SQUARE ONE (m-floのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
SQUARE ONE
m-floスタジオ・アルバム
リリース
録音 2011—2012
ジャンル エレクトロハウスエレクトロ・ポップドラムンベース
時間
レーベル rhythm zone
プロデュース m-flo
m-flo アルバム 年表
m-flo Inside: Works Best IV
(2010)
SQUARE ONE
(2012)
m-flo DJ Mix: Bon! Enkai
(2012)
『SQUARE ONE』収録のシングル
  1. 「She's So (Outta Control)」
    リリース: 2012年2月29日 (2012-02-29) (digital download)
テンプレートを表示

SQUARE ONE』(スクエア・ワン)は、日本のダンス、ヒップホップグループであるm-floの6枚目のオリジナルスタジオアルバムである。2012年3月14日に発売された[1]。今作は2007年に発売された『COSMICOLOR』から5年ぶりのスタジオアルバムとなった。

背景[編集]

『COSMICOLOR』から『SQUARE ONE』のリリースの間、m-floは『Award SuperNova -Loves Best-』(2008年)と『MF10 -10th ANNIVERSARY BEST-』(2009年)の2枚のベストアルバムと、2枚のm-flo以外の参加楽曲を集めたコンピレーションアルバム、『m-flo inside -WORKS BEST III-』(2009年)と『m-flo inside -WORKS BEST IV-』(2010年)を発表した。DJの☆Taku Takahashiは2010年に、自身の2つめのレコードレーベルであるTCY Recordingを設立し、ダンスミュージシャンの一群を起用した[2]。彼はまた、2010年にGAINAXのアニメシリーズ『パンティ&ストッキングwithガーターベルト』のサウンドトラックをプロデュースし、新しく設立したレーベルのダンスミュージシャンを起用した[3]。『パンティ&ストッキングwithガーターベルト』のサウンドトラックは大きな成功を収め、3万枚を売り上げ2011年のアニメサウンドトラック年間売り上げ第3位となった[4][5]

ラッパーのVERBALは2010年にMINMIの楽曲『パッと花咲く feat. VERBAL』において、ミュージックビデオを初監督した[6]。VERBALは2010年および2011年にソロ活動を開始し、アルバム『VISIONAIR』では安室奈美恵リル・ウェインニッキー・ミナージュとコラボレーションした[7]。☆Takuはまた、THE SUITBOYS名義のソロプロジェクトでデビューし、2011年4月にノンストップDJ mix CD『AFTER 5 VOL.1』を発売した。

☆Taku Takahashiは、VERBALを含む日本や日本国外のDJをラジオホストとして招き、ダンスミュージックウェブラジオ局『block.fm』を設立した[8]。このラジオ局は2011年11月11日に放送を開始した[9]

コンセプトおよび製作[編集]

本アルバムは、LISAがボーカルであったTRIPOD期(1998-2002年)、多数のゲストボーカルを招いた"LOVES"期(2003-2008年)に続く、m-floのキャリア第3期であるとアナウンスされた[1]。この第3期では、m-floはルーツを見つめ直し、『原点回帰』=『SQUARE ONE』をコンセプトとしている[10]。本アルバムは、産業や経営といったことを気にせず、純粋に音を楽しむという原点に立ち返ったものとなっている[11]

楽曲は、m-floのメンバーである☆Taku TakahashiとVERBALによって作曲・プロデュースされている。8つの楽曲はRhythm ZoneのアーティストCREAMのボーカリストMinamiと共同で作曲されており、2曲はCREAMのラッパー Staxx T. が作詞で参加している。楽曲『Don't Stop Me Now』は作詞にHi-STANDARDのボーカリストであった難波章浩FLJミュージックマガジンのプロデューサーToshiya Ohnoが参加している。

これらの楽曲は彼らの「LOVES」アルバムと同様にゲストボーカルを招いているが、参加アーティストの名前は未発表である。VERBALはこの理由について、聴く人はアーティストの名前によって特定の価値や先入観を持つため、名前を伏せることで楽曲自身により多くの注意を払ってもらうことを意図したものである、と説明している[12]

楽曲『Sure Shot Ricky』は、13歳のポルトガル人の少年ミゲル・ゲレイロが歌ったコマーシャルソング『消臭力のうた』をサンプリングしている。VERBALは「クラブという現場で、誰もが知っていて誰もがハッピーになれる曲」という理由で選んだと述べている[13]

