SRC14

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
SRC14
イベント詳細
シリーズ SRC
主催 ワールドビクトリーロード
開催年月日 2010年8月22日
開催地 日本の旗 日本
東京都墨田区
会場 両国国技館
開始時刻 午後3時
試合数 全11試合
放送局 スカパー!PPV
イベント時系列
SRC ASIA vol.1 SRC14 SRC15

SRC14(エスアールシー・フォーティーン)は、日本総合格闘技団体「SRC」の大会の一つ。2010年8月22日両国国技館で開催された。

大会概要[編集]

メインイベントではSRCミドル級チャンピオンシップが行なわれ、王者ジョルジ・サンチアゴが挑戦者三崎和雄にTKO勝ちを収め、2度目の王座防衛に成功した。

SRCウェルター級グランプリシリーズ2010の1回戦Bゾーン2試合が行なわれ、Yasubei榎本奥野"轟天"泰舗が準決勝進出を決めた。

SRCバンタム級ASIAトーナメント2010の2回戦4試合が行なわれ、ソ・ジェヒョン、高橋渉、佐藤将光、石渡伸太郎が準々決勝進出を決めた。

試合結果[編集]

第1試合 バンタム級ASIAトーナメント2010 2回戦 5分2R
大韓民国の旗 ソ・ジェヒョン vs. 日本の旗 西村広和 ×
2R終了 判定3-0
※ソがトーナメント準々決勝進出。
第2試合 バンタム級ASIAトーナメント2010 2回戦 5分2R
日本の旗 高橋渉 vs. 日本の旗 曹竜也 ×
2R 4:34 チョークスリーパー
※高橋がトーナメント準々決勝進出。
第3試合 バンタム級ASIAトーナメント2010 2回戦 5分2R
日本の旗 佐藤将光 vs. 日本の旗 江泉卓哉 ×
2R 1:38 TKO(ドクターストップ:鼻の負傷)
※佐藤がトーナメント準々決勝進出。
第4試合 バンタム級ASIAトーナメント2010 2回戦 5分2R
日本の旗 石渡伸太郎 vs. 大韓民国の旗 イ・ギルウ ×
1R 2:20 フロントチョーク
※石渡がトーナメント準々決勝進出。
第5試合 ウェルター級グランプリシリーズ2010 リザーブマッチ 5分3R
日本の旗 佐藤拓也 vs. 日本の旗 宮澤元樹 ×
3R終了 判定3-0(29-28、30-28、30-28)
第6試合 ウェルター級グランプリシリーズ2010 1回戦 Bゾーン 5分3R
スイスの旗 Yasubei榎本 vs. 日本の旗 高木健太 ×
2R 0:53 チョークスリーパー
※榎本がグランプリシリーズ準決勝進出。
第7試合 ウェルター級グランプリシリーズ2010 1回戦 Bゾーン 5分3R
日本の旗 奥野"轟天"泰舗 vs. アメリカ合衆国の旗 ニック・トンプソン ×
3R 0:27 KO(左フック)
※奥野がグランプリシリーズ準決勝進出。
第8試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
ブラジルの旗 レオ・サントス vs. 日本の旗 山田崇太郎 ×
1R 3:56 失格(ローブローによるレッドカード3枚)
第9試合 フェザー級ワンマッチ 5分3R
日本の旗 日沖発 vs. イングランドの旗 ジェフ・ローソン ×
1R 2:09 三角絞め
第10試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
モンゴルの旗 ジャダンバ・ナラントンガラグ vs. 日本の旗 郷野聡寛 ×
3R終了 判定3-0(30-28、30-29、30-28)
第11試合 SRCミドル級チャンピオンシップ 5分5R
ブラジルの旗 ジョルジ・サンチアゴ vs. 日本の旗 三崎和雄 ×
5R 4:31 TKO(タオル投入:マウントパンチ
※サンチアゴが王座の2度目の防衛に成功。

関連項目[編集]