Sing a love song for me

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
Sing a love song for me
山口由子シングル
A面 Sing a love song for me
B面 Walking in the sunshine
リリース 1997年9月10日
規格 8センチCD
ジャンル J-POP
時間 15分19秒
レーベル マーキュリー・ミュージックエンタテインメント
作詞・作曲 作詞: Jim Steele(M-1・3)
作詞: Bill DeMain(M-2・4)
作詞: 山口由子(M-3・4)
作曲: 武部聡志(M-1)
作曲: 山口由子(M-2)
プロデュース 武部聡志
山口由子 シングル 年表
太陽と月に背いて
1997年
Sing a love song for me/Walking in the sunshine
1997年
Getting to My Soul and Love
1998年
テンプレートを表示

Sing a love song for me」(シング・ア・ラブ・ソング・フォー・ミー)は、1997年9月10日に発売された山口由子CDシングル。発売元はマーキュリー・ミュージックエンタテインメント規格品番:PHDL-1107。

解説[編集]

フジテレビ系列月曜9時のテレビドラマビーチボーイズ[1]の挿入歌を収録。全4曲のうち、M-1・2は英語詞である。

同テレビドラマからは劇伴を収録したサウンドトラック(サントラ)CDが2作発売されており、「Sing a love song for me」は第1弾サントラ[2]、「Walking in the sunshine」は第1弾サントラ・第2弾サントラ共に収録されている。尚、第2弾サントラは本シングルと同日発売。

本シングルに収録されたバージョンは、2曲ともサウンドトラックのものとは異なっている[3]。「Sing a love song for me」では、アレンジはほぼ同じであるがヴォーカルが別テイクになっている[4]

M-3・4は山口自身による日本語詞で歌われている(サビは英語)。日本語詞のバージョンは本シングルのみの収録である。

シングルのジャケットには山口由子本人が写っておらず、を思わせる風景画を使用。また、「FROM フジテレビ系TVドラマ「ビーチボーイズ」オリジナル サウンドトラック」と記載されている。

収録曲[編集]

  1. Sing a love song for me(4:20)
    • 作詞: Jim Steele 、作曲・編曲: 武部聡志
    • フジテレビ系ドラマ『ビーチボーイズ』挿入歌
  2. Walking in the sunshine(3:23)
    • 作詞: Bill DeMain 、作曲: Yuko Yamaguchi 、編曲: 武部聡志
    • フジテレビ系ドラマ『ビーチボーイズ』挿入歌
  3. Sing a love song for me -Japanese version-(4:19)
    • 作詞: Jim Steele・Yuko Yamaguchi 、作曲・編曲: 武部聡志
  4. Walking in the sunshine -Japanese version-(3:14)
    • 作詞: Bill DeMain・Yuko Yamaguchi 、作曲: Yuko Yamaguchi 、編曲: 武部聡志

関連作品[編集]

関連項目[編集]

反町隆史
竹野内豊
稲森いずみ
広末涼子
マイク真木

脚注[編集]

  1. ^ ビーチボーイズ』は、1997年7月7日から9月22日まで放送されたテレビドラマ芸能事務所研音」所属の俳優・反町隆史竹野内豊がダブル主演を務めた。
  2. ^ 第1弾サントラでのタイトル表記は「SING A LOVE SONG FOR ME」と大文字である。第2弾サントラにはインストゥルメンタル・バージョンの「Sing a love song for me(Ocean Version)」が収録されている。
  3. ^ 「Sing a love song for me」は第1弾サントラバージョン、本シングルバージョン、本シングルの日本語バージョンと計3パターンが、「Walking in the sunshine」は第1弾サントラバージョン、第2弾サントラバージョン、本シングルバージョン、本シングルの日本語バージョンと計4パターンが存在する。
  4. ^ 「Sing a love song for me」のシングル・バージョンとアルバム・バージョンのヴォーカルで顕著に異なる部分は、サビに出てくる「セレナーデ」の発音。