SWEAT & TEARS (THE ALFEEの楽曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
THE ALFEE > ディスコグラフィ > SWEAT & TEARS (THE ALFEEの楽曲)
SWEAT & TEARS
THE ALFEEシングル
初出アルバム『AGES(#1)
BEST SELECTION II(#2)』
B面 風よ教えて
リリース
ジャンル J-POP
レーベル F-LABEL
作詞・作曲 高見沢俊彦
チャート最高順位
THE ALFEE シングル 年表
風曜日、君をつれて
(1986年)
SWEAT & TEARS
(1986年)
ROCKDOM -風に吹かれて-(1986年)
収録アルバムAGES
SWINGING GENERATION
(4)
SWEAT & TEARS (re-mix)
(5)
ROCKDOM
-風に吹かれて-
(re-mix)
(6)
テンプレートを表示

SWEAT & TEARS」(スウェット・アンド・ティアーズ)は、1986年7月5日に発売されたTHE ALFEE23枚目のシングル

概要[編集]

本作以降、バンド名が正式に「THE ALFEE」となった(シングル・レコードのレーベルはまだALFEE)。

またジャケットは、神戸で行われたライブで撮影されたものである。

1986年8月3日に行われた夏の野外イベントTOKYO BAY-AREAのテーマソング及びこの年のツアータイトルにもなった。

表題曲は6分を超えており、アナログ盤時代の楽曲としては一番長い収録時間の作品となった。

リリース当時ザ・ベストテン歌のトップテン夜のヒットスタジオDELUXE等で「歌詞を端折れる部分がない」との理由で曲前インタビューの削除及びギターソロ短縮・転調後のイントロアウトロを削ることで出演を承諾。

霧のソフィア」以来2作振りに高見沢俊彦がリードヴォーカル。

2006年にリリースされたベスト盤『STARTING OVER 〜BEST HIT OF THE ALFEE〜』に収録されたメドレー「BEST HIT ALFEE 15」内のタイトル曲はパートごとにリードヴォーカルが異なる(Aメロ(坂崎)→Bメロ(高見沢)→サビ(坂崎)→Aメロ(桜井)→Bメロ(高見沢)→サビ(桜井)→Aメロ(高見沢)→大サビ(高見沢))。

タイトル曲は、アルバム『AGES』にリミックスされて収録。シングル・ヴァージョンはベストアルバム『THE ALFEE THE BEST』に初めて収録された。

2013年5月12日放送『新堂本兄弟』に、miwaももいろクローバーZが出演した際「SWEAT & TEARS」をカバー。

2013年7月31日の『FNSうたの夏まつり』でもmiwa、ももいろクローバーZと高見沢のセッションでカバー。

2014年7月13日放送『新堂本兄弟』#511 「高見沢さんの快適な老後を提案する超おせっかいツアー! in 京都」では、Kinki Kids、高見沢、西川貴教高橋みなみDAIGOがアカペラで披露した[1]

収録曲[編集]

  1. SWEAT & TEARS
  2. 風よ教えて

収録作品[編集]

品番[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]