「IT'S SHOWTIME!!」以来となるライオネル・コールマンが担当しており、ストーリー性のある内容になっている[3]
      本楽曲の英詞バージョンが製作されており、このバージョンの楽曲タイトルは「Splash」となる。2011年に行われた北米ライブツアー『B'z LIVE-GYM 2011 -long time no see-』にて演奏されたのがこの曲の初出しで、以降のライブでたびたび演奏された。その後、映像作品『B'z LIVE-GYM 2011 -C'mon-』に、同名のライブでの演奏が収録された後、2012年リリースの配信限定アルバム『B'z』に収録。現在では、オリジナルより英語バージョンのほうが演奏機会が多い。前述の北米ツアーでは他にも英語バージョンが披露されたが、このバージョンが「SPLASH!」の英語バージョンというよりは別の曲のような印象を受けたという指摘に対して、稲葉は「そう、別物という感じになっているよね。」とコメントしている[4]
    2. MVP (3:56)
      最初のイントロの雑踏は、稲葉が曲の雰囲気に合うということで、自ら街の雑踏の音を録音したもの。
      ストリングスホーン、街中のSE、打ち込み音などがふんだんに使われている。「SPLASH!」同様、こちらも松本のギターソロパートはない。
      メンバーによると、ディスコティックを意識した曲らしい。
      15thオリジナル・アルバム『MONSTER』には未収録となったものの、アルバムツアー『B'z LIVE-GYM 2006 "MONSTER'S GARAGE"』で演奏された。その際、「Wonderful Opportunity」や、「恋心(KOI-GOKORO)」と同様に、振り付けを交えての演奏となった。

    タイアップ[編集]

    参加ミュージシャン[編集]

    レコーディング参加メンバー[編集]

    特典DVDのツアー参加メンバー[編集]

    収録アルバム[編集]

    SPLASH!

    ライブ映像作品[編集]

    SPLASH!

    MVP

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]

    出典[編集]

    1. ^ Gold Album+...認定 2006年6月度」『The Record』第561号、日本レコード協会、 14頁。
    2. ^ SPLASH! | B'z”. ORICON NEWS. オリコン. 2020年7月15日閲覧。
    3. ^ 青木優 (2013年). 『B'z The Best XXV 1999-2012』のアルバム・ノーツ [MUSIC VIDEOのライナーノーツ (初回限定盤に付属)]. VERMILLION RECORDS.
    4. ^ 『be with!』第91巻、B'z Party、2011年9月、 7頁。