Sakura (ドラマー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Sakura
別名 sakura
生誕 (1969-11-20) 1969年11月20日(50歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都
ジャンル ロック
職業 ドラマー
ギタリスト
作詞家
作曲家
編曲家
音楽プロデューサー
担当楽器 ドラム
ギター
共同作業者 L'Arc〜en〜Ciel
1992年 - 1997年
ZIGZO
1999年 - 2002年
2012年 - 現在
SONS OF ALL PUSSYS
2002年 - 2006年
Lion Heads
2006年 - 2007年
Rayflower
2009年 - 現在
BY-SEX
2011年
THE MADCAP LAUGHS
2012年 - 現在
gibkiy gibkiy gibkiy
2016年 - 現在
公式サイト sakurazawayasunori.jp

Sakura(サクラ、本名:櫻澤 泰徳(さくらざわ やすのり)、1969年11月20日 - )は、日本ドラマーギタリスト音楽プロデューサーZIGZORayflower、THE MADCAP LAUGHS、gibkiy gibkiy gibkiyのドラマー。元L'Arc〜en〜CielSONS OF ALL PUSSYSのドラマー。元Lion Headsのギタリスト。東京都練馬区出身。L'Arc〜en〜Ciel在籍時から時折本名を名乗っていたほか、本名名義で活動することもある。

来歴[編集]

  • 1969年11月20日、東京都練馬区桜台に、三兄姉の末っ子として生まれる。
  • 1992年12月30日、インディーズのセッション・ドラマーとして様々なバンドに参加していた中、L'Arc〜en〜Cielのドラマーであったperoが脱退する。翌1993年1月16日に「大阪に来ませんか?」というtetsuyaの誘いに応え、バンドに正式加入。
  • 1997年2月24日覚醒剤取締法違反(覚醒剤所持)の現行犯で逮捕。この逮捕に伴いL'Arc〜en〜Cielは当面活動中止となった。同年5月懲役2年・執行猶予3年の判決が言い渡され、同年11月4日にsakuraはL'Arc〜en〜Cielからの脱退を正式に発表した。発表された脱退理由は「音楽性の違いのため」としている。
  • 1999年某日、元MALICE MIZERのTETSU(Vo)、元BY-SEXUALのRYO(G)とDEN(Ba)と共に、ZIGZO(ジグゾ)を結成。ドラマーとして完全復帰を果たす。シングル7作、アルバム3作をリリースし、数々のライヴ・イベント活動を行うが、2002年3月16日赤坂BLITZでのライブをもって解散。解散から9年経った2011年11月20日に、自身の誕生日ライブ「暗黒秋櫻」にてZIGZO再結成を発表。2012年3月17日、赤坂BLITZにてライブ「THE 2nd SCENE ZIGZO」開催し、本格的な活動を再開した。
  • 2002年、L'Arc〜en〜CielのギタリストであるkenとファッションモデルのEinと共にSONS OF ALL PUSSYSを結成する。同年8月9日の札幌KRAPS HALLでのライヴを皮切りに活動を開始。これまでにミニアルバム3作、シングル1作をリリースするが、2006年に開催されたライブイベント「天嘉-伍-」の出演以降、現在まで活動は行われていない。
  • 2002年頃から、SONS OF ALL PUSSYSと並行して、Sakura-Die-Nerima名義でLion Headsのギタリストとしても活動。2006年8月23日には、1stアルバム『白、黒、青、赤。』がリリースされた。
  • 2009年某日、SOPHIA都啓一らと共に、Rayflowerを結成。
  • 2011年8月17日、元BY-SEXUALのメンバーRYÖとDENと共にBY-SEXを再始動し、アルバム『ago』をリリース。 
  • 2012年5月25日高田馬場CLUB PHASEにて行われたライブ「暗黒秋櫻~番外編~」で、aie(deadmanthe studs)、清(INSIDE ME、森重樹一サポート)と共にTHE MADCAP LAUGHS結成を発表。
  • 2015年3月9日、「Drummerに音楽的にもパーソナリティにもスポットライトを」という趣旨の元、自身が主催するイベント「Busker Noir」を渋谷 RUIDO K2で開催。以後も定期的にイベントを行い、計13回開催している。
  • 2016年2月21日、kazuma(ex.Merry Go Round)、aie(THE MADCAP LAUGHS)、kazu(the god and death stars)と共に、gibkiy gibkiy gibkiyを結成。2014年には、kazumaとaieが結成したユニットhighfashionparalyzeとsakuraを合わせ、highfashionparalyze + sakura名義で国内ツアーを開催しており、これがバンドの前身となっている。

