SR130000系電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
韓国鉄道 SRT
130000形
SRT(水西駅)
SRT(水西駅)
主要諸元
編成 10両編成
M(動力車)+ 8T(付随客車) + M(動力車)
軌間 1,435 mm
電気方式 交流25,000V 60Hz
最高運転速度 305 km/h
設計最高速度 350 km/h
編成定員 410人(特室33人 / 優等室377人)
編成重量 空車重量406t / 満車重量441 t
全長 238,600(動力車22,700 / 端部客車21,800 / 中間客車18,700) mm
全幅 動力車2,814 / 客車2,970 mm
全高 動力車4,100 / 客車3,480 mm
台車中心間距離 機関車14,000 / 客車18,700
主電動機 三相交流かご型誘導電動機
駆動方式 VVVFIGBT (1C2M制御)
編成出力 8,800 kW
制動装置 回生ブレーキ発電ブレーキ、踏面ブレーキ
保安装置 ATSATCTVM430ATP
テンプレートを表示

130000系電車(130000けいでんしゃ)は、韓国SR社高速鉄道車両である。

概要[編集]

2016年に開業の水西平沢高速線に合わせて導入されたこの列車は初めてKORAILではなく、SRが高速鉄道を運営するために開発された。性能は既存の120000系(KTX_山川)と同じである。2014年3月19日現代ロテムとの納品契約を結んでおり、完成した最初の編成が2015年10月20日に現代ロテム昌原工場で公開された。同12月9日より高速線内で営業運転を開始した。

性能[編集]

詳細は韓国鉄道公社120000系電車を参照のこと

客室設備[編集]

  • 3号車の特室はシートピッチ1,060mmの座席を備えているほか、120000系とは異なり荷物棚が航空機のような開閉式になっている[1]
  • 一般室はシートピッチ960mmの座席を備えている[2]

編成[編集]

  • 先頭車に記載されている編成番号は3xxとなっている。
 
← 水西・平沢
釜山・益山・木浦 →
号車(重連時) 1 (11) 2 (12) 3 (13) 4 (14) 5 (15) 6 (16) 7 (17) 8 (18)
形式 13xx51
PC
13xx01
T1
13xx02
T2
13xx03
T3
13xx04
T4
13xx05
T5
13xx06
T6
13xx07
T7
13xx08
T8
13xx52
PC
表記 3xx 3xx
座席 - 一般室 一般室 特室 一般室
一般室 一般室
(自由席)
-
車内設備 - WC,バリアフリー・アクセス,Aiga nursery.svg,補 WC,補 WC,補,AED sign.svg,Aiga nursery.svg,Breastfeeding-icon-med.svg WC,補,Pictograms-nps-drinking water-2.svg 補,AED sign.svg WC,補 -
定員 - 53 56 33 56 48 48 56 60 -

凡例

  • 補:補助席(デッキにあるジャンプシート)
  • WC:トイレ
  • Aiga nursery.svg:ベビーチェア
  • Breastfeeding-icon-med.svg:授乳室
  • Pictograms-nps-drinking water-2.svg:自動販売機
  • バリアフリー・アクセス:バリアフリー施設(座席及び便所)
  • AED sign.svgAED
  • 乗:乗務員室
  • 動:動力車


画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ (朝鮮語)SRT-サービス-特室
  2. ^ (朝鮮語)SRT-サービス-一般室

関連項目[編集]