ST・ゴードン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ST・ゴードン
基本情報
本名 ST・ゴードン
階級 ヘビー級
身長 183cm
リーチ 198cm
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 (1959-04-18) 1959年4月18日(59歳)
出身地 ワシントン州パスコ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 27
勝ち 20
KO勝ち 17
敗け 7
引き分け 0
無効試合 0
テンプレートを表示

ST・ゴードンS.T Gordon1959年4月18日 - )は、アメリカ合衆国男性プロボクサーワシントン州パスコ出身。元WBC世界クルーザー級王者。KO負けが1つしかないタフさと強打を武器にした選手。

来歴[編集]

1977年2月23日、ゴードンはプロデビューを果たし5回判定負けを喫し白星でデビューを飾れなかった。

1977年4月20日、リチャード・ディーンと対戦し初回2分21秒KO勝ちを収めた。

1978年3月17日、ゲーリー・コーニーと対戦し4回失格負けを喫した。

1978年4月19日、ヴァイアオ・スアフォアと対戦し5回KO勝ちを収めた。

1978年8月28日、エディー・ロペスと対戦し10回判定負けを喫した。

1978年10月18日、エアール・トリップと対戦し10回判定負けを喫した。

1978年11月11日、フレッド・ホープと対戦し4回KO勝ちを収めた。

1979年6月6日、エアール・トリップと8ヶ月ぶりの再戦となる全米ネバダ州クルーザー級王座決定戦を行い7回KO勝ちを収め王座獲得に成功した。

1980年3月15日、エリック・セディーロと対戦し5回2分35秒KO勝ちを収めた。

1980年5月24日、ニウア・トファエオノと対戦し2回KO勝ちを収めた。

1980年8月6日、イヴィー・ブラウンとNABF北米クルーザー級王座決定戦を行い2回1分31秒KO勝ちを収め王座獲得に成功した。

1980年10月22日、エアール・トリップと1年4ヶ月ぶりの3回目の対戦を行い4回KO勝ちを収めた。

1981年2月10日、ハリー・テリールとUSBA全米クルーザー級王座決定戦を行い5回TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

1981年3月25日、ダビット・スミスと全米カリフォルニア州クルーザー級王座決定戦を行い12回判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

1981年7月24日、ヤクイ・トーマスと対戦し7回36秒逆転TKO勝ちを収めNABF王座の初防衛に成功した。

1982年6月27日、WBC世界クルーザー級王者カルロス・デ・レオンと対戦し2回2分51秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

1983年2月16日、ジェシー・バーネットと対戦し8回3分7秒TKO勝ちを収め初防衛に成功した。

1983年7月17日、前王者のカルロス・デ・レオンと1年ぶりに再戦し12回0-3(2者が109-119、112-118)の判定負けを喫し2度目の防衛に失敗し王座から陥落した。

1987年10月15日、4年ぶりの復帰戦としてドウェイン・ボンズと対戦しキャリア初のKO負けとなる初回49秒TKO負けを喫した試合を最後に現役を引退した。

獲得タイトル[編集]

  • 全米ネバダ州クルーザー級王座
  • NABF北米クルーザー級王座
  • USBA全米クルーザー級王座
  • 全米カリフォルニア州クルーザー級王座
  • WBC世界クルーザー級王座(防衛1)

脚注[編集]

関連項目[編集]

前王者
カルロス・デ・レオン
WBC世界クルーザー級王者

1982年6月27日 - 1983年7月17日

次王者
カルロス・デ・レオン