SRWare Iron

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
SRWare Iron
Iron logo.png
Iron screenshot.png
Windows Vistaで動作中の『SRWare Iron』
作者 SRWare
開発元 ドイツの旗 ドイツ
SRWare
初版 2008年9月18日 (2008-09-18)[1]
対応OS Windows XP / Vista / 7, Linux, macOS
使用エンジン Blink(HTML レンダリング, 28以降)
WebKit(HTML レンダリング, 27以前)
サイズ 77.2 MB (ZIP圧縮されたPortable版)
対応言語 多言語
サポート状況 開発中
種別 ウェブブラウザ
ライセンス オープンソースライセンス(BSDライセンスほか)[2]
公式サイト SRWare Iron(英語)
テンプレートを表示

SRWare Iron(エスアールウェア アイアン)は、ドイツ・SRWare社製のウェブブラウザ

概要[編集]

省略して「Iron」とも呼ばれる。長らくはオープンソースフリーソフトウェアであった。SRWare Ironは、Google Chromeの抱えるプライバシーとセキュリティの問題を取り除くことを目的とし、同ソフトと同様にChromiumを土台にして開発された。Chromiumが主要な言語に対応しているため、Ironも標準で日本語を含む主要な言語に対応している。なおユーザーフォーラムは英語ドイツ語ロシア語である。現在はオープンソースではないが、無償で使用できる。

相違点[編集]

違い[3]は、以下の通り。これ以外の機能は、Google Chromeとほぼ同じである。バージョン37以降、既存の32bit版に加えて64bit版も追加された。

  • バージョンは公式のChromiumのどのスナップショットから改造したのか、番号から一切判明できなくしてある。
  • 独自広告ブロック機能を搭載していたが、ブロックリストが古くなってしまったために現在はuBlock Originほかのサードパーティーによる拡張機能が推奨されている。
  • 独自WebRTCブロック機能を追加できるようになっている[4]
  • ユーザーエージェントを設定ファイルで指定可能だが、拡張機能による変更も可能。
  • ポータブルアプリケーションが公式に配布されている。
  • 利用者情報の送信機能がない。
  • 自動アップデート機能がないので、アップデートのやり方がtxtファイルで解説されている。
  • 新バージョンの告知やバグ報告などは公式サイトではなく、フォーラム上[5]で行われている。公式サイトの更新は殆ど行われていない。
  • バグが生じた場合は、末尾番号.0が.1に変更されて、指摘されたバグが有ったことを認める。

備考[編集]

マイクロソフトヨーロッパにて競争法違反で訴えられていたが、これに関連して2010年、欧州経済領域Windowsユーザーに対して選択肢として12のウェブブラウザを提示することとした。2010年8月より、その選択画面であるBrowserChoice.euにSRWare Ironが含まれていた。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ SRWare Iron News
  2. ^ Windows 版 SRWare Iron 39.0.2100.0 同梱の license.txt より
  3. ^ Whats the difference beetwen Iron and Chrome? 外部リンク
  4. ^ WebRTC Block Extension SRWare.net 2016年12月12日配信 2018年5月12日閲覧
  5. ^ SRWare Iron Support (Deutsch)”. www.srware.net. SRWare.net. 2020年7月10日閲覧。