SUPER LOVE SONG

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
B'z > 作品リスト > SUPER LOVE SONG
SUPER LOVE SONG
B'zシングル
初出アルバム『ACTION
B面
  • ここから
  • FRICTION
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル
時間
レーベル VERMILLION RECORDS
作詞・作曲
プロデュース 松本孝弘
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位 (オリコン)[1]
  • 2007年10月度月間1位 (オリコン)
  • 2007年度年間19位 (オリコン)
  • B'z シングル 年表
    • SUPER LOVE SONG
    • (2007年)
    ACTION 収録曲
    黒い青春
    (2)
    SUPER LOVE SONG
    (3)
    満月よ照らせ
    (4)
    一心不乱
    (6)
    FRICTION -LAP 2-
    (7)
    ONE ON ONE
    (8)
    ミュージック・ビデオ(Short ver.)
    「SUPER LOVE SONG」 - YouTube
    テンプレートを表示

    SUPER LOVE SONG」(スーパー・ラヴ・ソング)は、日本音楽ユニットB'zの楽曲。2007年10月3日にVERMILLION RECORDSより44作目のシングルとして発売された。

    概要[編集]

    16thアルバム『ACTION』の先行シングル。

    初回限定盤には、ZEPP TOKYOにて行われた『B'z SHOWCASE 2007 -19-』での「SUPER LOVE SONG」のライブ映像を収録したDVDが付属された[2]

    表題曲は「May」以来7年ぶりのノンタイアップだが、3rd beat「FRICTION」は『バーンアウト ドミネーター』のタイアップ。

    アレンジャー寺地秀行が編曲に初参加したシングルで[注釈 1]、次作『BURN -フメツノフェイス-』より、彼らのソロを含めて専任編曲者という形で起用される。

    J-DISC BeingとVERMILLION RECORDS他2レーベルの親会社への統合に伴い、この作品以降、発売元・販売元がともにビーイングと記載されるようになる。

    18.1万枚を売り上げ、2007年10月15日付のオリコン週間シングルランキングで初登場1位を獲得。これにより、5thシングル『太陽のKomachi Angel』以来40作連続の1位となり、自身が持つ「シングル首位獲得数」と「シングル連続首位獲得数」を更新することとなった[1]

    収録曲[編集]

    CD[編集]

    1. SUPER LOVE SONG (4:00)
      元々、同年1月から制作を始めていた楽曲で、16枚目のアルバム『ACTION』の1曲目に収まる予定だった。
      当初はテンポが遅く渋いアレンジだったが、古臭いという理由で一度制作が断念されていた。ロサンゼルスでのレコーディングではかなり苦労したという。その後帰国しリアレンジ、夏前に曲が完成された。本人達も「こんなに時間がかかるとは思わなかった」と語っている。
      稲葉は「どうすればいいかって悩んで苦労したのに、テンポを上げるだけでここまで変わるとは」と、松本は「まさか、シングルの表題曲にまで上り詰めようとは」と話していた。
      PV撮影もロサンゼルスのスタジオで行われた。
      レコーディング及びPVでのサポート・メンバーは、ドラムがジェレミー・コルソン(Jeremy Colson)、ベースがロバート・ディレオ(Robert DeLeo、元ストーン・テンプル・パイロッツ)となっている。
      楽曲完成後、2007年6月から行われた『B'z SHOWCASE 2007 -19-』で1曲目として初披露[2]。8月に行われたSUMMER SONIC 2007出演時でもリリースに先駆けてこちらも1曲目として披露された[3]
    2. ここから (4:01)
      メロトロンを使用している。曲の構成上、ギターソロパートが無い楽曲の一つとなっている。
      このシングルでは唯一『ACTION』には収録されず、ライブでもこの曲のみ未演奏である。
    3. FRICTION (3:06)
      テレビゲームバーンアウト ドミネーター』のために書き下ろされた全英詞の楽曲[4]。それに伴い、4月には海外のiTunes StoreでこのCDの発売前から既に公開されており、上記2曲より制作時期は古い。
      スケジュールの関係で収録は日本で行われた。
      サポートドラマーのシェーン・ガラースが、「English Lyrics Adviser」として作詞を手伝っている。
      16thアルバム『ACTION』には、この曲の別バージョン「FRICTION -LAP 2-」が収録されている。
      こちらも、リリースに先駆けて『B'z SHOWCASE 2007 -19-』、SUMMER SONIC2007で2曲目に披露された。

    初回限定盤 DVD[編集]

    1. SUPER LOVE SONG from『B'z SHOWCASE 2007 -19-』

    タイアップ[編集]

    参加ミュージシャン[編集]

    レコーディング参加ミュージシャン[編集]

    特典DVD参加ミュージシャン[編集]

    収録アルバム[編集]

    SUPER LOVE SONG

    FRICTION

    ライブ映像作品[編集]

    SUPER LOVE SONG

    FRICTION

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]

    注釈[編集]

    1. ^ 過去に2nd beatの「Magnolia」、「もうはなさない」、稲葉のソロ作品がある。

    出典[編集]

    1. ^ a b “B'z、シングル10冠の偉業達成!”. ORICON NEWS (オリコン). (2007年10月9日). https://www.oricon.co.jp/news/48676/full/ 2019年10月19日閲覧。 
    2. ^ a b “B'z、PSPゲーム提供「FRICTION」を新作ととも”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2007年8月10日). https://www.barks.jp/news/?id=1000033479 2019年10月17日閲覧。 
    3. ^ “B'z、ロックの歴史に名を刻む”. ライブドアニュース (ライブドア). (2007年9月21日). https://news.livedoor.com/article/detail/3315093/ 2019年10月17日閲覧。 
    4. ^ “B'z、PS2レーシングゲームのために楽曲を書き下ろし”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2007年7月20日). https://www.barks.jp/news/?id=1000032985 2019年10月17日閲覧。