ライブサポート・レコーディング参加[編集]

  • 1991年8月6日、ロックバンド、the HAREM Qにドラマーとして参加し、アルバム『opium』をリリース。翌1992年にオムニバスアルバム『EMERGENCY EXPRESS'1992~surging the next crisis~』収録曲の「LOVE WITH ASPERITY」に参加。
  • 1993年2月24日、ロックバンド、DIE-KÜSSEにドラマーとして参加し、オムニバスアルバム『BRAINTRASH』収録曲の「Lunar Maria」に参加。
  • 1998年10月25日、ロックバンド、FAMEの2ndアルバム『FAME -StAnd by my Soul-』にサポートパーカッションとして参加。
  • 2002年から2006年まで、ロックバンド、MUCCプロデューサーを務める。
  • 2004年から2005年まで、恩田快人プロデュースの音楽ユニット、Halfway Musicにサポートドラムとして参加。2005年5月18日に発売された1stアルバム『Halfway Music』のレコーディングにも参加。
  • 2004年から2005年まで、TAMAMIZU(ex. CASCADE)のソロ活動に参加。ライブ会場限定で発売されたCD「犬の生活/ホテルスイートハイビスカス」のレコーディングにも参加。
  • 2004年から2008年まで、ロックバンド、シドのプロデューサーを務める。
  • 2005年に、音楽ユニット、day after tomorrowのテレビ出演時のサポートドラムとして参加。
  • 2005年3月13日YUKIYA(ex. D≒SIREJILS)のソロライブにサポートドラムとして参加。
  • 2005年3月16日TETSU69の楽曲「REVERSE」のレコーディングにドラム監修として参加。
  • 2005年5月25日HAKUEI(ex. PENICILLIN)のシークレットバンド、海賊のライブで臨時でサポートドラムとして参加。
  • 2007年に、SOPHIA都啓一豊田和貴が結成した、インストゥルメンタルバンド、スペースフィルターズのサポートドラムとして参加。2008年9月17日に発売された1stアルバム『the SPACE FILTERS I』のレコーディングにも参加。
  • 2007年に、倖田來未のテレビ出演時のサポートドラムとして参加。
  • 2007年4月25日柴咲コウの3rdアルバム『嬉々』収録曲の「嬉々」「regret」のレコーディングに参加。
  • 2007年8月1日、ロックバンド、ARMERIAのシングル「SUPER SONIC BLUE 〜Precious Thing〜」のレコーディングにプロデューサーとして参加。
  • 2008年に、kaoru主催のライブにて音楽ユニット、karasuとしてライブに参加。以後のライブにも定期的に参加している。2009年のライブでは種子田健が参加し3ピースとなった。
  • 2008年8月27日、ロックバンド、176BIZの2ndアルバム『Hello』のレコーディングにプロデューサーとして参加。
  • 2008年12月24日、ロックバンド、MELLOのミニアルバム『MELLO』収録曲の「彩撃のヴェクトル」のレコーディングに参加。
  • 2009年から2012年まで、ロックバンド、DEAD ENDMORRIEのソロプロジェクト、Creature Creatureのライブにもサポートドラムとして参加。
  • 2009年から2012年まで、ロックバンド、CIRCUIT9のサウンドプロデューサーを務める。
  • 2009年6月17日GACKTの32ndシングル「Faraway 〜星に願いを〜」の表題曲のレコーディングに参加。
  • 2009年6月24日、GACKTの33rdシングル「LOST ANGELS」収録曲の「No Reason」のレコーディングに参加。
  • 2013年9月27日富樫春生率いるジャズ・ファンクグループ、梵鉾!/Bom'Bocoのライブに参加。以後のライブにも定期的に参加している。

作品[編集]

バンド・ユニット[編集]

L'Arc〜en〜Ciel[編集]

ZIGZO[編集]

