Melty tale storage

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
茅原実里 > 茅原実里の作品 > Melty tale storage
Melty tale storage
茅原実里シングル
初出アルバム『Parade
Unification2 Melody from Minori Chihara〜nostalgia〜
Minori Chihara Live Tour 2011 〜Key for Defection〜 LIVE CD+PHOTO BOOK
Unification3 Melody feat Minori Chihara
Minori Chihara B-side Collection
B面 Sandglass〜記憶の粒子
Echo of Melty tale storage[red strings ver.]
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
時間
レーベル Lantis
作詞・作曲 畑亜貴(作詞)
菊田大介(作曲 )
プロデュース 斎藤滋
チャート最高順位
茅原実里 シングル 年表
君がくれたあの日
2007年
Melty tale storage
(2008年)
雨上がりの花よ咲け
(2008年)
Parade 収録曲
そのとき僕は髪飾りを買う
(6)
Melty tale storage
(7)
蒼い孤島
(8)
Unification2 Melody from Minori Chihara〜nostalgia〜 収録曲
詩人の旅
(2)
Melty tale storage
(3)
Sunshine flower
(4)
Minori Chihara Live Tour 2011 〜Key for Defection〜 収録曲
MC 01
(6)
Melty tale storage
(7)
Last Arden
(8)
Unification3 Melody feat Minori Chihara 収録曲
Celestial Diva
(3)
Melty tale storage
(4)
純白サンクチュアリィ
(5)
Minori Chihara B-side Collection 収録曲
IDENTITY
(6)
Sandglass〜記憶の粒子
(7)
勇気の鼓動
(8)
テンプレートを表示

Melty tale storage」(メルティー・テイル・ストレージ)は、茅原実里の楽曲。彼女の3枚目[注 1]シングルとして2008年3月26日Lantisから発売された。

概要[編集]

前作「君がくれたあの日」から約9ヶ月ぶりのリリースであり、2008年1作目のシングル。

公式サイトでは、茅原の新たな一歩と位置づけられており、楽曲については「物語」をテーマに描いた"回り続ける壮大な「想い」を表現した歌詞世界"、"「歌声」を通して表現した壮大な「愛の伝説」"と紹介されている。茅原自身は自らのブログで、「私自身は物語の語り手であり主人公」と綴っていた[1]

「Melty tale storage」曲中で幾度も用いられている何重にも重なったコーラスは、7時間かけて制作された。尚収録されている「Echo of Melty tale storage[red strings ver.]」は、曲の一部にアレンジを加えてコーラスを重視した裏ヴォーカル・バージョンになっている。

表題曲の「Melty tale storage」は、テレビ埼玉系列の情報番組アニたま』の2008年4月度のエンディングテーマとして使用されている。また、初のテレビ番組のタイアップとなった。

ランティス公式サイト内特集ページでミュージッククリップをワンコーラス視聴できる。また、GyaOにおいてフルコーラスバージョンが期間限定配信された。

タイトルの「Melty tale storage」は、作品の紹介や歌詞の内容、タイトルに使用される単語の意味から、「オルゴール」や「時計」、「地球」など、他の意味を幾重にも重ねたタイトルとなっている。ちなみに「Melty」は、「Melt」を抽象名詞化した造語である。 カップリング曲の初回限定はスリープパッケージ仕様となっている。また、PVが製作されており、2009年2月4日発売の『Message 02』に新規収録されている。

収録曲[編集]

