Xperia J1 Compact

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Xperia J1 Compact
製造者 ソニーモバイルコミュニケーションズ
シリーズ Xperia
モデル D5788
通信方式 4G
3.9G
3G
2G
販売開始日 2015年4月20日 (6年前) (2015-04-20)
フォームファクタ スマートフォン
サイズ 高さ 128 mm (5.0 in)
横幅 65 mm (2.6 in)
厚さ 9.7 mm (0.38 in)
重量 138 g (4.9 oz)
OS Android 4.4
SoC Qualcomm Snapdragon 800 MSM8974
CPU Krait 400 クアッドコア(2.2 GHz
GPU Adreno 330
メインメモリ 2 GB
ストレージ 16 GB
メモリーカード microSDXC(最大128 GB)
バッテリー 2300 mAh リチウムイオン電池(取り外し不可)
入力方式 加速度センサ
GPS
ジャイロスコープ
近接センサ
ディスプレイ 4.3 in (110 mm) IPS方式
TFT
HD(1280×720ピクセル)
トリルミナスディスプレイ for mobile
背面カメラ 2070万画素
裏面照射積層型CMOS
Exmor RS for mobile
前面カメラ 220万画素
裏面照射型CMOS
Exmor R for mobile
サウンド モノラルスピーカー
3.5 mm ステレオジャック
接続 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4/5GHz)
microUSB
Bluetooth 4.0
NFC
その他 防水・防塵(IP55/IP58
Felica
ウェブサイト xperia.sony.jp/xperia/sp/j1c/(日本語)

Xperia J1 Compact(エクスペリア ジェイワン コンパクト)は、ソニーモバイルコミュニケーションズによって開発された、第4世代移動通信システム対応のSIMフリーAndroidスマートフォンである[1]

概要[編集]

日本版の製品番号はD5788

搭載OS、およびCPUなどの内部スペックは前年にNTTドコモから発売されたXperia A2 SO-04Fとほぼ同様である。2015年春の発売時には既にAndroid 5.0が発表されていたが、当機はAndroid 4.4搭載で発表された。

2015年3月19日に発表され、同時にソニーストア・ソネット・イオンモバイル(イオンリテール)にてSIMカードとのセット発売することが発表された。 2015年4月20日に、ソニーストア・ソネット・イオンモバイルから発売された。 2015年4月23日に、楽天モバイル6月1日に発売することが発表された。

SIMフリー機としては珍しいおサイフケータイ対応であるが、発売より長らくモバイルSuicaには対応していなかった。しかし2015年12月2日に行われたJR東日本の定例社長会見で、「他メーカーのSIMフリー機ともども12月中旬を目処にモバイルSuicaに対応させる」ことが正式発表され[2]、現在は利用可能となっている[3]

2020年12月22日をもってモバイルSuicaのサポートが終了した。

限定仕様機[編集]

いずれも数量限定

脚注[編集]

[脚注の使い方]