Strength (古内東子のアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Strength
古内東子スタジオ・アルバム
リリース
録音 Right Track Recording
Soundtrack Studios
Remidi Studio
Free Studio Yotsuya
Free Studio Tsukiji
ソニーミュージック信濃町スタジオ
ARC GARRET
ジャンル J-POP
時間
レーベル ソニーレコード
プロデュース Michael Colina
チャート最高順位
古内東子 年表
Hug
1994年
Strength
1995年
Hourglass
1996年
『Strength』収録のシングル
  1. 歩き続けよう
    リリース: 1995年4月21日
  2. Strength
    リリース: 1995年8月21日
テンプレートを表示

Strength』(ストレンクス)は、古内東子 の4thアルバム。1995年9月21日ソニーレコードからリリースされた(SRCL 3306)。

解説[編集]

初の海外(ニューヨーク)におけるレコーディング作品。マイケル・コリーナがプロデュースし、その人脈でブレッカー・ブラザーズのランディ・ブレッカー、マイケル・ブレッカーのふたりをはじめ、デヴィッド・サンボーンボブ・ジェームスといったジャズ・フュージョン界の豪華ミュージシャンが参加 [1]。「歌詞の意味を英語でレコーディングミュージシャンに伝えることによって、自身の歌詞の意味をより深く理解することができた」と古内自身が語っている。

収録曲[編集]

  1. Strength
  2. あえない夜
  3. 今の二人が好き
  4. Promise
  5. できるだけ
    「Strength」のカップリング曲。
  6. 秘密
  7. 歩き続けよう(Album Version)
  8. 幸せの形(Album Version)
    「歩き続けよう」のカップリング曲。
  9. 雨の水曜日
  • 作詞・作曲:古内東子
  • 編曲:Michael Colina
  • ボーカル・コーラスアレンジ:古内東子

参加ミュージシャン[編集]

  • Drums:Steve Ferrone(3,8)、Omar Hakim(6,9)、Steve Jordan(2,4,7)
  • Drum Programing:Max Risenhoover(1,5)、Michael Colina(5) 
  • Bass:Will Lee(3,6,8,9)、James Genus(2,4,7,10)
  • Bass Programing:Max Risenhoover(1,5)、Michael Colina(1,5)
  • Bass Samples:Marcus Miller
  • E.Guitar:Nick Moroch(3,6,7,8)、David Spinozza(2,4)、Chuck Loeb(9)、Gil Parris(5)
  • A.Guitar:Nick Moroch(1,5)
  • Piano:Bob James(3,6)
  • Percussions:Carol Steele(2,3,4,7)
  • Background Vocal:Porter Carroll JR(1)
  • Trumpet:Anthony Kadleck(2,7)
  • Trombone:Michael Davis(2,7)
  • T.Saxophone:Andy Snitzer(2,7)
  • Strings Concert Master:Nancy McAlhany
  • Strings Coordinater:Jill Jaffe
  • T.Saxophone Solo:Michael Brecker(1)
  • Trumpet Solo:Randy Brecker(7)
  • A.Saxophone Solo:David Sanborn(10)
  • Keyboads:Michael Colina(1,2,4,5,7,8,9,10)
  • Keyboad Programing:Michael Colina(2,3,4,6,7,8,9,10)

脚注[編集]

  1. ^ 熊谷美広 「POPS & ROCK フュージョン周辺」『FUSION』 シンコーミュージック〈DISK GUIDE SERIES〉、2000年、148頁。