  1. Melty tale storage [5:52]
    作詞:畑亜貴、作曲・編曲:菊田大介
    架空の物語を想定して製作された楽曲であり、運命的に報われることのない恋の歌という悲しい楽曲で、二度と会う事が出来ない人への辛い思いを断ち切れず苦しみ続ける孤独な1人の女性の魂の叫びが描かれており、茅原は語り手と主人公の2つの顔を持って臨んだレコーディングであったという[2]
    2008年1作目なので新しい自分を見せたいという、今までと違った茅原実里を見せていくテーマになっている。その為昨年の楽曲とは違った雰囲気の曲になったという[2]
    茅原は、2番の途中から入る弦のソロが美しく悲しくて泣けてくるという。また、楽曲の中にある異国の雰囲気というのが新鮮であり、茅原としては新たなアプローチが出来たのではないかと語っている[2]
    今までは早いテンポの楽曲が多かったので、茅原としてはテンポが遅く感じたので聴かせる事が出来る歌にしようという目標があったため、レコーディングには時間がかかったという。コーラスを幾重にも重ねたり、サビの部分は歌がくるくるしていたので撮る部分が凄く多かったので、丁寧に進めていったという[2]
    この楽曲を聴いて、茅原自身不思議に感じており自分でもどこまでも広がっていくような掴みづらい、聴けば聴くほど受ける印象が変化して、最初は女性の苦しさというイメージであったが、心が洗われるような穏やかな気持ちになり、改めて音楽が面白いと感じたと語っている[2]
  2. Sandglass〜記憶の粒子 [5:07]
    作詞:こだまさおり、作曲:俊龍、編曲:中西亮輔
    「せつなさ」をテーマにした楽曲で、「恋への臆病さを描かいた物語」となっている。[要出典]
  3. Echo of Melty tale storage[red strings ver.] [7:50]
    作詞:畑亜貴、作曲・編曲:菊田大介
  4. Melty tale storage(offvocal
  5. Sandglass〜記憶の粒子(off vocal)

収録作品[編集]

CD[編集]

楽曲 発売日 タイトル 備考
Melty tale storage 2008年11月26日 Parade 2枚目のオリジナルアルバム。
2011年2月23日 Unification2 Melody from Minori Chihara〜nostalgia〜 Crustaceaの2枚目のカバー・アルバム
2011年8月26日 Minori Chihara Live Tour 2011 〜Key for Defection〜 LIVE CD+PHOTO BOOK 1枚目のライブ・アルバム
2012年12月26日 Unification3 Melody feat Minori Chihara Crustaceaの3枚目のカバー・アルバム。
Sandglass〜記憶の粒子 2013年3月13日 Minori Chihara B-side Collection 1枚目のベスト・アルバム

DVD、Blu-ray Disc[編集]

発売日 タイトル 備考
Melty tale storage
2009年2月4日 Message 02 2作目のミュージッククリップDVD
2009年6月24日 Minori Chihara Live Tour 2009 〜Parade〜 LIVE DVD 2作目のライブ・ビデオ。
2009年8月26日 Minori Chihara Live Tour 2009 〜Parade〜 LIVE Blu-ray
2010年11月10日 Minori Chihara Live Tour 2010 〜Sing All Love〜 LIVE DVD/Blu-ray 3作目のライブ・ビデオ。
Sandglass〜記憶の粒子
2009年6月24日 Minori Chihara Live Tour 2009 〜Parade〜 LIVE DVD 2作目のライブ・ビデオ。
2009年8月26日 Minori Chihara Live Tour 2009 〜Parade〜 LIVE Blu-ray

クレジット[編集]

Performed by 茅原実里
Producer 斎藤滋Lantis
Mixing engineer 浅野浩伸
Recording engineer 白井康裕
奥田基樹
Studio Magic Garden
ソニー乃木坂スタジオ
Studio City
Design producer 小島冬樹(Lantis)
Art direction & design 田中勤郎(Sony Music Communications)
Assistant design 栗田沙耶佳(Sony Music Communications)
Photography Marceli Reiji Ando
Styling 中村実樹
Hair & Make-up CHICA
Executive promoter 松村起代子(Lantis)
Promotion leader 鈴木めぐみ(Lantis)
Promotion 岩下由希恵(Lantis)
Sales promotion 杉谷恵美(Lantis)
Promotion desk 由崎彩
濱田邦子(Lantis)
Artist management 瀬野大介(avex Planning & Development
Thanks Elements Garden
HOT WAVE
Supervisor 本多健二(avex Planning & Development)
Executive supervisor 伊藤善之
Executive producer 井上俊次(Lantis)
青木義人(avex Planning & Development)
Very special thanks ALL FANS

参加ミュージシャン[編集]

Echo of Melty tale storage[red strings ver.]
Guitars 飯塚昌明
Violin 篠崎正嗣

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 歌手活動再開前の「ずっと...一緒/負けない〜一途バージョン〜」を含めると通算4作目。

出典[編集]

  1. ^ minorhythm(茅原実里) (2008年2月11日). “タイトル決定♪”. 茅原実里blog. 2011年11月24日01:12閲覧。
  2. ^ a b c d e 茅原実里のradio minorhythm』第80回より。[出典無効]