Schwarzenegger

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Schwarzenegger
[Champagne]スタジオ・アルバム
リリース
録音 2011年 - 2012年
ジャンル ロック
時間
レーベル RX-RECORDS
チャート最高順位
[Champagne] 年表
I Wanna Go To Hawaii.
2011年
Schwarzenegger
(2012年)
Me No Do Karate.
2013年
『Schwarzenegger』収録のシングル
  1. 言え
    リリース: 2011年7月20日
  2. spy
    リリース: 2011年12月14日
  3. Kill Me If You Can
    リリース: 2012年7月11日
ミュージックビデオ
言え - YouTube
spy - YouTube
Waitress, Waitress! - YouTube
Kids - YouTube
Kill Me If You Can - YouTube
テンプレートを表示


Schwarzenegger』(シュワルツェネッガー)は、[Champagne]の3枚目のオリジナルアルバム2012年4月4日RX-RECORDSからリリースされた[2]

概要[編集]

前作「I Wanna Go To Hawaii.」から約1年2ヶ月ぶりのリリース。3rdシングル4thシングルのシングル表題曲を含む13曲が収録されている[3]。リリースは通常盤、初回生産限定盤の2形態で行われた。このうち初回生産限定盤には、2011年12月16日赤坂BLITZにて行われた自主企画ライブ『This Summer Festival』からのライブ映像と今作のレコーディング風景を収録したDVDが付属されている[3]。また、本作に収録されている「Kill Me If You Can」は後にリカットシングルとしてリリースされている。

今作を制作するにあたって、どの曲をリード曲にするか決めておらず、「とりあえず最高の一曲を作っていこう」と制作を進められた。メンバーの間では様々な楽曲がリード曲の候補として上がっているが、制作後も何がリード曲なのかハッキリとはしていないという[4]

楽曲解説[編集]

The
インストゥメンタル
このアルバムの中で最後にできた楽曲。「El Camino」から始まるのは何か違う、という理由で制作された[5]
El Camino
ミドルテンポで始まる楽曲。「The」が制作されるまではこの曲から始まる予定であった[5]
Waitress, Waitress!
MVが存在する。
ライブでの演者観客について歌っている楽曲[6]
MVは茨城空港にて撮影された[6]。MVの最後には「会場からの特別な許可を得て撮影しています。」と注意書きされている。
Kill Me If You Can
後に5thシングルとしてシングルカットされることになる。
川上は、この楽曲がアルバムの中で一番言いたいことだと述べている[4][7]
Kids
MVが存在する。
アルペジオから始まるシンプルな楽曲[5]
MVの後半に出てくるライブ映像は、2012年4月4日渋谷クラブクアトロで開催された、「PREMIUM V.I.P. PARTY」で撮影されたものである[8]

収録曲[編集]

CD[編集]

全作詞・作曲: 川上洋平、全編曲: [Champagne]。
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「The」川上洋平川上洋平
2.「El Camino」川上洋平川上洋平
3.「Waitress, Waitress!」川上洋平川上洋平
4.「Dear Enemies」川上洋平川上洋平
5.「Kiss The Damage」川上洋平川上洋平
6.spy川上洋平川上洋平
7.「Pa Pa Pa Pa Pa」川上洋平川上洋平
8.「Girl In A Black Leather Jacket」川上洋平川上洋平
9.言え川上洋平川上洋平
10.「12/26以降の年末ソング」川上洋平川上洋平
11.Kill Me If You Can川上洋平川上洋平
12.「Kids」川上洋平川上洋平
13.「真夜中」川上洋平川上洋平
合計時間:

DVD[編集]

初回生産限定盤のみ。自主企画ライブ『This Summer Festival』からのライブ映像。

  1. My Blueberry Morning
  2. Revolution, My Friend
  3. She's Very
  4. Cat 2

関連項目[編集]

出典[編集]