Spangle call Lilli line

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スパングル・コール・リリ・ライン
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ポストロック
エレクトロニカ
インディーポップ
活動期間 1998年-現在
レーベル Pヴァイン
Felicity
共同作業者 NINI TOUNUMA
点と線
公式サイト official web site
メンバー 大坪加奈
笹原清明
藤枝憲
旧メンバー 椛沢信之

Spangle call Lilli line(スパングル・コール・リリ・ライン)は日本バンドである。所属レーベルはFelicity。

「ハスキーでどこか気だるげな」[1]、「浮遊感ただよう」[2]、「美メロ女性ヴォーカル」[3]と評される大坪加奈のヴォーカルと、「ポスト・ロックといえどポップネスを失わない、やわらかくみずみずしいサウンド」[2]、「ありきたりなわかりやすい言葉」は無くて「抽象的な言葉」が並んでいる歌詞[2]を特徴とする。

概要・来歴[編集]

1998年に美術大学時代の友人だった大坪加奈と藤枝憲でバンドを結成。後に同じく大学時代の友人だった笹原清明と椛沢信之が加入し、バンド名を「Spangle call Lilli Line」とする。

大坪によると、名称は語呂を重視して長い名前で、キラキラした感じの『スパンコール〜』と考えたが、スパンコールは英語でspangleなので『コール』を続けたという[4]

Spangle call Lilli lineと並行して、2009年からは大坪がソロプロジェクト「NINI TOUNUMA」[5][6]、笹原と藤枝は「点と線」というユニットで[5][6]活動している。

「メンバー全員が、デザイナーやカメラマンの仕事を持ちながら」[7][† 1]、音楽は「趣味とさえ言い切る」[5][† 2][† 3]

メンバー[編集]

現在のメンバー[編集]

  • 大坪加奈(おおつぼ かな、1974年2月4日 - ) - ボーカル担当
  • 藤枝憲(ふじえだ けん、1974年1月21日 - ) - ギター担当
  • 笹原清明(ささはら きよあき、1975年4月15日 - ) - ギター担当。東京造形大学卒業後、フォトグラファーとしても活動を開始すると、音楽誌、ファッション誌、ビジネス誌など、様々な雑誌で活躍を見せる。空気公団のCDジャケットなども手がけた。

過去のメンバー[編集]

  • 椛沢信之(かばさわ のぶゆき、1974年9月8日 - ) - ドラム担当。2003年に脱退

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

リリース日 タイトル レーベル
1st Album 2001年3月25日 Spangle call Lilli line Pヴァイン
2nd Album 2002年11月10日 Nanae Pヴァイン
3rd Album 2003年6月11日 or Felicity
Live Album 2004年3月17日 68 SCLL Felicity
4th Album 2005年4月20日 TRACE Felicity
Mini Album 2005年6月29日 FOR INSTALLATION Felicity
Best Album 2006年10月25日 SINCE Felicity
5th Album 2008年9月24日 ISOLATION Felicity
6th Album 2008年11月12日 PURPLE Felicity
7th Album 2010年4月21日 VIEW Felicity
8th Album 2010年6月23日 forest at the head of a river Felicity
Mini Album 2011年9月7日 New Season Felicity
Self Cover Album 2011年10月5日 Piano Lesson Felicity
Best Album 2013年6月12日 SINCE2 Felicity
9th Album 2015年11月11日 ghost is dead Felicity
10th Album 2019年1月9日 Dreams Never End Felicity

シングル[編集]

リリース日 タイトル レーベル
Split EP 2001年7月20日 WS Minty Fresh Japan
1st Single 2003年4月9日 nano Felicity
2nd Single 2010年3月17日 dreamer Felicity

DVD[編集]

リリース日 タイトル レーベル
Live DVD 2009年8月5日 SCLL LIVE Pヴァイン
Live DVD 2011年11月16日 SCLL LIVE2 Felicity

メディア出演[編集]

テレビ[編集]

  • Spangle call Lilli line This time of night 〜SCLL LIVE 20th Anniversary〜(2019年6月29日、テレ朝チャンネル1) - 2019年4月27日に行われたEX THEATER ROPPONGIでのライブの模様を放送

脚注[編集]

  1. ^ 笹原清明は写真家(Spangle call Lilli lineのギタリスト兼フォトグラファー・笹原清明の写真展『eye』”. cinra (2009年8月20日). 2013年8月20日閲覧。
    藤枝憲はグラフィックデザイナー(藤枝 憲 (Coa Graphics)”. Cat's Forehead. 2013年8月20日閲覧。Tomohiro Okusa. “Music×Graphic Vol.1 江森丈晃×藤枝 憲 対談”. Cat's Forehead. 2013年8月20日閲覧。
  2. ^ 「バンド=人生(生活)ってなっちゃうとキツいと思うんですよ。僕らは生活的にも自立してる」金子厚武 (2011年9月26日). “なぜSpangle call Lilli lineはここまで自由に活動できるのか 3/4”. cinra. 2013年8月20日閲覧。
  3. ^ 藤枝は「音楽はガス抜きですね」と言っている(藤枝憲(Spangle call Lilli line)×ミト(クラムボン)×美濃隆章(toe) HQD鼎談”. ototoy. 2013年8月20日閲覧。)。

出典[編集]

  1. ^ Spangle call Lilli line”. Indiesmusic. 2013年8月20日閲覧。
  2. ^ a b c 梶山春菜子. “Spangle call Lilli lineのベスト盤『SINCE2』をリリース!”. ototoy. 2013年8月20日閲覧。
  3. ^ 渡辺裕也. “Spangle call Lilli line、12年目にして再びクライマックスに突入”. BounDEE by SSNW. 2013年8月20日閲覧。
  4. ^ Spangle call Lilli line”. DAZED and Excite. 2013年8月20日閲覧。
  5. ^ a b c 金子厚武 (2011年9月26日). “なぜSpangle call Lilli lineはここまで自由に活動できるのか 1/4”. cinra. 2013年8月20日閲覧。
  6. ^ a b Spangle Call Lilli Lineが2つのソロプロジェクトをスタート、アルバムを同時に発売”. cinra (2008年12月3日). 2013年8月20日閲覧。
  7. ^ 西澤裕郎. “特集: Spangle call Lilli line”. ototoy. 2013年8月20日閲覧。