Shiny

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
SUPER GTイメージガール
通番 ユニット名 年度
8代目 4☆TUNE(フォーチュン) 2006年
9代目 Shiny(シャイニー) 2007年
10代目 Airy(エアリー) 2008年
Shiny
出身地 日本の旗 日本
ジャンル アイドル
活動期間 2007年
レーベル avex trax
公式サイト Shiny OFFICIAL WEBSITE
メンバー 丹野友美
鈴木礼央奈
志摩夕里加
佐藤里香

Shiny(シャイニー)は、2007年のSUPER GTイメージガールとして活動した女性アイドルグループである。

ユニット名ロゴにはShinyの後に“❤”(ハートマーク)が付いている。

メンバー[編集]

※生年月日順

名前
(よみ)
所属事務所
(活動当時)
プロフィール 備考
丹野友美
(たんの ともみ)
フェイスネットワーク (1984-09-03) 1984年9月3日(35歳)
東京都出身、O型
東京オートサロンイメージガール「A-class
2004年度メンバー
鈴木礼央奈
(すずき れおな)
プラチナムプロダクション (1985-06-05) 1985年6月5日(35歳)
神奈川県出身、A型
2006年houzan's cosmos サーキットレディ
RACE QUEEN AWARD 2007[注 1]グランプリ
志摩夕里加
(しま ゆりか)
(1986-11-08) 1986年11月8日(33歳)
埼玉県出身、B型
2006年ZENT sweeties
東京オートサロンイメージガール「A-class
2007~2008年度メンバー
佐藤里香
(さとう りか)
(1987-04-18) 1987年4月18日(33歳)
京都府出身、O型
のりスタ!は~い』(テレビ東京)レギュラー
後に「さとう里香」と改名

メンバーについて[編集]

  • プラチナム所属のメンバーだった3人の名前の姓と名を英語表記すると、Sで始まってAで終わるという共通点がある。
    鈴木礼央奈・・・SUZUKI REONA
    志摩夕里加・・・SHIMA YURIKA
    佐藤里香・・・SATO RIKA
  • 丹野はプラチナム所属の3人より年上だったが、4人中非プラチナム所属者が最年長となったのは2004年「vivace」の番ことみ以来であった[注 2]
  • なお、メンバー全員が昭和生まれのGTイメージガールは本ユニットが最後となっている[注 3]
  • 2019年現在、活動当時の事務所に在籍し続けているのは志摩夕里加(プラチナムプロダクション)のみである[1]。丹野友美は活動終了後の翌年2月、所属していたフェイスネットワークを退所[注 4]しフリーで撮影会を中心に活動していたが、程なくして表舞台から引退。鈴木礼央奈と佐藤里香(後に「さとう里香」と改名)は、プラチナムプロダクションに所属していたが、鈴木は2008年頃に退所。さとうは後述の戦隊ドラマ終了後の2011年頃にひっそりと表舞台から姿を消している。

CD[編集]

いずれもavex traxより発売、2曲ともメンバー全員が作詞に関わっている。

  • SUPER EUROBEAT presents SUPER GT 2007 -First Round-(2007年5月2日発売) 曲名『FOREVER STAR☆』
  • SUPER EUROBEAT presents SUPER GT 2007 -Second Round- (2007年9月5日発売) 曲名『SHINY IN THE SKY』

エピソード[編集]

