Scilab

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Scilab
A screenshot of Scilab running
Scilab動作中のスクリーンショット
開発元 Scilab Enterprisesフランス語版
最新版 6.1.0 / 2020年2月25日(4か月前) (2020-02-25[1]
リポジトリ git.scilab.org/scilab
プログラミング言語 Scilab, C言語, C++, Java, Fortran
対応OS Linux, Windows, macOS, BSD
対応言語 フランス語英語、日本語他
種別 数値解析ソフトウェア
ライセンス CeCILL
公式サイト www.scilab.org, www.scilab-enterprises.com
テンプレートを表示

Scilabサイラボ)とは、1990年からフランスINRIA(Institut National de Recherche en Informatique et en Automatique、国立情報学自動制御研究所)とENPCで開発されているオープンソース数値計算システムである[2][3][4][5][6]2003年5月にScilabコンソーシアムが組織されて以降は、INRIAによって開発されていたが、2010年6月に公式発行元としてScilab Enterprises社が設立され、2012年7月からは完全に開発・発行を担当するようになった。さらに、2017年2月、バーチャルプロトタイピングの先駆者として知られるESIグループはScilab Enterprises社を買収すると発表し[7]、Scilab Enterprises社はその傘下に入った。

数値計算機能以外に、信号処理[8][9]行列多項式の数式処理、 関数のグラフィック表示なども充実している。機能やコマンドは、MATLABクローンと呼ばれるソフト群の中でも特にMATLABによく似ているが[2][4]、互換性はない。

Scilab 5以降は英語フランス語中国語等に対応している。動的システムのモデリングとシミュレーションを行うためのScicos英語版フランス語版と呼ばれるパッケージを含んでいる[10][11][12][13][14]

Scilab 5.2以降は日本語を含む多言語に対応し、Scicosに代わりXcosが含まれるようになった[15][16][17][18]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Scilab 6.1.0
  2. ^ a b Wouwer, A. V., Saucez, P., & Vilas, C. (2014). Simulation of Ode/Pde Models with MATLAB®, OCTAVE and SCILAB: Scientific and Engineering Applications. Springer.
  3. ^ Campos, D., Dias, N., Dias, A., & Ferreira, H. (2010). INTRODUCING NUMERICAL ANALYSIS TOOLS IN ENGINEERING. A SCILAB USER CASE IN ELECTRONICS COURSE. Proceedings of ICERI, 5178-5184.
  4. ^ a b Bunks, C., Chancelier, J. P., Delebecque, F., Goursat, M., Nikoukhah, R., & Steer, S. (2012). Engineering and scientific computing with Scilab. Springer Science & Business Media.
  5. ^ Mora, Á., Galán, J. L., Aguilera, G., Fernández, Á., Mérida, E., & Rodríguez, P. (2010). Scilab and Maxima Environment: Towards Free Software in Numerical Analysis. International Journal for Technology in Mathematics Education, 17(2).
  6. ^ Liao, W., Dong, N., & Fan, T. (2009, September). Application of Scilab in teaching of engineering numerical computations. In 2009 IEEE International Workshop on Open-source Software for Scientific Computation (OSSC) (pp. 88-90). IEEE.
  7. ^ CAD Japan News ESIグループがScilab Enterprise社を買収
  8. ^ リョウ,チュウコウ. (2007). Scilab を用いてディジタル信号処理. 電気関係学会東北支部連合大会講演論文集, 2007, 102-102.
  9. ^ Chioncel, C. P., Gillich, N., & Tirian, G. O. (2011). Wigner Ville Distribution in Signal Processing, using Scilab Environment. Annals of Eftimie Murgu Universiy, 101-106.
  10. ^ Bucher, R., & Balemi, S. (2005, August). Scilab/Scicos and Linux RTAI-a unified approach. In Proceedings of 2005 IEEE Conference on Control Applications, 2005. CCA 2005. (pp. 1121-1126). IEEE.
  11. ^ Tona, P. (2006, June). Teaching process control with scilab and scicos. In 2006 American Control Conference (pp. 6-pp). IEEE.
  12. ^ Ravn, O. (2006). Adaptive control using the adaptive toolbox-TAT for Scilab/Scicos. IFAC Proceedings Volumes, 39(1), 915-918.
  13. ^ Nikoukhah, R. (2004, February). Scicos: a dynamic systems modeler and simulator. In Proceedings of the 23rd IASTED International Conference on Modelling, Identification, and Control (MIC'04) (pp. 263-268).
  14. ^ Liao, W., Dong, N., & Fan, T. (2009, September). The application of Scilab/Scicos in the lecture of automatic control theory. In 2009 IEEE International Workshop on Open-source Software for Scientific Computation (OSSC) (pp. 85-87). IEEE.
  15. ^ Janik, Z., & Žáková, K. (2011, September). Online design of Matlab/Simulink and SciLab/Xcos block schemes. In 2011 14th International Conference on Interactive Collaborative Learning (pp. 241-247). IEEE.
  16. ^ Wang, L., Li, Q., Tong, C., Yin, Y., Li, J., & Song, S. (2011, October). Active Disturbance Rejection Control simulation toolbox in open-source software Scilab/Xcos. In 2011 IEEE International Workshop on Open-source Software for Scientific Computation (pp. 71-76). IEEE.
  17. ^ Paul, C. C., Elisabeta, S., Cornelia, A. D., & Ion, P. (2015). Direct Self Control Structure for the Asynchronous Machine, Implemented in Scilab/Xcos. Acta Electrotehnica, 56(3).
  18. ^ 大山恭弘, 橋本洋志, 小林裕之, & 石井千春. (2010). Scilab/Xcos を用いたシステム制御教育の実例. In 自動制御連合講演会講演論文集 第 53 回自動制御連合講演会 (pp. 114-114). 自動制御連合講演会.

関連項目[編集]

国内からの発信
海外からの発信