SYSTEM12

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

SYSTEM12(システムトゥエルブ)は、ナムコが開発したプレイステーション互換のアーケードゲーム基板

概要[編集]

SYSTEM11の基本的なシステム構成(CPU「R3000A」、GPU、メモリー)をベースにしたプレイステーション上位互換基板。CPUの動作周波数を1.5倍に高速化したのを中心に、拡張命令を追加。メモリーの容量をさらに増量している[1]

初採用は1997年3月稼動開始の『鉄拳3』である[1]

仕様[編集]

  • CPU : R3000A 48MHz(SYSTEM11/プレイステーションは33.8688MHz)
  • メインメモリ : 2MB
  • ビデオメモリ : 2MB(プレイステーションは1MB)
  • サウンドメモリ : 512kB

主なタイトル[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『鉄拳3』ハード&ソフト開発スタッフインタビュー”. ノワーズ. ナムコ. 2016年3月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月9日閲覧。

関連項目[編集]