  • それまでイメージガールのメンバーは開幕戦のほぼ1〜2週前に公表されていたが、当時はSUPER GTのお家騒動[注 5]が発生した時期でもあったせいか、初お披露目は3月17日の開幕戦(鈴鹿サーキット)と遅かった[注 6]。また、『激走!GT』(テレビ東京系)におけるイメージガールの出演回数は、この年から次第に激減している。
  • 5月26日と27日には札幌オートサロンに出演。中でも志摩はShinyとA-classの2ユニットで同時出演を果たした。ちなみにGTイメージガールが北海道でのイベントに出演したのはShinyが最後である[2]
  • 6月のマレーシア戦では志摩と丹野の2人だけが遠征。マレーシア戦限定のイメージガールを務めた藍原ももよ[注 7]小口亜紀の2人と共にサーキットを盛り上げた。後年志摩はマレーシア遠征を振り返り「45度あった気温の中で汗が滝の様に流れた」と自身のブログで語っている[3]。ちなみに志摩と丹野は、この年の11月26日に行われた『2007モータースポーツアワード』にもアシスタントとして出席している。
  • 東京・六本木オートバックスセブンが手掛けていた施設「BACS cafe」[注 8]は、この年の9月18日から10月27日まで『SUPER GTカフェ』として営業。オープニングセレモニーではShinyのパフォーマンスも行われた[4]
  • 10月のオートポリス戦では丹野が海外出張、志摩と鈴木が東京でイベント出演、佐藤が別仕事のためイメージガール全員欠席という異例の事態となった[注 9]。また丹野は同月下旬から約半年間、三菱自動車のコンパニオンユニット『びしっこ』[注 10]のメンバーとして東京モーターショー東京オートサロンなどのイベントに出演していたが、11月のGT最終戦(富士スピードウェイ)には出席していた。
  • この年の12月28日にはフジテレビのイベント『HOT☆FANTASY ODAIBA』にて鈴木、志摩、佐藤が3人組の“Shiny”としてライブを開催。「FOREVER STAR☆」と「SHINY IN THE SKY」を熱唱した。
  • 本ユニット活動から3年後の2010年にさとう里香はスーパー戦隊シリーズ天装戦隊ゴセイジャー』にてゴセイピンク/エリを演じたが、GTイメージガール経験者が戦隊シリーズのメインキャストになったのはさとうのみである。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2007年1月14日の東京オートサロンにて開催。例年行われている「レースクイーン・オブ・ザ・イヤー」とは無関係のイベントだった。
  2. ^ 以後2008年「Airy」の村岡沙耶香、2009年「angelic」の実はる那と3年連続で非プラチナム所属者が最年長となるケースが続いた。
  3. ^ 翌年以降も昭和生まれのGTイメージガール起用は2013年「IA GIRL STARS」の高橋としみまで続いた。
  4. ^ これにより、前年の榎並沙知(4☆TUNE)に続き2年連続でGTイメージガール経験者がフェイスを離れるという事態が起こった。
  5. ^ この時新たに発足したGTA委員会の会長がそれまでの高橋國光から坂東正明に交代した。
  6. ^ 翌年の「Airy」も同様。
  7. ^ 後に結婚・出産を経て、現在は「清宮百代」としてデフィプロモーションに所属している。
  8. ^ 先述の『激走!GT』でもドライバー、関係者を迎えてのトーク企画で使用されていた。現在は撤退。
  9. ^ なお、志摩は2009年のSUPER GTでオートポリスを訪れており、「新鮮だったけど楽しかった」とブログで感想を述べている[5]
  10. ^ 公式なユニット名ではないが、この呼び名が定着している。

出典[編集]

  1. ^ 志摩夕里加”. プラチナムプロダクション. 2019年12月11日閲覧。
  2. ^ 札幌オートサロン2007 EVENT INFO”. 東京オートサロン公式サイト (2007年5月26日). 2017年11月21日閲覧。
  3. ^ 志摩夕里加 (2009年9月5日). “第1回黄金時代”. SHIMA☆YURI BLOG. CyberAgent. 2019年12月11日閲覧。
  4. ^ “六本木にスーパーGTカフェが出現”. livedoor NEWS (ライブドア). (2007年9月19日). https://news.livedoor.com/article/detail/3311597/ 2019年12月11日閲覧。 
  5. ^ 志摩夕里加 (2009年10月18日). “オートポリス2009”. SHIMA☆YURI BLOG. CyberAgent. 2019年12月11日閲覧。