Series/1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
IBM Series/1 (1978年の写真)
アメリカ空軍の戦略自動化システム(U.S. Air Force Strategic Automated Command & Control System)ではIBM Series/1がまだ現役である(2016年)

Series/1(S/1、シリーズ/1)は、IBMが1976年にリリースした16ビットのミニコンピュータである。Series/1は1980年代後半には販売停止となった。

呼称[編集]

Series/1は、リアルタイム性が高く、機器制御や通信制御などに多く使用されたため、ミニコンピュータと呼ぶのが妥当と思われる。日本では単純にオフィスコンピュータに分類される事が多い。

概要[編集]

Series/1は、IBMのボカラトン(Boca Raton)で開発された。標準で通信機能を持ち、ラック搭載可能で、レンタルではなく買取で販売された。

オペレーティングシステム(OS)は、EDX(Event Driven Exectutive)またはRPS(Realtime Programming System)であり、内部コードはEBCDICであった。プログラム言語は専用のEDLがあり、そのほかにFORTRANCOBOLPL/Iが使用できた。

比較的に安価なIBM 3101/3161/3163ASCII表示端末機が接続できて、商用・政府用・軍用のユーザーに広く使われた。商用システムでは、分散処理の遠隔地コンピューターとして、多くはIBM 3270シミュレーションをして使われた。

大手ユーザーにはKmartステートファーム保険ベストウエスタンホテルズセコムアメリカ海兵隊などがあった。

尚、現在でも、アメリカ軍の指揮統制系統においてこのコンピューターが現役で稼働している。[1]

歴史[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1]米軍、核兵器運用に今も8インチフロッピー使用 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News