Sorry

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ソーリー
マドンナシングル
リリース
ジャンル ポップ/ダンス
時間
レーベル ワーナーミュージック・ジャパン
プロデュース マドンナ、スチュアート・プライス
チャート最高順位
  • 全米:最高58位
  • 全英:最高1位
マドンナ シングル 年表
ハング・アップ
(2005年)
ソーリー
(2006年)
ゲット・トゥゲザー
(2006年)
ミュージックビデオ
「Sorry」 - YouTube
テンプレートを表示

ソーリー」(Sorry) は、マドンナの『コンフェッションズ・オン・ア・ダンスフロア』からの通算67枚目にあたる2ndシングル。1stシングルに続くヒットを記録。ハンガリーノルウェースペインなど世界28ヶ国でNo.1を記録。イギリスでは「ハング・アップ」に続く2度目のNo.1に輝く。

概要[編集]

タイトル通り、「Sorry=ごめんなさい」が強調されている曲。冒頭から一言ずつ、今まで聞いたことがないトーンでマドンナは様々な言語で「ごめんなさい」と歌っている。今回の曲は、マドンナ自身がごめんなさいと謝っているのではなく、相手の男性がごめんなさい・許してと言うのを私は聞きたくもない、聞き飽きたというもの。そのため、歌詞から推測すると付き合っていたカップルが別れようとしている場面を反映しているものと思われる。

発売日[編集]

作詞・作曲[編集]

  • マドンナ
  • スチュアート・プライス

長さ[編集]

4分43秒

レーベル[編集]

ワーナー・ブラザース

歌われている言語[編集]

曲中に出てくる「ごめんなさい」は、全部で7言語。そのほか、「許して」という言語が3つある。

  • ごめんなさい:日本語
  • Mujhe maaf karo:ヒンドゥー語(許して)
  • Przepraszam:ポーランド語(ごめんなさい)
  • Slihah:ヘブライ語(ごめんなさい)
  • Forgive me:英語(許して)
  • Sorry : 英語(ごめんなさい)

ビデオ[編集]

解説[編集]

『Sorry』のビデオを手掛けたのは過去にDrowned World Tour(2001)やThe Re-Invention Tour(2004)、ビデオ『Don't Tell Me』や『Human Nature』で振り付けを担当したジェイミー・キング。ジェイミーにとっては、今回が監督デビュー作品となる。ビデオはロンドンで2006年1月17,18日に撮影され、2006年2月8日に初公開となった。MTVのTotal Request Liveではカウントダウン4日後の2月23日にNo.1を獲得した。MTVイタリアでも、TOP10入りを果たしたあと、No.1を獲得した。