プロモーション[編集]

楽曲『RUN』はReebokとのコラボレーション曲であり、2011年9月15日にReebokのReethem & LiteローンチパーティーにおいてMADEMOISELLE YULIAと共に初めて披露された。VERBALはReebokアジア地域クリエイティブ・ディレクターに就任した[14]

m-floは2011年12月22日に『BŌNENKAI』と題したコンサート・DJイベントを新木場AgeHaで開催した、イベントはm-floの新曲が披露され、ゲストDJとして中田ヤスタカCapsule)、Fantastic Plastic Machine、『パンティ&ストッキングwithガーターベルト』でコラボレーションしたTeddyLoid、Hoshina Anniversary、Booty Bronxが登場した[4]。このコンサートの模様は、本アルバムの特典DVDに収録されている。

『She's So (Outta Control)』はアルバムからのリードトラックとしてアルバム発売の2週間前、2012年2月29日にリリースされた。この曲は大韓民国のポップ/R&Bグループ2NE1をボーカルに迎えている[15]。この曲はBillboard Japan Hot 100チャートで第43位を記録した[16]。アルバムでは『She's So (Outta Control)』、『All I Want Is You』、『ALIVE』の3曲のミュージックビデオが製作された[17][18][19]。デジタルダウンロードにより、『ALIVE』はBillboard Japan Hot 100の81位にチャートインした[20]

アルバムに収録されている19曲の内12曲は、携帯電話向けにレコチョクで2012年2月29日にリリースされた[21]

TSUTAYAでは☆Taku Takahashiがリミックスした完全非売品「m-flo スペシャル CD音源"let go (VIP mix) 」付きのアルバムが販売された[22]。VERBALは2012年3月18日新宿TSUTAYAで1日店長を務めた[22]

2つの曲がタイアップでテレビで流された。『She's So (Outta Control)』はテレビ朝日の番組『musicる TV』の2012年3月オープニングテーマとして使用され、MTV Japanの2012年3月buzz clipに選ばれた[23]。『Don't Stop Me Now』は2012年4月開始の長澤まさみ主演ドラマ『都市伝説の女』のオープニングテーマに決定している[24]

2012年5月に「m-flo Tour 2012 "SQUARE ONE"」を決行し、千葉福岡大阪名古屋を回る[25]

収録曲[編集]

#タイトル作詞・作曲時間
1.「□ [sayonara_2012]」m-flo
2.「Perfect Place」m-flo, Minami (Cream)
3.「ALIVE」m-flo, Minami (Cream)
4.「□ [frozen_space_project]」m-flo
5.「Never Needed You」m-flo, Minami (Cream)
6.「Oh Baby」m-flo
7.「□ [square1_scene_1 murder_he_wrote]」m-flo
8.「Don't Stop Me Now」m-flo, Akihiro Namba, Toshiya Ohno
9.「All I Want Is You」m-flo, Minami (Cream), Staxx T (Cream)
10.「Acid 02」m-flo
11.「Call Me」m-flo, Minami (Cream)
12.「□ [OK_I_Called]」m-flo
13.「Sure Shot Ricky」m-flo, Koji Kage, Maki Nishijima, Yosuke Fukui
14.「RUN」m-flo, Minami (Cream)
15.「□ [square1_scene_2_don't_blink]」m-flo
16.「So Mama I'd Love to Catch Up, OK?」m-flo
17.「She's So (Outta Control)」m-flo, Minami (Cream)
18.「Yesterday」m-flo, Minami (Cream), Staxx T (Cream)
19.「□ [to_be_continued...]」m-flo

チャート順位[編集]

チャート
(2012)
最高順位
Oriconデイリー[26] 4
Oricon週間[27] 10

売り上げ[編集]

チャート 枚数
Oricon physical sales[5] 20,000

リリース[編集]

地域 日付 フォーマット レーベル
日本 2012年3月14日 (2012-03-14)[1] CD, CD+DVD rhythm zone
2012年3月31日 (2012-03-31)[28] Rental CD

脚注[編集]

