SRC12

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
SRC12
イベント詳細
シリーズ SRC
主催 ワールドビクトリーロード
開催年月日 2010年3月7日
開催地 日本の旗 日本
東京都墨田区
会場 両国国技館
開始時刻 午後4時
試合数 全8試合
放送局 スカパー!PPV
イベント時系列
戦極 〜第十一陣〜 SRC12 SRC13

SRC12(エスアールシー・トゥエルブ)は、日本総合格闘技団体「SRC」の大会の一つ。2010年3月7日東京都墨田区両国国技館で開催された。

今大会より大会名が「戦極」から「SRC (SENGOKU RAIDEN CHAMPIONSHIP)」に変更となった。

大会概要[編集]

メインイベントではSRCミドル級チャンピオンシップが行われ、王者ジョルジ・サンチアゴが挑戦者マメッド・ハリドヴに判定勝ちし、王座初防衛に成功した。

マルロン・サンドロ鹿又智成と対戦し、開始9秒右アッパーでKO勝ち。休憩明けにリング上で挨拶したフェザー級王者金原正徳が挑戦者にサンドロを指名した[1]

第5試合後に、2009年大晦日のDynamite!! 〜勇気のチカラ2009〜青木真也戦で負傷した廣田瑞人がリングに上がり、自身の保持するライト級王座の返上を発表し、会場にいた谷川貞治に青木との再戦をアピールした[2]

試合結果[編集]

第1試合 フェザー級ワンマッチ 5分3R
日本の旗 大澤茂樹 vs. 韓国の旗 カン・ギョンホ ×
3R終了 判定3-0(30-28、30-28、29-28)
第2試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
ブラジルの旗 レオ・サントス vs. 日本の旗 國奥麒樹真 ×
1R 3:06 チョークスリーパー
第3試合 フェザー級ワンマッチ 5分3R
日本の旗 星野勇二 vs. カナダの旗 ニック・デニス ×
2R 0:47 フロントチョーク
第4試合 ヘビー級ワンマッチ 5分3R
日本の旗 中尾"KISS"芳広 vs. アメリカ合衆国の旗 戦闘竜 ×
2R 3:27 TKO(レフェリーストップ:パウンド
第5試合 フェザー級ワンマッチ 5分3R
ブラジルの旗 マルロン・サンドロ vs. 日本の旗 鹿又智成 ×
1R 0:09 KO(右アッパー)
第6試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
ベネズエラの旗 真騎士 vs. 韓国の旗 アームバー・キム ×
1R 1:10 KO(左ハイキック)
第7試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
日本の旗 郷野聡寛 vs. スウェーデンの旗 ディエゴ・ゴンザレス ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-29)
第8試合 SRCミドル級チャンピオンシップ 5分5R
ブラジルの旗 ジョルジ・サンチアゴ vs. ポーランドの旗 マメッド・ハリドヴ ×
5R終了 判定3-0(48-47、48-47、49-47)
※サンチアゴが王座の初防衛に成功。

脚注[編集]

関連項目[編集]