STILL (東方神起の曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
東方神起 > 楽曲 > STILL (東方神起の曲)
東方神起 > ディスコグラフィ > STILL (東方神起の曲)
STILL
東方神起シングル
初出アルバム『TIME
B面 One More Thing
リリース
規格
ジャンル J-POP
時間
レーベル avex trax
作詞・作曲 井上慎二郎
プロデュース 井上慎二郎
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(日本、オリコン[2]
  • 週間1位(日本、Japan Hot 100[3]
  • 週間1位(日本、Hot Singles Sales[4]
  • 週間6位(韓国、Gaon[5][注釈 1]
  • 2012年度上半期23位(日本、オリコン)[6]
  • 2012年度年間48位(日本、オリコン)[7]
  • 2012年度年間68位(日本、Top Singles Sales)[8]
  • 東方神起 日本の旗 日本 年表
    • STILL
    • (2012年)
    ミュージック・ビデオ
    「STILL」 - YouTube
    テンプレートを表示

    STILL」(スティル)は、東方神起の楽曲である。2012年3月14日にavex traxより日本での34枚目のシングルとして発売された。

    概要[編集]

    前作『Winter〜Winter Rose/Duet -winter ver.-〜』より4ヶ月ぶりかつ、『東方神起 LIVE TOUR 2012 〜TONE〜』ツアーの期間中での発売となった[9]

    「CD+DVD」「CD」「Bigeast盤」の3形態で発売された(詳細は下記を参照)。

    発売初週で約13万9000枚の売上を記録し、3月26日付のオリコン週間シングルランキングで初登場首位を獲得。東方神起のシングル首位獲得は『Why? (Keep Your Head Down)』以来3作ぶりで、通算10作目となる。なお、海外出身のアーティストによるシングル首位獲得数が10作となったのは、1968年1月のランキング発表開始以来45年目にして初の快挙となった。また、TOP10入りは通算26作目となり、BoA(25作)を抜いて海外出身アーティスト歴代単独1位の記録となった[10][11]

    発売形態[編集]

    3形態ともジャケット写真が異なる。

    CD+DVD
    • 品番 : AVCK-79059
    • DVDに「STILL」のビデオ・クリップを収録。
    • 初回限定封入特典 : ジャケットサイズカード封入(6種から1枚ランダムで封入)、DVDにオフショットムービーを収録。
    CD
    • 品番 : AVCK-79060
    • 「One More Thing -SAKURA Version-」を追加収録。
    • 初回限定封入特典 : ジャケットサイズカード封入(6種から1枚ランダムで封入)、12Pブックレット
    Bigeast盤[12]
    • 品番 : AVC1-79061
    • ピクチャーレーベル仕様
    • 封入特典 : ジャケットサイズカード封入(6種から1枚ランダムで封入)

    収録曲[編集]

    [CD][編集]

    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「STILL」井上慎二郎井上慎二郎井上慎二郎
    2.「One More Thing」H.U.B.
    • her0ism
    • SHIROSE from WHITE JAM
    • SHIMADA from WHITE JAM BEATZ
    3.「One More Thing」(SAKURA Version)H.U.B.
    • her0ism
    • SHIROSE from WHITE JAM
    • SHIMADA from WHITE JAM BEATZ
    • 華原大輔
    • 四家卯大(ストリングス編曲)
    4.「STILL」(Less Vocal)   
    5.「One More Thing」(SAKURA Version - Less Vocal)   
    合計時間:

    [CD+DVD][編集]

    [Bigeast盤][編集]

    曲の解説[編集]

    1. STILL
      メンバーも出演した江崎グリコアイス「牧場しぼり」のCMソング[13]
      別れた恋人のことを思い出す男性の心情を歌ったミディアム・バラード[10]
      東方神起 LIVE TOUR 2012 〜TONE〜』の初日の横浜アリーナ公演で初披露となり、その際にチャンミンは「この曲は3月14日に発売される楽曲で、僕たちから皆さんへのホワイトデーのプレゼントとして贈りたいと思います。」と語った[11]
    2. One More Thing
      BeeTVドラマ『L et M わたしがあなたを愛する理由、そのほかの物語』主題歌[10]で、現代を生きる女性への応援歌となっている[14]
    3. One More Thing -SAKURA Version-
      [CD]に収録の2曲目の別バージョン。四家卯大ストリングスによるストリングスがフィーチャーされている。

    タイアップ[編集]

    収録アルバム[編集]

    STILL

    One More Thing

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]

    注釈[編集]

    1. ^ アルバムチャートへのランクイン

    出典[編集]

    1. ^ GOLD DISC 2012年3月度」『The Record』第630巻、日本レコード協会、2012年5月10日、 14頁。
    2. ^ STILL | 東方神起”. ORICON NEWS. オリコン. 2020年3月24日閲覧。
    3. ^ Billboard Japan Hot 100 | Charts”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク (2012年3月26日). 2020年3月24日閲覧。
    4. ^ Billboard Japan Top Singles Sales | Charts”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク (2012年3月26日). 2020年3月24日閲覧。
    5. ^ GAON ALBUM CHART (2012년 4월 1주차)”. Korea Music Content Industry Association. 2013年12月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年1月12日閲覧。
    6. ^ 上半期ランキング特集『AKB48とMr.Childrenが1、2位独占!上半期の音楽シーンを振り返る』”. ORICON STYLE ミュージック. オリコン (2012年6月20日). 2012年12月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年1月11日閲覧。
    7. ^ 年間ランキング特集『ミリオン8作!AKB48とMr.Childrenが2012年音楽シーンを牽引』”. ORICON STYLE ミュージック. オリコン (2012年12月20日). 2012年12月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年1月11日閲覧。
    8. ^ Billboard Japan Top Singles Sales Year End | Charts”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク (2012年). 2021年1月11日閲覧。
    9. ^ “東方神起、東京ドーム&京セラドーム公演が3DAYSに”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2012年2月9日). https://natalie.mu/music/news/64164 2020年3月24日閲覧。 
    10. ^ a b c “東方神起、『STILL』でシングル1位10作目=オリコン史上45年で海外歌手初!”. KpopStarz. (2012年3月20日). http://japanese.kpopstarz.com/articles/3067/20120320/tvxq-still-oricon-ranking-chart.htm 2020年3月24日閲覧。 
    11. ^ a b “東方神起、ニューシングル「STILL」オリコン週間シングルランキング1位獲得!”. Kstyle (LINE). (2012年3月20日). https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1938861 2020年3月24日閲覧。 
    12. ^ STILL(Bigeast盤CDシングル)|東方神起”. mu-moショップ. エイベックス. 2020年3月24日閲覧。
    13. ^ “東方神起ホワイトデー発売の新曲が「牧場しぼり」CM曲に”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2012年3月14日). https://natalie.mu/music/news/65948 2020年3月24日閲覧。 
    14. ^ 猪又孝 (2013年3月6日). チケットぴあインタビュー. (インタビュー). ぴあ. チケットぴあ.. http://md.pia.jp/pia/interview/music/thsk2013.jsp 2020年3月24日閲覧。