STS-95

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
STS-95
徽章
Sts-95-patch.png
ミッションの情報
ミッション名 STS-95
シャトル ディスカバリー
乗員数 7
発射台 LC39-B
打上げ日時 1998年10月29日 02:19:34 EST
着陸または着水日時 1998年11月7日 12:04 EST
ミッション期間 9日9時間44分26秒
高度 574 km
軌道傾斜角 28.45°
航行距離 5,800,000 km
乗員写真
STS-95 crew.jpg
上列左から、パラジンスキー, ロビンソン, 向井, デュケ, グレン, リンジー, ブラウン
年表
前回 次回
STS-91 Sts-91-patch.png STS-88 Sts-88-patch.png

STS-95は、1998年10月にスペースシャトルディスカバリーによって行われた8日間に渡る有人宇宙飛行である。ディスカバリーの25回目の飛行で、1981年4月にスペースシャトルのプログラムが始まって以来、92回目の飛行であった。また1959年のマーキュリー計画時代の宇宙飛行士で、アメリカ合衆国上院議員のジョン・ハーシェル・グレンが復帰し、2度目の宇宙飛行を行ったことで話題となった。グレンは最年長の宇宙飛行者となった。また、アメリカ合衆国でATSC高精細度テレビジョン放送が始まったことでも知られる。さらに、ペドロ・デュケがスペイン人で初めての宇宙飛行者となった。

任務[編集]

このミッションは、グレンが行うSpacehabを用いた物科学の研究や太陽の地球の生命への影響を調べることだった。Spartan 201が放出され、シャトルの周りを漂ってコロナから発せられる太陽風の加速を研究した。

乗組員[編集]