Shogo Ito

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Shogo Ito
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ハウステクノ・エレクトロニックダンスミュージック
職業 DJプロデューサー・リミキサー
活動期間 2008年 -
レーベル Beatfreak Recordings
公式サイト Official Website

Shogo Ito(ショウゴ イトウ)は日本DJプロデューサー・リミキサー。 酒に酔っ払い機材を壊すというパフォーマンスを行うこともある。

略歴[編集]

  • 1987年東京都生まれ。
  • 2008年から渋谷を中心にshoWWgoとしてヒップホップDJの活動をスタート。
  • 2011年立教大学を中退し、音楽活動に専念。DJ AM(英語: DJ AMを始めとするHipHopを中心にジャンルレスな選曲をするOpen Formatのスタイルに転身。渋谷HARLEM[1]、Camelot[2]、axxcis[3]、Sound Museum VISION[4]など都内主要クラブでプレイする。
  • 2015年「EDM ZONE mixed by DJ shoWWgo」をRambling RECORDSよりリリース[5]
  • 2016年ハウス/テクノに辿り着き、SiTO (JPN)名義での活動をスタート[6]。 同年2月3日、Baikonur Recordingsより"Basement (Original Mix)"をリリース[7]。その後もオリジナル、リミックス曲のリリースを続ける[8]。11月、マンハッタンレコードからKat DeLuna(英語: Kat DeLuna "WAVES"のオフィシャルリミックスをリリース。[9]
  • 2017年、現在はSound Museum VISION, Vent, Wombなどのクラブで活動をしている。さらには、2月、自身がレジデントを務めたイベント”MeSU”にてWally Lopezを迎えて成功を収める。5月、本名Shogo Itoに改名。日本で初となったChus & Ceballosの”Stereo Productions”によるレーベルパーティ”Stereo Productions Showcase at R-Lounge”に出演、10月にはD-Formationの日本ツアーに同行し、東京”Beatfreak Recordings Showcase at R-Lounge"、大阪”Beatfreak Recordings Showcase at Absinthe Wormwood"両公演の出演・運営を行っている。

ディスコグラフィ[編集]

オリジナル[編集]

リリース日 タイトル レーベル リリース国 最高位 チャート
2017年 Till You Drop (Original Mix) / Shogo Ito & Maya Miller Beatfreak Recordings スペイン 14位 Beatport Minimal / Deep Tech Top 100

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Day N Night @ Harlem”. 2017年11月12日閲覧。
  2. ^ The Rock City X'mas Special Guest DJ Jessn Marco(英語: Jesse Marco From New York @ Camelot”. 2017年11月12日閲覧。
  3. ^ Tokyo Style Playerz Park”. 2017年11月12日閲覧。
  4. ^ “[http://www.vision-tokyo.com/event/party-monster-11 PARTY MONSTER feat. 「EDM ARENA mixed by DJ Hiruma」 / 「EDM ZONE mixed by DJ shoWWgo」]”. 2017年11月12日閲覧。
  5. ^ EDM ZONE”. 2017年11月12日閲覧。
  6. ^ Hed Kandi feat. Route94(英語: Route94”. 2017年11月12日閲覧。
  7. ^ Basement (Original Mix) / SiTO (JPN)”. 2017年11月12日閲覧。
  8. ^ SiTO (JPN) On Beatport”. 2017年11月12日閲覧。
  9. ^ Kat DeLuna "Waves (shoWWgo Remix)"”. 2017年11月13日閲覧。