Socket AM4

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Socket AM4
Socket AM4.jpg
ソケット形式 PGA-ZIF
チップ形状 PGA
コンタクト数 1331
採用プロセッサ Bristol Ridge
Summit Ridge
Raven Ridge
Pinnacle Ridge

Socket AM4は、AMDZenZen+英語版Zen+Zen 2英語版を含む)およびExcavatorマイクロアーキテクチャを採用するマイクロプロセッサ(CPU)向けのCPUソケットである[1][2][3]

AM4は2016年9月に導入され、Socket AM3+FM2+およびSocket FS1b英語版を単一のプラットフォームで置き換えるために設計された。1331個のピンのスロットを持ち、AMDでは初めてDDR4互換のメモリをサポートした。(Socket AM3+を使用していた)ハイエンドCPUから(その他のさまざまなソケットを使用していた)ローエンドAPUまでの統合された互換性を持つ[4][5]

機能[編集]

  • ZenZen+英語版Zen+Zen 2英語版を含む)ベースのCPUファミリ、APURyzen、Athlon)、一部のA-Series APU、Athlon X4英語版 CPU(Bristol RidgeベースのExcavatorマイクロアーキテクチャ)のサポート
  • PCI Express 3.0[6]および4.0[7]のサポート
  • デュアルチャンネル設定の最大4モジュールのDDR4 SDRAM[6]のサポート
X370チップセットは複数のグラフィックカードをサポートするが、使用可能なPCIeレーン数はCPU/APUによる。

チップセット[編集]

300シリーズおよび400シリーズはASMediaとの共同開発である[8][9][10][11]。X570はAMDの自社開発で、グローバルファウンドリーズが製造する[12]。実際にはX570チップセットは第3世代Ryzenに搭載されているcIODと呼ばれるI/Oコントローラーのダイを流用しており、開発・製造コストを低減している。

A300 X300 A320 B350 X370 B450 X470 X570
オーバークロック No Yes No Yes
USB 2.0/3.0/3.1Gen2
ポート数
0/4/0 0/4/0 6/2/1 6/2/2 6/6/2 6/2/2 6/6/2 4/0/8
汎用 PCI Express
レーン構成
4×Gen3 4×Gen3 4×Gen2 6×Gen2 8×Gen2 6×Gen2 8×Gen2 8×Gen4
(最大16×Gen4)
CrossFireX No Yes Yes
SLI No Yes No Yes
最大 SATA 3.0 ポート数
(CPU分を含む)
2 2 4 4 6 4 6 14
SATA RAID 対応 RAID 0, 1 RAID 0, 1, 10
AMD StoreMI No Yes
Precision Boost Overdrive No Yes
チップセット
製造プロセス
55nm[11] 40nm 12nm
リリース日 不明 2017年4月11日 2017年3月2日 2018年7月 2018年4月 2019年7月
出典 [13] [14] [15][16] [12]

参考文献[編集]

  1. ^ AMD ‘Raven Ridge’: Mainstream APU with ‘Zen’ cores due in 2017” (英語). KitGuru. 2019年10月27日閲覧。
  2. ^ Tyson, Mark (2016年9月5日). “7th Generation AMD A-Series desktop PC systems start to ship”. Hexus. http://hexus.net/tech/news/cpu/96565-7th-generation-amd-a-series-desktop-pc-systems-start-ship/ 2016年9月5日閲覧。 
  3. ^ Mah Ung, Gordon (2016年9月5日). “AMD's new Bristol Ridge processor is faster and more power efficient”. PC World. http://www.pcworld.com/article/3115764/hardware/amds-new-bristol-ridge-processor-is-faster-and-more-power-efficient.html 2016年9月5日閲覧。 
  4. ^ AMD’s 2016-2017 x86 Roadmap: Zen Is In, Skybridge Is Out”. Anandtech.com. 2015年6月19日閲覧。
  5. ^ MujtabaHassan, Hassan (2015年5月7日). “AMD Confirms x86 Zen Based Enthusiast FX CPUs and 7th Generation APUs in 2016 - Compatible With AM4 Socket” (英語). WCCFtech. 2016年9月16日閲覧。
  6. ^ a b Moammer, Khalid. “AMD Zen CPU & AM4 Socket Pictured – PGA Design With 1331 Pins Confirmed”. WCCFtech. 2016年9月16日閲覧。
  7. ^ The Industry Leading AMD AM4 X570 Chipset”. AMD Community (2019年5月26日). 2019年6月10日閲覧。
  8. ^ AMD RYZEN AM4 Platform With High-End X370 Boards Showcased”. WCCF PTE LTD. (2017年1月5日). 2017年2月24日閲覧。
  9. ^ Entire Range of AM4 Motherboards For AMD Ryzen CPUs Pictured”. WCCF PTE LTD. (2017年2月19日). 2017年2月24日閲覧。
  10. ^ AMD Details AM4 Chipsets and Upcoming Motherboards - Ryzen and AM4 Continued”. PC Perspective. 2017年2月24日閲覧。
  11. ^ a b Making AMD Tick: A Very Zen Interview with Dr. Lisa Su, CEO”. AnandTech. Purch (2017年3月2日). 2017年3月7日閲覧。
  12. ^ a b Sandhu, Tarinder (2019年7月7日). “AMD Ryzen 3000-supporting X570 chipset examined”. HEXUS. 2019年8月13日閲覧。
  13. ^ Hagedoorn, Hilbert (2017年4月10日). “ASRock X370 Gaming Professional Fatal1ty review” (英語). Guru3D.com. 2019年8月13日閲覧。
  14. ^ AMD B450 Chipset Explained with Official AMD Tech Briefing!”. Tech ARP (2018年7月31日). 2019年8月13日閲覧。
  15. ^ 約100人が集まったPinnacle Ridgeこと第2世代Ryzenの深夜販売” (日本語). ASCII.jp. 角川アスキー総合研究所 (2018年4月20日). 2019年8月13日閲覧。
  16. ^ Chacos, Brad (2018年7月31日). “AMD Ryzen motherboards explained: The crucial differences in every AM4 chipset” (英語). PCWorld. 2019年8月13日閲覧。

関連項目[編集]