SONS OF ALL PUSSYS[編集]

Lion Heads[編集]

Rayflower[編集]

BY-SEX[編集]

発売日 タイトル 規格 品番
アルバム 2011年8月17日 ago CD RDSR-70000

THE MADCAP LAUGHS[編集]

発売日 タイトル 規格 品番
アルバム 2014年6月18日 THE MIDNIGHT LOVE CD TMCL-001

gibkiy gibkiy gibkiy[編集]

シングル[編集]
発売日 タイトル 規格 品番
1st 2016年9月11日
(ライブ会場限定商品)
I LOVE YOU CD PMGG-002
2nd 2018年10月31日
(ライブ会場限定商品)
CD PMGG-006
3rd ‪2019年4月10日
(ライブ会場限定商品)
強いられた無から孔から穴へ、マッチポンプの兎は屍 CD PMGG-008
4th 2019年12月20日
(ライブ会場限定商品)
そして其れは半神半人、顔が墜ちて「c」では無くなりました。 CD PMGG-009
アルバム[編集]
発売日 タイトル 規格 品番
1st 2016年2月24日 不条理種劇 CD PMGG-001
2nd ‪2017年8月9日 In incontinence CD PMGG-004
ライブアルバム 2018年6月12日
(ライブ会場限定商品)
LIVE AT CAM HALL CD PMGG-005
映像作品[編集]
発売日 タイトル 規格 品番
1st 2016年7月1日
(ライブ会場限定商品)
不完全変態種 DVD PMGD-001

書籍[編集]

種別 発売日 タイトル 発行
単行本 2002年5月18日 SAKURAのDRUMSWORKS QUICK REFERENCE シンコー・ミュージック
単行本 2002年5月31日 櫻澤の本気 音楽専科社

人物[編集]

  • ドラムを始めたきっかけは「数ある楽器の中で、自分にとってドラムが一番簡単そうに見えたから」で、「今は後悔している(これはドラムが簡単ではなく奥が深かった、という意味で)」とも本人は語っている。
  • レコーディングでは微妙な周波数の違い、音の広がりにまでこだわる。L'Arc〜en〜Cielに在籍していた頃は、レコーディングセットのチューニングを曲ごとに激しく変えたり、マイクのセッティングなどもとことんまでこだわっていた。
  • を好み、インテリアやカーテン、衣服、ドラム・スティックに至るまで黒色である。髪の色も黒だが、ZIGZOのラストライブの時には銀色に染めていた。
  • 人前で歌うのが苦手らしく、ボーカルを取ることは無い。ただし、L'Arc〜en〜Cielの楽曲「予感」「I'm so happy」などではコーラスを担当し、SONS OF ALL PUSSYSでは、アルバム『high』の収録曲「S.O.A.P. 100%」でラップを披露している。
  • プロレス好きでプロレス雑誌を毎週読んでいる事を歌で明かされた。
  • L'Arc〜en〜Cielに加入する以前は、セッション・ドラマーとして、Speak easy、the HAREM Q、DIE-KÜSSE、Smell of the Bananaなどのバンドに参加していた。
    • ロックバンド、DEAD ENDローディーをやっていた時期もあり、DEAD ENDのメンバーがtetsuya(L'Arc〜en〜Ciel)がバイトしていた店に出入りしていたことから、tetsuyaと直接知り合ってはいないものの同じ空間に居合わせていたことがあった。
  • L'Arc〜en〜Ciel時代には、よく花をモチーフとしたペイントを上半身から顔にかけて描いていた。刺青にしなかった理由は「(刺青は)痛いし、あとで黒じゃなくなるのが嫌だから」。
  • ken(L'Arc〜en〜Ciel、SONS OF ALL PUSSYS)同様、演奏中に喫煙することがあり、「Blurry Eyes」のミュージック・ビデオで確認できる。2011年現在、ガラム・メンソールとセブンスターを愛煙。2017年、電子タバコを吸っているところも確認されている。ちなみに、kenが喫煙しているのを確認できるのはsakura脱退後であり、sakura脱退をきっかけに演奏しながら喫煙し始めたと言われている。
  • L'Arc〜en〜Cielを脱退した今でもバンドメンバーと親交があり、度々ライブで共演している。ちなみに、自身と入れ替わるかたちでのメンバーとなったyukihiroは、kenとsakuraがSONS OF ALL PUSSYSとして主宰したライブイベント「BUBBLE FESTiVAL」に出演したことがある。
    • hyde - 2003年に開催されたHYDEのソロライブツアー「2004 FIRST TOUR 666」にドラマーとしてゲスト参加し、L'Arc〜en〜Cielの楽曲「I'm so happy」を披露。他にも、2018年に行われたHYDE主宰のライブイベント「HALLOWEEN PARTY 2018」に出演し、「Entichers」を披露。
    • ken - KenとファッションモデルのEinと共に、ロックバンド、SONS OF ALL PUSSYSを結成し活動。2016年、2017年に行われたKen主宰のライブイベント「PARTY ZOO 〜Ken Entwines Naughty stars〜」及び「PARTY ZOO 2017」に出演している。
    • tetsuya - 2005年にソロ名義TETSU69としてリリースした楽曲「REVERSE」のレコーディングに参加。2006年には音楽雑誌「R&R NEWSMAKER」(2006年10月号)で対談している他、2019年に行われたライヴイベント「中村佳嗣生誕五十年記念祭」に2人揃って出演し、「Dune」を含めた3曲のセッションを披露。

