サム・バーンズ (ゴルファー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
No image.svg Sam Burns Golf pictogram.svg
基本情報
名前 Sam Burns
生年月日 (1996-07-23) 1996年7月23日(23歳)
身長 6 ft 1 in (1.85 m)
体重 185 lb (84 kg; 13.2 st)
出身地 ルイジアナ州シュリーブポート
経歴
テンプレートを表示

サミュエル・ホランド・バーンズ英語: Samuel Holland Burns1996年7月23日 - )は、アメリカ合衆国プロゴルファールイジアナ州立大学でカレッジゴルフに出場し、現在は男子プロゴルフ「PGAツアー」に参加している。

アマチュア時代[編集]

バーンズはルイジアナ州シュリーブポートにてトッド・バーンズ (Todd Burns) およびベス・バーンズ (Beth Burns) の子として誕生した。彼はカルヴァリー・バプテスト・アカデミー英語版でゴルフキャリアを開始し、州の競技大会で3度の個人優勝をした。彼は2014年に全米ジュニアゴルフ協会英語版の「AJGAロレックス・ジュニア・プレイヤー・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。

バーンズはルイジアナ州立大学に進み、カレッジゴルフに出場した。彼は2年生の時にトーナメント15戦に出場し、4つのトーナメントで優勝した。彼は全米選抜チームのメンバーに選出され、また全米大学体育協会主催のNCAA男子ゴルフ選手権1部で「ジャック・ニクラウス・ナショナル・プレイヤー・オブ・ザ・イヤー」を受賞した[1]

2017年、バーンズは大学生ゴルファーの全米選抜と世界選抜による男女混合対抗戦「アーノルド・パーマー・カップ英語版」に、全米選抜のメンバーとして出場した。またPGAツアーバルバソル選手権英語版への出場も認められ、6位タイの成績を残した[2][3]

プロ時代[編集]

2017年10月、バーンズはPGAツアーのサンダーソンファームズ選手権英語版でプロデビューし、43位タイの成績で終わった[4]。彼は翌週のシュライナーズ・ホスピタルズ・フォー・チルドレン・オープン英語版にも出場し、20位タイの成績を残した。

2018年シーズン、バーンズはPGAツアーのクオリファイングトーナメントであるウェブドットコムツアーに参加し、最初の12戦でファイナルズへの出場権を獲得した。彼はファイナルズで10位タイの成績を残した[5]。彼は2018年2月のクラブ・コロンビア選手権英語版で2位タイ。同月末のザ・ホンダ・クラシックでは最終ラウンドをタイガー・ウッズと回り、7位タイの結果となった。バーンズは翌月のバルスパー選手権の出場権も獲得し、12位タイの成績を残した[6]

バーンズは2018年4月、ウェブドットコムツアーのサヴァンナ・ゴルフ選手権英語版でプロ初勝利を挙げた。彼は最後の3ホールで連続バーディーを決め、ロベルト・カストロ英語版に1ストローク差で勝利した[7]

アマチュア優勝[編集]

  • 2014年
    • AJGAロレックス・トーナメント・オブ・チャンピオンズ
    • ジュニアPGAチャンピオンシップ
  • 2016年
    • デビッド・トムズ・インターカレッジ
    • サン・ボウル・ウェスタン・リファイニング大学全米ゴルフクラシック
  • 2017年
    • ルイジアナ・クラシック
    • NCAAバトン・ルージュ・リージョナル

プロ優勝[編集]

ウェブドットコムツアー優勝[編集]

項番 日付 大会 優勝スコア 打差 2位
1 2018年4月1日 サヴァンナ・ゴルフ選手権英語版 72-65-65-65=267 −21 1打差 アメリカ合衆国の旗 ロベルト・カストロ

主要大会成績[編集]

大会 2016年 2017年 2018年 2019年
マスターズ・トーナメント - - - -
全米オープン CUT - T41 -
全英オープン - - - -
全米プロゴルフ選手権 - - - T29
  •  -  Did not play
  • CUT = missed the half-way cut
  • "T" indicates a tie for a place

アメリカ代表[編集]

アマチュア時代
  • ジュニア・ライダー・カップ英語版 - 2014年(優勝)
  • アーノルド・パーマー・カップ英語版 - 2017年(優勝)

関連項目[編集]

  • 2018 Web.com Tour Finals graduates英語版

参考文献[編集]

  1. ^ “Sam Burns named Nicklaus Player of the Year”. The Advocate. (2017年6月1日). http://www.theadvocate.com/baton_rouge/sports/lsu/article_18da3f5e-472b-11e7-ad64-2f935c7371a2.html 2018年2月25日閲覧。 
  2. ^ Casey, Kevin (March 16, 2017). “Sam Burns, Hannes Ronneblad highlight 2017 Palmer Cup selections”. Golfweek. http://golfweek.com/2017/03/16/sam-burns-hannes-ronneblad-highlight-2017-arnold-palmer-cup-selections/ 2018年2月25日閲覧。. 
  3. ^ Lang III, Roy (2017年7月23日). “Sam Burns captures 6th place at Barbasol on PGA Tour”. Montgomery Advertiser. http://www.montgomeryadvertiser.com/story/sports/golf/2017/07/23/sam-burns-shreveport-lsu-barbasol-championship-pga-tour/103939058/ 2018年2月25日閲覧。 
  4. ^ DiMeglio, Steve (2017年10月24日). “Dustin Johnson headlines strong field at WGC event in Shanghai”. USA Today. https://www.usatoday.com/story/sports/golf/2017/10/24/dustin-johnson-headlines-strong-field-wgc-event-shanghai/795520001/ 2018年2月25日閲覧。 
  5. ^ Martin, Sean (2017年12月29日). “Players to Watch: No. 3, Sam Burns”. PGA Tour. 2018年2月25日閲覧。
  6. ^ Herrington, Ryan (March 11, 2018). “Late stumble at Innisbrook puts Sam Burns' plans to join PGA Tour on hold ... for now”. Golf Digest. https://www.golfdigest.com/story/late-stumble-at-innisbrook-puts-sam-burns-plans-to-join-pga-tour-on-hold-for-now 2018年3月12日閲覧。. 
  7. ^ Rabalais, Scott (2018年4月1日). “Former LSU golfer Sam Burns birdies final three holes for Web.com Tour victory, his first”. The Advocate. http://www.theadvocate.com/baton_rouge/sports/lsu/article_3d26563a-360a-11e8-a289-1ba21d4d2f82.html 2018年4月2日閲覧。