Sareee

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Sareee
Sareeeの画像
プロフィール
リングネーム Sareee
本名 藤村 沙里
ニックネーム 太陽神
身長 158cm
体重 60kg
誕生日 (1996-03-31) 1996年3月31日(24歳)
出身地 東京都板橋区
所属 WWE
トレーナー 伊藤薫
井上京子
デビュー 2011年4月17日
里村明衣子
テンプレートを表示

Sareee(サリー、1996年3月31日 - )は、日本の女子プロレスラー。本名:藤村 沙里(ふじむら さり)。

所属[編集]

経歴[編集]

デビュー前[編集]

2011年
  • 2月10日、ワールド女子プロレス・ディアナ旗揚げを控えたプロテストを受験。前日の練習で第二横突起亀裂骨折しながらもスクワット1000回をクリアし合格[2]
  • 3月2日、リングネームが「Sareee」に決まる[3]。由来は沙里をローマ字表記に変え、井上がファンであったGReeeeNの影響を受けて「e」を三つ重ねたもの[4]
  • 4月10日、駒沢ワールドアリーナでの東日本大震災チャリティーイベントで青野敬子とエキシビション。

ディアナ時代[編集]

  • 5月10日川崎市体育館大会、野崎渚の解雇処分で対戦相手が宙に浮いたアジャコングの指名により、アジャと対戦。10分以上戦い抜いた末に敗戦するも、アジャのフィニッシュホールドである垂直落下式ブレーンバスターを出させる事に成功。
2012年
  • 4月20日、北沢大会で川佐と再戦し、ジャックナイフでシングル初勝利。
2013年
2014年
  • 4月20日、JWP後楽園大会で勝愛実の持つ二冠王者に挑戦し裏投げ3連発で勝利。悲願の初タイトル獲得となった。
2015年
  • 2月、体調不良により欠場。
2016年
  • 5月5日、後楽園ホールでの5周年記念大会のメインで、デビュー5周年記念試合を行うが、SEAdLINNNG世志琥にダイビングセントーンで敗れる[5]
2017年
  • 2月1日2月26日のディアナ後楽園ホール大会を最後にSEAdLINNNGへ移籍することを発表[6]

SEAdLINNNG時代[編集]

  • 3月16日、SEAdLINNNG後楽園ホール大会、世志琥戦にて新技Sareeeスープレックスを初披露。
  • 9月18日、ディアナに復帰することを発表[8]

ディアナ復帰[編集]