  1. ^ a b c [CD] SQUARE ONE [CD+DVD] / m-flo” (Japanese). Neowing. 2012年3月25日閲覧。
  2. ^ m-flo's Taku launches new label”. Tokyo Graph (2010年7月1日). 2010年8月13日閲覧。
  3. ^ m-floの☆Taku Takahashi、ガイナックスの新作アニメで音楽を担当”. Tower Records (2010年9月9日). 2010年9月9日閲覧。
  4. ^ a b 秋葉原のMOGRAがm-floのパーティをジャック!?”. Mu-Mo (2011年12月20日). 2012年3月27日閲覧。
  5. ^ a b オリコンランキング情報サービス「you大樹」”. Oricon. 2012年4月3日閲覧。 (subscription only)
  6. ^ MINMIのPVをVERBALが初監督”. Mu-Mo (2010年8月27日). 2012年3月27日閲覧。
  7. ^ VERBALソロ作品にリル・ウェイ&安室奈美恵ら参加”. FMVS (2011年2月28日). 2012年3月27日閲覧。
  8. ^ block.fm”. 2012年4月5日閲覧。
  9. ^ block.fm”. Artimage (2011年10月13日). 2012年3月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月27日閲覧。
  10. ^ m-flo 5年振りのニューアルバム『SQUARE ONE』3月14日リリース決定!!”. Artimage (2012年2月29日). 2012年3月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月27日閲覧。
  11. ^ 'Verbal Exchange' An Interview with Verbal”. Tokyo Dandy (2012年3月16日). 2012年3月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月27日閲覧。
  12. ^ Power Push - M-Flo”. Natalie (2012年3月19日). 2012年3月27日閲覧。
  13. ^ ミゲル アルバム「チカラにかえて」急遽発売&春に来日決定”. Musicman-Net (2011年9月17日). 2012年3月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月27日閲覧。
  14. ^ VERBALがReebokアジア地域クリエイティブ・ディレクターに就任!”. bmr.jp (2011年9月17日). 2012年4月7日閲覧。
  15. ^ 作品コード 704-3406-9 SHE’S SO(OUTTA CONTROL)”. JASRAC (2012年). 2012年3月27日閲覧。
  16. ^ Japan Billboard Hot 100”. Billboard Japan (2012年3月21日). 2012年3月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月27日閲覧。
  17. ^ アーティスト名 m-flo 楽曲タイトル She's So (Outta Control)”. Space Shower (2012年). 2012年3月27日閲覧。
  18. ^ アーティスト名 m-flo 楽曲タイトル All I Want Is You”. Space Shower (2012年). 2012年3月27日閲覧。
  19. ^ アーティスト名 m-flo 楽曲タイトル Alive”. Space Shower (2012年). 2012年3月27日閲覧。
  20. ^ Japan Billboard Hot 100”. Billboard Japan (2012年3月21日). 2012年3月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月27日閲覧。
  21. ^ ■2/29(水) Album"SQUARE ONE"より先行配信!”. Artimage (2012年2月21日). 2012年3月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月27日閲覧。
  22. ^ a b VERBALがTSUTAYAの1日店長に!”. Artimage (2012年3月6日). 2012年3月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月27日閲覧。
  23. ^ m-flo "She's So(Outta Control)" タイアップ情報”. Artimage (2012年2月28日). 2012年3月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月27日閲覧。
  24. ^ m-floがボーカリスト非公開!?『都市伝説の女』オープニングテーマ曲決定!!”. MyNavi (2012年3月15日). 2012年3月27日閲覧。
  25. ^ m-flo TOUR 2012「SQUARE ONE」チケット先行予約受付中!!”. Artimage (2012年2月29日). 2012年3月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月27日閲覧。
  26. ^ 2012年03月17日のCDアルバムデイリーランキング(2012年03月17日付)” [March 17, 2012 CD Album Daily Rankings] (Japanese). Oricon (2012年3月17日). 2012年3月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月17日閲覧。
  27. ^ 2012年03月12日~2012年03月18日のCDアルバム週間ランキング(2012年03月26日付)” [March 12-March 18, 2012 CD Album Weekly Rankings] (Japanese). Oricon (2012年3月20日). 2012年3月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月25日閲覧。
  28. ^ SQUARE ONE/m-flo”. Tsutaya. 2012年3月25日閲覧。