STAY AWAY

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
STAY AWAY
L'Arc〜en〜Cielシングル
初出アルバム『REAL
B面 get out from the shell
STAY AWAY -Jaze Poo Mix-
STAY AWAY -Truly Barbie Forest Ver.-
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル ロック
時間
レーベル Ki/oon Records
作詞・作曲 hyde (作詞)
tetsu (作曲)
プロデュース L'Arc〜en〜Ciel
岡野ハジメ
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 2000年7月度月間5位(オリコン)
  • 2000年8月度月間8位(オリコン)
  • 2000年度年間24位(オリコン)
  • 登場回数9回(オリコン)
  • L'Arc〜en〜Ciel シングル 年表
    NEO UNIVERSE/finale
    2000年
    STAY AWAY
    (2000年)
    Spirit dreams inside -another dream-
    2001年
    REAL 収録曲
    finale
    (6)
    STAY AWAY
    (7)
    ROUTE 666
    (8)
    get out from the shell -asian version-
    (1)
    THE NEPENTHES
    (2)
    ミュージックビデオ
    L'Arc~en~Ciel「STAY AWAY」-Music Clip- [L'Arc~en~Ciel Selected 10] - YouTube
    テンプレートを表示

    STAY AWAY」(ステイ アウェイ)は、日本ロックバンドL'Arc〜en〜Cielの20作目のシングル2000年7月19日発売。発売元はKi/oon Records

    解説[編集]

    前作「NEO UNIVERSE/finale」から半年振りとなるシングル。初回50万枚限定でメンバーのフィギュアが付けられた。メンバーが全面的に企画に参加した、プレイステーションレーシングゲーム激突トマラルク』と同時発売された。

    発売前の2000年4月17日には、表題曲「STAY AWAY」の各種携帯電話へ着信メロディサービスを開始した。携帯電話着信メロディを自分で入力して作るのが一般的であった当時において、曲調のみを先行配信する形で、「STAY AWAY」の着信メロディの入力番号を記載したフライヤーを200,000枚限定で全国のCDショップなどで配った[1]

    本作のCMは、「STAY AWAY」のレコーディング風景をピックアップしたドキュメントとなっている。CMは4種類作られ、それぞれ北海道東北地方のみ、北陸東海地方のみ、中国四国地方のみ、九州沖縄地方のみ、といったように地域を限定し、更に時期をずらして放映された。ちなみに、関東地方近畿地方では一切放送される事は無かった。本作のCDパソコンにセットすると、発売から1週間毎に内容を変え、4週間に渡ってこれらのCMを見ることが出来た。また、前述のフィギュアを宣伝する内容や、メンバーがダンスを踊ることをアピールする内容のCMも放映され、これらは全て2001年に発売されたミュージック・ビデオ集『CHRONICLE 2』に収録されている。

    2曲目の「get out from the shell」は、シングル「snow drop」以来7作ぶりに過去音源のリミックス及びインストゥルメンタルでない未発表楽曲としてカップリングに収録されている。なお、L'Arc〜en〜Cielとしてカップリングに新曲が収録されたシングルは、本作が最後となっている。本作以降はカップリングには、表題曲のインスト、別バージョン及び、過去に発表したの楽曲のセルフリメイク等が収録されることとなった。

    初回限定版はフィルムジャケット&スーパーピクチャーレーベル仕様。

    ミュージックビデオ[編集]

    本作品のミュージックビデオは、「Pieces」の映像ディレクションを担当した多田琢と、上田拓がディレクターを務めた作品。本作品は音楽専門チャンネルスペースシャワーTV』主催の音楽賞「SPACE SHOWER Music Video Awards 00」の「BEST VIDEO OF THE YEAR」と「BEST GROUP VIDEO」を受賞した。「BEST VIDEO OF THE YEAR」の受賞は、前年リリースした「Pieces」に続き、2年連続2度目のことである。

    本作は、エキストラを含めた出演者全員がCG処理を施されており、最後のサビの部分ではメンバーが、バックで踊っているエキストラと全く同じダンスを、息を合わせて踊る作品となっている。メンバー4人が先頭で踊っているが、首から下は合成で、実際の踊りはプロのダンサーによるものである。当初はメンバーも実際に踊る予定だったが、スケジュールの都合で断念した[2]

    2006年に開催されたライブ『15th L'Anniversary Live』では、本楽曲演奏時においてダンサーが登場しミュージックビデオに合わせたダンスを披露する演出がなされた。

    収録曲[編集]

