SUSHI GIRL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
SUSHI GIRL
Sushi Girl
監督 カーン・サクストン
脚本 デスティン・パフ
カーン・サクストン
製作 デスティン・パフ
ニール・フィッシャー
カーン・サクストン
スーレン・M・セロン
製作総指揮 トニー・トッド
出演者 トニー・トッド
ノア・ハザウェイ
マーク・ハミル
コートニー・パーム
千葉真一
音楽 フリッツ・マイヤーズ
撮影 アーロン・マイスター
編集 カーン・サクストン
配給 日本の旗 アース・スター エンターテイメント
公開 アメリカ合衆国の旗 2012年11月27日
日本の旗 2012年12月22日
上映時間 98分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $750,000[1]
テンプレートを表示

SUSHI GIRL』(スシガール、Sushi Girl )は、2012年アメリカ合衆国の映画犯罪スリラー映画R15指定作品。

解説[編集]

ジョージ・A・ロメロ主催の短編ゾンビ映画コンテストで、300本以上の応募作の中から優秀賞に選ばれた経歴を持つカーン・サクストンの長編映画監督デビュー作[2][3]モントリオール・ファンタジア映画祭やトロント・アフターダーク映画祭で上映されて、大きな反響を呼んだ[4][5]。テーブル中央にお飾りの様に横たわっているだけで微動だにしない“スシガール”が、最後に重要な意味を持ってくる。

1970年代ホラーの世界観を彷彿とさせる狂気と暴力が、クエンティン・タランティーノ作品へのオマージュを交えながら描かれた。『ネバーエンディング・ストーリー』のアトレイユ役で知られたノア・ハザウェイが、18年ぶりに俳優に復帰した作品。

あらすじ[編集]

強盗の罪で懲役刑に処せられたフィッシュは仲間について一切口を割らず、ただ1人罪を被って6年間服役し、ようやく出所の日を迎えた。

そんな彼の出所を祝うべく、昔の仲間デューク、クロウ、フランシス、マックスの4人が、寿司女体盛りを中央に据えたテーブルを用意してディナー・パーティーを開く。しかし彼らの関心は、6年前の事件で強奪したものの、消えてしまったダイヤの行方のみだった。フィッシュがそれを知っていると信じ込んでいる4人は、彼にダイヤのありかを吐かせようと、それぞれの手で情け容赦ない拷問を行なうが、フィッシュは「知らない」の一点張り。

すると4人の中に、この中の別の者が隠し持っているのではという疑心暗鬼が生まれ、やがて口論、ついには殺し合いに発展していく。

キャスト[編集]

ヨレヨレのブロンド長髪にメガネが特徴の男[6]

脚注[編集]