  • 10月20日、ディアナ新宿FACE大会に於いて、伊藤薫戦でディアナ復帰。この対戦で鎖骨を骨折し欠場。
2018年
  • 1月14日、ディアナラゾーナ川崎プラザソル大会に於いて、井上京子と組んで堀田祐美子&薮下めぐみ戦にて復帰。当初1年間の欠場を余儀なくされるとのことだったが、驚異の回復力で3か月弱での復帰となる。
  • 1月25日、板橋区立グリーンホールに於いて、伊藤薫と組んで井上京子&勝愛実戦にてSareee地元凱旋記念マッチを行う。
  • 3月11日、板橋区立グリーンホール、デビュー7周年興行に於いて、伊藤薫と組んで井上京子&山下りな戦にて井上京子より直接勝利し、5月5日後楽園でのW.W.W.D世界シングル選手権への挑戦を表明。
  • 5月5日、ディアナ後楽園ホール大会にて井上京子の持つW.W.W.D世界シングル選手権に挑戦。惜しくも敗れるがすぐさま再挑戦を要求、井上京子もこれを受諾し再戦へとなる。
  • 7月22日、ディアナカルッツかわさき大会にて井上京子の持つW.W.W.D世界シングル選手権にて勝利を収め第8代W.W.W.D世界シングルチャンピオンとなる。
  • 11月11日、ディアナ第13回25“D”ホームマッチに於いて、Sareee&志田光&橋本千紘vsアジャコング&井上京子&伊藤薫戦に引き分ける。試合後、初防衛戦の相手にアジャコングを指名して12月20日の新宿FACE大会にて初防衛戦決定。
  • 12月15日、センダイガールズ仙台PIT大会に於いて、時のセンダイガールズワールドタッグチャンピオンシップ王者チーム橋本千紘&岩田美香に里村明衣子とのタッグで勝利。試合終了後、Sareeeのアピールにより、1月6日のセンダイガールズ新宿FACE大会にて橋本千紘のセンダイガールズワールドチャンピオンシップに挑戦決定。
  • 12月20日、ディアナ新宿FACE大会でアジャコングに敗れW.W.W.D世界シングル選手権初防衛失敗。試合後に再戦アピール、ノールールという条件付きで再戦決定。
2019年
  • 1月6日、センダイガールズ新宿FACE大会に於いて橋本千紘のセンダイガールズワールドチャンピオンシップに挑戦するもオブライトで敗退
  • 2月11日、ディアナ新木場1stRINGで、アジャコングのW.W.W.D世界シングル選手権に挑戦。ノールールマッチで行われた1戦に裏拳からの片エビ固めで敗れる。初防衛成功のアジャコングのアピールにより、次期挑戦者決定リーグ戦が決定。
  • 2月17日、ディアナ大阪・大正区民ホール、W.W.W.D世界シングル選手権次期挑戦者決定リーグ戦で橋本千紘と引き分ける。
  • 2月24日、ディアナ25"D"スタジオに於いて、W.W.W.D世界シングル選手権次期挑戦者決定リーグ戦で佐藤綾子に裏投げからの片エビ固めで勝利。
  • 3月10日、デビュー8周年&地元凱旋興行を板橋区立グリーンホールにて行う。8周年地元凱旋&梅咲遥デビュー戦として、Sareee&梅咲遥vs彩羽匠&星月芽依戦に引き分ける。
  • 3月24日、ディアナ25"D"スタジオにて、W.W.W.D世界シングル選手権次期挑戦者決定リーグ戦で井上京子に勝利。この結果を持ってアジャコングのW.W.W.D世界シングル選手権次期挑戦者に決定。
  • 4月16日、センダイガールズ後楽園ホール大会にて、デビュー戦の相手でもある里村明衣子との3度目のシングルマッチ、裏投げからの片エビ固めで初勝利。
  • 5月12日、ディアナ後楽園ホール大会にて、アジャコングのW.W.W.D世界シングル選手権に挑戦し勝利、W.W.W.D世界シングル選手権2度目の戴冠。
  • 5月27日、センダイガールズ仙台PIT大会にて、橋本千紘に挑戦アピール、橋本千紘のセンダイガールズワールドチャンピオンシップとのダブルタイトルマッチを熱望。後日決定。
  • 6月8日、センダイガールズ新潟市体育館にて、橋本千紘とW.W.W.D世界シングル&センダイガールズワールドチャンピオンシップダブルタイトルマッチ。この日、初公開となるリストクラッチ式裏投げで勝利、W.W.W.D世界シングル選手権&センダイガールズワールドチャンピオンシップ2冠チャンピオンになる。
  • 6月9日、センダイガールズ新木場1stRING、Sareee&優宇vs岩田美香&ハイジ・カトリーナ戦にて、パートナーの優宇が岩田美香に敗れる。試合後、岩田のアピールにより、7月7日センダイガールズ後楽園大会にてSareeevs岩田美香タイトルマッチ決定。
  • 6月20日、センダイガールズ宮城野区文化センター大会にて、岩田美香欠場発表に伴い7月7日センダイガールズワールドチャンピオンシップの挑戦者がDASH・チサコに変更になることが決定。
  • 7月7日、センダイガールズ後楽園大会にてセンダイガールズワールドチャンピオンシップ初防衛に成功。
  • 12月3日、新宿FACEにおいて、初の自主興行~Sareee’s Special Night~を主催。メインイベントで朱里と組んで岩谷麻優&彩羽匠組と対戦し引き分ける[10]

WWE挑戦[編集]

2020年
  • 1月22日週刊プロレス読者&週プロモバイルユーザーによる投票により選定されるプロレスグランプリ2019において、女子プロレスグランプリを受賞[12]
  • 11月9日、ストロングスタイルプロレス神田明神大会において、正式に佐山サトルより、ストロングスタイル&チャリティー精神を認可・伝承され、初代タイガーマスクから伝承のマスクを贈呈された[16]。同大会にて、世志琥とのタッグチーム鬼と金棒(通称オニカナ)で参戦、伝説のヒールユニットZAPと対戦し、SareeeがZAP-Iより勝利[17]
  • 11月21日、プロレスリングwave新宿FACE大会において、DUAL SHOCK WAVE 〜3WAYトーナメント〜にMarvelous所属のとのタッグチームスト魂で参戦し、優勝[18]。12月27日wave後楽園大会で行われるWAVE認定タッグ王座への挑戦が決定[19]
  • 12月9日、SEAdLINNNG新木場1stRING大会において、中島安里紗藤本つかさの持つBEYOND THE SEA TAG TEAM王座に世志琥と組んで挑戦し、Sareeeが中島安里紗を破り第7代王者となった[20]
2021年
  • 1月17日、コロナ禍で約1年遅れていた渡米が決定し、日本での試合は1月22日SEAdLINNNG新木場大会を最後に渡米の準備に入ることを自身のSNSで報告[21]
  • 1月19日、福祉活動の一環として一般社団法人レスキュードアニマルネットワーク湘南台シェルターを訪問し、平井丈雅リアルストロングスタイルプロレス代表と共に支援物資を贈呈[22]
  • 1月22日、SEAdLINNNG新木場1stRING大会において、高橋奈七永&中島安里紗相手にBEYOND THE SEA TAG TEAM王座2度目の防衛戦を行うも、パートナーの世志琥が3カウントを奪われ防衛ならず。この試合をもってWWE Count Downを終了し、Sareee第一章が完結した[23]

