Sugar Baby Love

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Sugar Baby Love
Winkシングル
初出アルバム『Moonlight Serenade
B面 風の前奏曲(プレリュード)
リリース
規格 8cmCD
シングルレコード
コンパクトカセット
デジタル・ダウンロード
ジャンル ポップス
レーベル ポリスター
作詞・作曲 作詞:ウェイン・ビッカートン英語版
日本語詞:Joe Lemon
作曲:トニー・ワディングトン英語版
編曲:鷲巣詩郎
プロデュース 水橋春夫
チャート最高順位
Wink シングル 年表
Sugar Baby Love
1988年
アマリリス
(1988年)
ミュージックビデオ
Sugar Baby Love(M.V.) / Wink
ライブ映像
Sugar Baby Love(Live ver.) / Wink
テンプレートを表示

Sugar Baby Love」(シュガー・ベイビー・ラブ)は、1988年4月27日ポリスターからリリースされたWinkのデビューシングルである。Winkのデビュー30周年である2018年4月27日には、完全限定盤として17cmアナログ・シングルがダブル・ジャケット仕様で再リリースされている[2]EP: D07R-1013(再リリース盤はPSKR-9105)、8cmCD: H10R-30002。

解説[編集]

オリジナルは1974年に発売されたルベッツの「シュガー・ベイビー・ラヴ」。Winkのメンバー・鈴木早智子は、キャンディーズによるカバー[注 1]をアレンジしたものと語る[3]。キャンディーズ版の日本語詞は山上路夫、編曲は穂口雄右によるが、Wink版の日本語詞はJoe Lemon、編曲は鷺巣詩郎が担当している。

1988年、南野陽子主演のドラマ『熱っぽいの!』(フジテレビ系、4月14日-7月7日放送)において、「Sugar Baby Love」が主題歌として、B面の「風の前奏曲(プレリュード)」(作詞: Joe Lemon、作曲: 見岳章、編曲: 鷺巣詩郎)が挿入歌として使用され[4]、ドラマ放送中の4月27日に、Winkのデビューシングルとして発売された。ドラマの放送に合わせるため、そのデビュー決定後、1週間で作成しなければならなかったという[5]

Winkは当初、アイドルではなくアルバムアーティストとしてデビューしたが[6]、同デュオの音楽プロデューサー・水橋春夫は、デビュー曲がテレビドラマの主題歌であったことが、後のWinkの、アイドルという方向性に影響を与えていると回想している[5]

彼女たちは、デビューの際にキャンペーンを行なっておらず[注 2]、そのビジュアルが歌唱に先行しないよう露出が控えられてもいて[7]、当初からラジオ有線に絞って宣伝がなされていたという[5]。そのようなあり方の中で、オリコンチャートでは5月23日付で最高20位[1]、100位以内には、ほぼタイアップドラマの放送期間中である、5月9日付の28位から、7月11日付の64位まで、10週連続のランクインを果たしており[8]、アイドルとしては長めのチャート登場週数を記録したと評価されている[5]

エピソード[編集]

Winkは、本曲を歌唱している時期に、ピンク色のメイド服を舞台衣装として地方キャンペーンを行なっていたが[9]、1988年8月19日の岡山キャンペーン[注 3]の前日に、これを山手線の電車内に置き忘れて紛失するということがあった[10]。前記した岡山キャンペーンからは、ひまわりや、ばらの絵柄のワンピースを着用して、地方キャンペーンに臨んでいる[11]

1989年4月24日放送の『歌のトップテン』(日本テレビ系)では、番組がこの衣装を復元してWinkに贈呈し、彼女たちはこれを着用して「涙をみせないで 〜Boys Don't Cry〜」を歌唱した[注 4]

なお、Winkのメンバー・相田翔子が、かつて、「衣装を山手線に忘れたのは私です」と語っていたが[10]、実際にこれを紛失したのはマネージャーであったという[12]

収録曲[編集]

  1. Sugar Baby Love
    • 作詞: ウェイン・ビッカートン英語版、作曲:トニー・ワディングトン英語版、日本語詞: Joe Lemon、編曲: 鷺巣詩郎
  2. 風の前奏曲(プレリュード)
    • 作詞: Joe Lemon、作曲: 見岳章、編曲: 鷺巣詩郎

収録アルバム[編集]

Wink版のカバー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ キャンディーズのアルバム『なみだの季節』(CBSソニー、1974年12月10日)に収録。
  2. ^ キャンペーンは1988年6月10日に開始[7]
  3. ^ 「ウィンク・ファースト・パーティ…この夏を忘れない。 '88 Summer キャンペーン」広告(『ORICON WEEKLY』1988年8月8日号p.31)にキャンペーン予定日の記載あり。
  4. ^ 読売新聞』1989年4月24日朝刊第32面(『読売新聞縮刷版』1989年4月号p.1190)および夕刊第20面(同前p.1218)のテレビ番組表に「ウィンク衣装シリーズ」として番組放送予定記載あり。

出典[編集]

  1. ^ a b 『オリコン・チャート・データ'88』 1989, p.23。
  2. ^ 『Wink30周年特設サイト』、2018年9月19日閲覧。
  3. ^ 「COMING UP! 今週の推薦盤「Sugar Baby Love」 いつでも、どこでも聴いて欲しい曲です Wink」(『ORICON WEEKLY』1988年5月9日号p.11)。
  4. ^ 『Twinkle Angels』 1990, p.169。
  5. ^ a b c d 「アーティスト徹底解剖㉑ Wink」(『ORICON WEEKLY』1989年6月5日号)p.32。
  6. ^ 鈴木早智子『負けじ魂』(光文社、2010年11月10日)p.72。
  7. ^ a b 「実録シンデレラストーリー Winkが止まらない」(『BOMB!』1989年9月号)p.31。
  8. ^ 『オリコン・チャート・データ'88』 1989, pp.132-143。
  9. ^ 『Twinkle Angels』 1990, p.26掲載写真。
  10. ^ a b 『Twinkle Angels』 1990, p.27。
  11. ^ 『Twinkle Angels』 1990, p.27掲載写真。
  12. ^ 田渕浩久「DIRECTOR'S NOTE - #7 『Special To Me』トーク&ミニライブ・イベントレポート」(『Wink 30周年特設サイト』2018年10月30日)、2019年7月21日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『オリコン年鑑1989別冊 オリコン・チャート・データ'88』オリジナルコンフィデンス、1989年4月15日。
  • 『Twinkle Angels とっておきのウインク』ワニブックス、1990年4月10日。ISBN 9784847011078。

関連項目[編集]