    1. STAY AWAY
      資生堂ピエヌCMソングであり、前作「NEO UNIVERSE」の後を継いで起用された。
      本作と同日に発売されたプレイステーションレーシングゲーム激突トマラルク』のBGMに本楽曲のゲームアレンジ版が使用されている。
      歌詞についてhydeは「アメリカって自由な国っていうけど、何だかんだ法律いっぱい作って裁判とかしまくってるでしょ? 細かいことまで。だからなんにも出来ない状態。アメリカ大陸を人と考えて歌ってるようなものですね[3]」「英語の語呂合わせみたいな、茶化した感じが全体の軽快さにあってる[4]」と述べている。また、hyde曰く、tetsuyaから「結局自由自由と言いながら、それって型にハマってるだけじゃん。全然自由じゃない[3]」という話があったといい、このtetsuyaの曲のイメージを基に詞を手掛けている。
      作曲したtetsuyaは「シングル向きというよりは、ボツになるだろうなと思ってた曲[4]」と述べている。曲中にはエフェクター「PSK Core Drive CDV-5」を用いた歪みの効いたベースソロが存在する[5]ライブでは、この曲の演奏前にtetsuyaベースソロや、バナナでベースを弾き客席に投げるといった演出が定番になっており、ライブで盛り上がる曲のひとつとなっている。
      yukihiro曰く、この曲のドラム録りに2日ほど掛かったといい、100回近くドラムを叩いたという[6]。yukihiroはアルバム『REAL』の制作を通じてテーマがあったといい、「自分の中で次の段階に行きたいなというのもあって。具体的な例をあげると手癖で叩くことをやめようとか、それだけじゃないけど、簡単に言えるとしたらそれかなあ[6]」と述べている。ちなみに、この曲で『第51回NHK紅白歌合戦』に3年連続、通算3度目の出場を果たした。
      2005年に開催したライブツアー「AWAKE TOUR 2005」ではメンバーの担当パートを変更し演奏され、"formation A"と"formation B"の2パターンで行われた。
      "formation A"では、tetsuyaがボーカルを、hydeがコーラスパートを担当した。更には曲の2番以降、kenがtetsuyaとボーカルパートを交代し、kenとtetsuyaがボーカルをとったこともある(その際hydeは一貫してコーラスにまわった)。さらに、途中で曲がP'UNK〜EN〜CIELの「花葬 平成十七年」に変わり、yukihiroがボーカル、hydeがドラムを担当することもあった。本バージョンの演奏の模様はライブビデオ『AWAKE TOUR 2005』に収録され、音源はBD-BOX『L'Aive Blu-ray BOX -Limited Edition-』に付属するライブ音源CDに収録されている。
      "formation B"では、ボーカルをyukihiro、ギターをhyde、ベースをken、ドラムをtetsuyaが担当する形態となっている。本バージョンの音源は現在まで未発表となっている。
    2. get out from the shell
      • 作詞:hyde / 作曲:yukihiro / 編曲:L'Arc〜en〜Ciel
      8thアルバム『REAL』には歌詞が全て英語の「asian version」が収録されているが、当初はこちらがシングルのカップリングとして収録される予定であった[7]
      yukihiroがリスペクトしているバンド・SOFT BALLETに関わってるエンジニアミックスに参加していることから「SOFT BALLETのパクリ」と語っている[8]
      また、ベストアルバムThe Best of L'Arc〜en〜Ciel 1998-2000』、『QUADRINITY 〜MEMBER'S BEST SELECTIONS〜』には「asian version」が、『The Best of L'Arc〜en〜Ciel c/w』、『TWENITY 2000-2010』にはオリジナルバージョンが収録されている。
    3. STAY AWAY -Jaze Poo Mix-
      表題曲のリミックスバージョン。yukihiro以外によるリミックス楽曲がカップリングに収録されるのは、1stシングル「Blurry Eyes」以来である。また、そのカップリング曲「Wind of Gold (Many Kind of Percussion Mix)」と同様に、本楽曲は当シングル以外に収録されておらず、どのアルバムにも収録されていない。
    4. STAY AWAY -Truly Barbie Forest Ver.-
      表題曲のピアノのみのインストゥルメンタルバージョン。前曲と同様に、どのアルバムにも収録されておらず、当シングルのみの収録となっている。

    参加ミュージシャン[編集]

    カバー[編集]

    収録アルバム[編集]

    オリジナルアルバム
    • REAL』 (#1、#2,全英語詞バージョン)
    ベストアルバム

    脚注[編集]

    1. ^ L'Arc〜en〜Ciel Biography 2000 - L'Arc〜en〜Ciel
    2. ^ TBS系音楽番組『うたばん2000年8月24日放送回より。
    3. ^ a b 『B-PASS』、シンコー・ミュージック、2000年8月号
    4. ^ a b 『WHAT's IN?』、p.36、2000年9月号
    5. ^ 「BASS MAGAZINE SPECIAL FEATURE SERIES 『tetsuya/L'Arc〜en〜Ciel』」、p.46、リットーミュージック、2010年。
    6. ^ a b 『R&R NewsMaker』、p.28、2000年10月号
    7. ^ 『WHAT's IN?』、p.32、2000年9月号
    8. ^ ラジオ番組『FLYING〜L'Arc〜ATTACK2001年2月8日放送回より。