SoftBank 921SH

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ソフトバンクモバイル 921SH
キャリア ソフトバンクモバイル
製造 シャープ
発売日 2008年3月8日
概要
CPU U360
音声通信方式 SoftBank 3GW-CDMA
(2.0GHz(W-CDMA))
形状 フルスライド型
サイズ 112 × 50 × 15.9 mm
質量 136 g
連続通話時間 240分
連続待受時間 約330時間
充電時間 140分
外部メモリ microSD(2GBまで)
microSDHC(4GBまで)
日本語入力 ケータイShoin6
FeliCa 有り
赤外線通信機能 有り
Bluetooth Ver 2.0
放送受信機能 ワンセグ放送対応
メインディスプレイ
方式 NewモバイルASV液晶
解像度 フルワイドVGA(480×854ドット
サイズ 3.2インチ
表示色数 26万色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 320万画素CMOS
機能 タッチレガートセンサー連動
オートフォーカス
サブカメラ
画素数・方式 11万画素CMOS
機能 なし
カラーバリエーション
ブラック
(Black)
ホワイト
(White)
ブライトブルー
(Blight blue)
ピンク
(Pink)
ゴールド
(Gold)
■テンプレート / ■ノート
ウィキプロジェクト

SoftBank 921SH(ソフトバンク きゅうにいちエスエイチ)は、シャープが開発しソフトバンクモバイルが販売するW-CDMA通信方式の携帯電話端末。 FULLFACE 913SHの後継機種である。 2008年平成20年)3月14日に発売。通称は「FULLFACE2 (フルフェイス ツー) 」。

主な機能・サービス[編集]


主な対応サービス
S!一斉トーク S!ともだち状況 Yahoo!mocoa
S!ループ S!タウン S!速報ニュース
PCサイトブラウザ 電子コミック S!アプリ(メガアプリ、モーションコントロールセンサー対応)
着うたフル着うた デコレメール(マイ絵文字) S!電話帳バックアップ
S!FeliCa S!ミュージックコネクト S!GPSナビ
コンテンツおすすめメール TVコール 世界対応ケータイ
ワンセグ 3Gハイスピード S!おなじみ操作

特徴[編集]

  • 920SHと同等の3.2インチNewモバイルASV液晶とタッチパットのように「押す」「なぞる」の操作ができる「タッチレガートセンサー」(「レガート」には、「なぞる」という意味がある)や、904SH以降封印されていた「振る」や「傾ける」などの動作により直感的な操作ができる「モーションコントロールセンサー」を搭載していて右や左に振ることによる機能の起動、本体を回転することによる画面の縦横切り替えの動作がより直感的にできる。さらにもうひとつセンサーを内蔵しており、こちらはパネル部分をなぞることによるカーソルの移動や、タップすることによりソフトキーや決定と同じ動作をすることができる。ただし、この2つのセンサーはユーザーの意図に反した動作をすることがある。
  • 前機種913SHではタッチセンサーで出来ることは主にAV機能関連のみであったが、タッチ部分がパネル状になったため本機種では文字入力を伴わない動作なら大抵のことはできるようになった。
  • 外装以外の基本的な仕様は920SHと同様であるが、こちらは国際ローミング“非対応”であったり、インカメラを搭載している点等、いくつかの相違点がある。
  • メインメニューに3DのGUIを搭載しており、心地よい操作が可能である。動作的にはiPhone 3Gに似ている。
  • 923SHからは終話キーと発話キーがデファクトスタンダードな配置になったため、事実上9シリーズ最後の独自キー配置(終話と発話キーがソフトキーの下にある)の機種となった(922SHはQWERTYキーのため例外)

不具合[編集]

  • 2008年7月29日 - 新着S!メールの受信操作をしないと、新着S!メールが表示されない場合がある不具合

関連項目[編集]

※以下の端末は他キャリアで発売されているフルスライド型の機種