得意技[編集]

リストクラッチ式裏投げ
正面から相手の左腕を捕らえ、そのまま右脇下に自らの頭部を差し込んで組み付き、後方へ反り投げることで相手を後頭部からマットに突き刺すリフトクラッチ式の変形裏投げ。栗原あゆみから伝授された裏投げを改良したもの。
ジャーマンスープレックス
裏投げ

入場曲[編集]

獲得タイトル[編集]

メディア出演[編集]

映画[編集]

雑誌モデル[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 15歳Sareeeがデビュー/ディアナ - 日刊スポーツ 2011年4月17日
  2. ^ プロテスト結果 2.10 - ワールド女子プロレス・ディアナ 最新情報・ニュース 2010年2月10日
  3. ^ 藤村沙里のリングネーム、怪我の状況について 3.2 - ワールド女子プロレス・ディアナ 最新情報・ニュース 2010年3月2日
  4. ^ 週刊プロレスEXTRA 女子プロレスエロカワ主義IV
  5. ^ 世志琥が「ディアナ」5周年大会で主役強奪! 東スポWeb 2016年5月6日
  6. ^ 【ディアナ】Sareeeが退団発表 2・26後楽園でラストマッチ”. 東スポWEB (2017年2月1日). 2017年2月1日閲覧。
  7. ^ 【SEAdLINNNG】Sareee選手、SEAdLINNNG退団。9.18に高橋奈七永 vs Sareeeシングルマッチ追加
  8. ^ https://ameblo.jp/joshi-puroresu-magazine/entry-12312054841.html?frm_src=thumb_module
  9. ^ 蝶野 Sareeeの直訴にSTF使用快諾 - 東京スポーツ 2019年12月03日
  10. ^ 【Sareee自主興行】 ~Sareee’s Special Night~<全試合結果> - プロレスTODAY 2019年12月4日
  11. ^ 【ディアナ】Sareeeの今後について団体が発表、本人もコメント!”. プロレスTODAY (2020年2月10日). 2020年5月23日閲覧。
  12. ^ 週プロ「プロレスグランプリ2019」 - KAKUTO LOG 2020年1月22日
  13. ^ Sareee、米WWE入団を発表「頂点を目指す」”. 日刊スポーツ (2020年2月23日). 2020年5月23日閲覧。
  14. ^ 所属はWWE! Sareee異例の許可で国内活動を再開 - 東京スポーツ 2020年8月07日
  15. ^ Sareeeがアントニオ猪木氏にWWE参戦を報告「猪木さんのように殿堂入りできるように頑張ります!」 - ENCOUNT編集部 2020年02月29日
  16. ^ 初代タイガーマスクがWWEへ旅立つSareeeへストロングスタイル&チャリティー精神の伝承マスクを贈呈 - バトルニュース 2020年11月09日
  17. ^ 【試合詳細】11・9 ストロングスタイルプロレス神田明神ホール大会 - バトルニュース 2020年11月09日
  18. ^ 「KABUKI-CHO WEEK ENDER Nov.」試合結果 - プロレスリングwave 2020年11月21日
  19. ^ wave12・27後楽園大会でボスマミvsストダマのタイトルマッチ決定! - プロレスリングwave 2020年11月23日
  20. ^ 【シードリング】Sareee「ここからがスタートライン」 世志琥とベストフレンズ粉砕しタッグ王座奪取! - 東京スポーツ 2020年12月09日
  21. ^ 『皆様にご報告です』Sareee-Twitter”. 2021年1月17日閲覧。
  22. ^ 初代タイガーマスク伝承特別マスク携えたSareee、レスキュードアニマルネットワークへ支援物資贈呈!! - 週刊ファイトWeekly Fight 2021年1月19日
  23. ^ WWE挑戦Sareee「大きくなって帰ってくる」 - 日刊スポーツ 2021年1月22日

関連項目[編集]