Secret Night 〜It's My Treat〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Secret Night 〜It's My Treat〜
WANDSシングル
初出アルバム『PIECE OF MY SOUL
A面 Secret Night 〜It's My Treat〜
B面 KEEP ON DREAM
リリース
規格 8cmCDシングル
録音 1994年-1995年
ジャンル J-POP
ポップ・ロック
時間
レーベル B-Gram RECORDS
作詞・作曲 上杉昇
栗林誠一郎
柴崎浩
プロデュース BMF (Being MUSIC FACTORY INC.)
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1995年度年間53位(オリコン)
WANDS シングル 年表
世界が終るまでは…
(1994年)
Secret Night 〜It's My Treat〜
(1995年)
Same Side
(1995年)
PIECE OF MY SOUL 収録曲
Crazy Cat
(5)
Secret Night 〜It's My Treat〜
(6)
Foolish OK
(7)
テンプレートを表示

Secret Night 〜It's My Treat〜』(シークレット・ナイト 〜イッツ・マイ・トリート〜)は、WANDSの9枚目のシングル

概要[編集]

原曲は栗林誠一郎IT'S MY TREAT」で、2007年に発売されたベスト・アルバムBEST OF BEST 1000 WANDS』付属のライナーノーツによると元々は、長戸大幸の推奨によって制作したという。ボーカルの上杉も気に入った楽曲であり、プロデューサーにこの曲を歌いたいと直談判したという[1]

当時の公式サイトでは「WANDSのロックサウンド路線の実験的な作品」と紹介された。音楽性の変化についてはリスナーと音楽を作る側のギャップが開いてしまうことを恐れ、正直に自分たちのやりたいことをやったと柴崎が後にインタビューで振り返っている。この曲を発売後に、以前のWANDSの楽曲でロックを感じてくれていて期待して待っていてくれたファンがいたことがわかったと上杉は語っている。逆にファンの中で聴くのが怖いなどと言った意見もあり、それらの反応にはがっかりしたと柴崎が語っている[2]

また、発売直前の1995年1月に放送された最初のバージョンのTVスポットでは、ミックスも最終的なシングルミックスとは違うものが使用されており、またサブタイトルの「It's My Treat」は、この時点ではまだ付いておらず、シングルのジャケット写真も背景がオレンジ色で3人が同時に映っているものが使用されていた。2月にはジャケット写真が、上杉の顔の上半分がアップで写っているものに変更され、サブタイトルが冠されたTVスポットに変更されている。

ミュージックビデオ[編集]

スタジオで固定カメラでメンバーが演奏する様を撮影した白黒のもの(WANDS HISTORICAL BEST発売当初に何度か流れた)と、お蔵入りとなったジャケット撮影の様子を撮影したもの、キャップをかぶった上杉がレコーディングマイクの前で歌唱する場面を収録したもの、3種類が存在する。

ライブ[編集]

WANDS初の本格的な全国ツアー「LIVE-JUNK #2」のオープニングナンバーとして取り上げられ、そのライブ映像が『BEST OF WANDS VIDEO HISTORY』に収録されている。また、カメラアングルが一部変更されたバージョンがTBSチャンネルなどで放送された。そちらは現在Musingで配信されている『90's J-POP ARCHIVE -WANDS-』で視聴可能。

記録[編集]

初動売上はWANDSのシングルで最高を記録し、現段階で最後にオリコンシングルチャート1位を獲得した作品となっている。累計売上63.1万枚。

収録曲[編集]

#タイトル作詞作曲編曲時間
1.Secret Night 〜It's My Treat〜上杉昇
英作詞(“It's My Treat”):栗林誠一郎
栗林誠一郎池田大介
2.KEEP ON DREAM上杉昇柴崎浩葉山たけし
合計時間:

楽曲解説[編集]

  1. Secret Night 〜It's My Treat〜
    • TBS系『COUNT DOWN TV』オープニングテーマ。
    • 編曲に初めて池田大介を起用した。
    • 2020年、アルバム『BURN THE SECRET』に第5期メンバーによりリメイクされた「Secret Night 〜It's My Treat〜【WANDS 第5期ver.】」が収録された。TBS系『CDTVサタデー』の2020年9月度エンディングテーマに起用され、オリジナル版同様にCOUNT DOWN TVのタイアップとして起用された[3][4]
  2. KEEP ON DREAM

収録アルバム[編集]

参加ミュージシャン[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “元WANDSの上杉昇 現在は「ネイティブ・アメリカン」のすがたに”. Livedoor ニュース. (2016年6月16日). http://news.livedoor.com/article/detail/11647119/ 2016年6月16日閲覧。 
  2. ^ J-ROCK magazine 1996年2月号 西原朗によるインタビューにて。[1]
  3. ^ “WANDS 新曲が「CDTVサタデー」エンディングテーマに― スポニチ Sponichi Annex 芸能”. Sponichi Annex (株式会社スポーツニッポン新聞社). (2020年9月5日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/09/05/kiji/20200905s00041000254000c.html?amp=1 2020年9月7日閲覧。 
  4. ^ “WANDSとTBS系「CDTV」が「Secret Night」の新録で25年ぶり再タッグ - SANSPO.COM(サンスポ)”. SANSPO.COM (株式会社産業経済新聞社). (2020年9月5日). https://www.sanspo.com/geino/amp/20200905/geo20090514000003-a.html 2020年9月7日閲覧。