機材[編集]

  • 2011年現在、2005年に製作したPearlのカスタム・モデルを愛用。内面にカーボンクロスを貼り付けた6プライ・メイプル。22"×22"BD、10"×8"TT、12"×8"TT、14"×12"TT、16"×12"TT。BDのレッグを外し、バスドラムアンカーを付けている。ラックを導入しているが、スタンド類はストレートで統一。TOSHI NAGAIモデルのスネアドラムもお気に入りであるらしい。
  • 2012年のZIGZO再結成公演では、海外発注したというPearlのアクリル製キットを使用。24"×16"BD、14"×8"TT、16"×16"FT、18"×16"FT。タムとライドシンバルを、バスドラムに取り付けたホルダーからセッティングしている。
  • シンバルスタンドはフラット・ベース・タイプを愛用。
  • L'Arc〜en〜Ciel時代、「flower」のミュージック・ビデオで確認できるキャノンタムはビル・ブラッフォードからの影響。
  • L'Arc〜en〜CielからZIGZO時代にかけ、26インチのベースドラムを愛用していた。当時はドラムシェルが全てメイプルで、ワンバスの代わりに多種多数のタム、シンバルが組まれていた。特にインディーズ時代と、ヘブンリーツアーファイナルでは、後任のyukihiroにも匹敵するほどの多点セットを組み込んでいた。
  • sakura仕様スティックはメイプル素材。sakuraデザインのトライバル風文様が描かれている。現在のスティックはヒッコリー素材。sakura氏はスティックの素材について「メイプルの音は繊細で好きだけど潔く折れる。ヒッコリーは折れても何とか形は残る」といった言及をしたことがある。
  • Pearlから発売されている、第一線で活躍するドラマー達によるColors Infinity Snare Drums Collectionの、自らがデザインしたスネアを、ドラムレッスンで生徒が持っていたのを見て、「自分が持っていなかったら買ってくれたキッズ達をガッカリさせることになる」と言って自らもPearlから取り寄せ、Instagramにアップした。Masters Maple Completeの6プライ14"5.5"で、フープ等の色はPearlの忖度で黒色で届いた。2017年12月、Rayflowerの新潟公演のライブで使用した。また、150種あるデザインの中からsakura氏のデザインしたスネアが人気投票1位になっている。

バンド遍歴[編集]

  • the HAREM Q
  • DIE-KÜSSE
  • L'Arc〜en〜Ciel(1992年 - 1997年)
    • D'ARK〜EN〜CIEL (1996年)
  • ZIGZO(1999年 - 2002年、2012年 - 現在)
  • SONS OF ALL PUSSYS(2002年 - 2006年)
  • Lion Heads(2006年 - 2007年)
  • Rayflower(2009年 - 現在)
  • BY-SEX(2011年)
  • THE MADCAP LAUGHS(2012年 - 現在)
  • gibkiy gibkiy gibkiy(2016年 - 現在)

関連項目[編集]