SoundGate

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

SoundGate(サウンドゲート)は、2000年代前半にソニーが販売していたデスクトップオーディオシステム(マイクロコンポ)である。

概説[編集]

デッキ(CD/MD・アンプ部分)がCDケース大(LAM-1)ないしはトールケース大(LAM-10以降)程度の面積であり、小型スピーカーを合わせた全体の面積がB4ないしA4ファイル程度とコンパクトに纏められたマイクロコンポである。Net MD対応のローンチモデルとしての側面もあり、全機種がMDの全角(2バイト)文字表示に対応し、Sonic Stage(CP以前)をインストールしたPCとの接続によりNet MDの転送が可能である。LAM-X1以降はHi-MDデッキとなっている。

本シリーズの展開終了と入れ替わりに展開されたNETJUKEの初期機種(NAS-A1 / NAS-A10)で、DAN-Z1の機能が踏襲されている。

機種一覧[編集]

  • LAM-Z1 / LAM-1
2001年12月10日発売。NetMD対応MDデッキとCDプレーヤーを搭載。ATRAC用DSPはTYPE-Rを搭載。Z1のみスピーカーを付属。
  • DAN-Z1
2002年2月発売。ソニーのコンポでは初めてHDD(6GB)を搭載し、音楽CDからリッピングした内蔵HDDの音楽を、NetMDやメモリースティックにチェックアウトすることが可能。
  • LAM-Z10 / LAM-10
2002年11月21日発売。筐体が縦長に変更され、ATRAC用DSPはTYPE-Sを搭載。SPに加えLPでもCD-MD4倍速録音に対応。Z10のみ本体と同色のスピーカーが付属。
  • LAM-Z03
2003年10月21日発売。モデルやデザインは前モデルを踏襲しているが、スピーカーが2ウェイになった。また本モデル以降スピーカーなしモデルの設定が廃止された。
  • LAM-X1
2004年7月21日発売。Hi-MD対応。
  • LAM-Z05
2004年10月28日発売。デザインが前モデルより角ばった感じになり、バーティカルローディング方式が採用された。

関連項目[編集]