strlcat

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

strlcatC言語文字列を安全に結合するための関数である。ISO で規定された関数ではないが、BSD libc などに含まれている。危険な使い方をしてしまいがちな関数strcatやstrncatの代替として、Todd C. Millerおよびテオ・デ・ラート (Theo de Raadt) が開発した[1]

概要[編集]

プロトタイプ

size_t strlcat (char *dst, const char *src, size_t size);

であり、ポインタsrcの指すアドレスから最大でsize - strlen(dst) - 1バイト文字列をdstの末尾に追記し、NULL文字で終わるようにする。つまり、dstのバッファの実際の大きさをsizeに指定すれば、バッファオーバーランしないことが保証される。

strncatは似たプロトタイプを持つが、sizeの意味はsrcから最大で何バイトコピーするかであり、NULL文字を考慮すると最大でsize + 1バイトをコピーされる。またsizeの値は、dstに既に存在する文字数も考慮しなくてはいけない。この複雑さからしばしばsizeの指定を誤り、バッファオーバーランの原因となる。

実装状況[編集]

Millerとデ・ラットはOpenBSDの開発者であり、strlcatを最初に実装したオペレーティングシステム (OS) はOpenBSD 2.4である。以後、FreeBSD 3.3を含め、SolarismacOSにも採用されている。Linux では libbsd ライブラリ経由で利用できる。glibcMicrosoft Visual C++ には実装されていない。

関連項目[編集]

参照[編集]