Shyness Overdrive

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
Shyness Overdrive
吉川晃司スタジオ・アルバム
リリース 1992年9月9日
録音 FOLIO SOUND
SOUND DALI
SOUND INN
HITOKUCHIZAKA
TOKYU FUN
TERRA
SEDIC
SOUND CITY
BAYBRIDGE
ジャンル ロック
時間 57分05秒
レーベル 東芝EMI/イーストワールド
プロデュース 吉川晃司
吉田建
チャート最高順位
吉川晃司 年表
TOO MUCH LOVE
(1992年)
Shyness Overdrive
(1992年)
GOLDEN YEARS VOL.I
1993年
Shyness Overdrive収録のシングル
  1. ジェラシーを微笑みにかえて
    リリース: 1992年8月5日
  2. Brain SUGAR
    リリース: 1992年10月14日
テンプレートを表示

Shyness Overdrive』(シャイネス・オーバードライブ)は、日本のミュージシャンである吉川晃司の8枚目のスタジオ・アルバム

1992年9月9日東芝EMIのイーストワールドレーベルよりリリースされた。

解説[編集]

  • 先行シングル「ジェラシーを微笑みにかえて」、後にシングルカットされた「Brain SUGAR」を収録している。
  • 前作『LUNATIC LION』(1991年)とは異なり、明確なコンセプトのないアルバムとなっている。
  • 前作は全て吉川自身が作詞していたが、今作では松井五郎朝水彼方などの作詞家コラボレーションした作品がいくつか収録されている。
  • 2曲目「SACRIFICE」について吉川本人は、「サブタイトルは、デジタル・カルメン(笑)」とコメントしている。
  • 5曲目「planet M」の「M」とはMOTHERの意味。母親の誕生日を忘れていた罪滅ぼしに作成したとコメントしている。
  • 6曲目「SEX CRIME]曲中での女性の声は、発売当時の人気AV女優であった朝岡実嶺の喘ぎ声をサンプリングした物。
  • 11曲目「星の破片かけら」は、親友でもあったミュージシャンの尾崎豊(1992年4月急逝)のことを歌っているという説がある。吉川本人は、「これは聴いてる人に好きなように解釈してもらおうかな」とコメントしている。
  • 12曲目「FANTASIA」は最初は組曲として作成されており、10分以上あったが、本人の思惑により途中で切ってしまったという曲。

リリース履歴[編集]

No. 日付 レーベル 規格 規格品番 最高順位 備考
1 1992年9月9日 東芝EMI/イーストワールド CD TOCT-6671 1位 初回限定メタリックステッカージャケット、ピクチャーCD
2 2007年3月14日 EMIミュージック・ジャパン/イーストワールド CD
MP3DL
TOCT-11186
-
- CD盤は紙ジャケット仕様

収録曲[編集]

全作曲: 吉川晃司。

# タイトル 作詞 編曲 時間
1. Brain SUGAR」   松井五郎 吉川晃司、吉田建 3:56
2. SACRIFICE」   吉川晃司、松井五郎 吉川晃司、吉田建 4:56
3. ジェラシーを微笑みにかえて」   吉川晃司 吉川晃司、吉田建 4:09
4. Dance with Memories」   吉川晃司 吉川晃司、吉田建 5:09
5. planet M」   吉川晃司、朝水彼方 吉川晃司、吉田建 4:59
6. SEX CRIME」   吉川晃司 吉川晃司、吉田建 4:47
7. Fall in Dream」   吉川晃司 ホッピー神山 4:13
8. DANDY」   吉川晃司、松井五郎 吉川晃司、吉田建 3:16
9. Baby NEW YORK」   吉川晃司 吉川晃司、吉田建 3:57
10. RAIN BEAT」   吉川晃司、朝水彼方 吉川晃司、吉田建 4:57
11. 星の破片かけら」   吉川晃司、朝水彼方 吉川晃司、吉田建 5:14
12. FANTASIA」   吉川晃司 吉川晃司、吉田建 5:09
13. Good Night」   吉川晃司 ホッピー神山 2:12

参加ミュージシャン[編集]