Swoop (航空会社)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Swoop
Swoop(航空会社)のロゴマーク.png
IATA
WO
ICAO
WSW
コールサイン
SWOOP
設立 2017年
運航開始 2018年6月20日
ハブ空港
保有機材数 6[1]
就航地 14
親会社 West Jet
本拠地 カナダの旗アルバータ州カルガリー
外部リンク FlySwoop.com
テンプレートを表示

Swoopは、 カナダアルバータ州カルガリーに拠点を置く[2]ウエストジェット航空が運営する超低コストキャリア (ULCC) である。Swoopは、新たなビジネスモデルを用いてカナダ市場に「急降下」する(または飛び込む)という意味を持つ。 [2] ローンチ直後、親会社のWestJetは、Swoopをカルガリーだけでなく、エドモントンアボッツフォードウィニペグのなどの近郊の都市にも拠点を置くことを発表した。 [3] 2018年2月1日、[4] Swoopはハミルトン・ジョン・C・マンロ国際空港ハブ空港とすることを発表し、チケットの販売を始めた。[5]

歴史[編集]

2017年4月、ウエストジェット航空は、超低コストキャリア (ULCC) 市場に参入し、NewLeaf(現在のFlair Airlines)に競争するため、新しい航空会社を立ち上げる計画を発表した。 WestJetは、2017年末にチケットの販売開始を目標としていたが[6] 、2017年の8月に予約システムの変更を行った影響で販売は2018年6月に延期された。

Swoopは2017年9月27日に正式発表された。親会社であるWestJetの運賃よりも、基本運賃が40%低くなるとされた。また、6機のボーイング737-800型機で運行を行うことを発表。その後、チケットは2018年2月1日に発売となった。

2018年7月20日、Swoopは2機のボーイング737-800型機を投入した。最初のフライトはハミルトン・ジョン・C・マンロ国際空港からアボッツフォード国際空港で、その飛行費用は平均$103であった。ウィニペグ・ジェームス・アームストロング・リチャードソン国際空港エドモントン国際空港ハリファックス・ロバート・L・スタンフィールド国際空港も就航地となり、所有している2機の航空機は2018年末までに6機に。2019年には10機に拡張される予定だった。[7]

2018年8月2日、Swoopは、同年10月中に、米国へを就航先とするカナダで最初の超低コスト航空会社となり、ラスベガスフェニックス (アリゾナ州)タンパオーランド、ラスベガスラスベガスおよびフォートローダーデールへのフライトを開始することを発表。[8]また、10月のサービス開始に先駆け、2018年12月と2019年1月に予定している4つのメキシコとカリブ海へのフライトを発表。2018年10月20日にSwoopはアメリカへのフライトの承認が下りなかったため、2018年10月27日までアメリカへの就航を遅らせることを決定した。 [9]さらに、Swoopでは2019年4月から5月にかけて、ロンドン (オンタリオ州)ケロウナオークランド (カリフォルニア州)へのサービスを開始する予定である。[10]

航空機材[編集]

現在の機材[編集]

Swoopでは、Boeing 737-800を運航している。Swoopは2018年に6機の航空機で運航し、2019年春までに10機に拡大する予定である。[1] [11]

Swoopの機材には、各座席にトレイテーブル、座席ポケット、調節可能なヘッドレスト、および可動式の肘掛けが搭載されている(1列目を除く)。

塗装[編集]

Swoopの機材には、白地の機体の側面に、ピンク色の大きなSwoopロゴが描かれている。各機材の両側にあるコックピットの窓の下に、ピンク色の文字で名前が付けられている。 [12]各機材の名前は以下の通り。

Swoopの各機材の名前
名前 登録
#Hamilton[13] C-GDMP
#Abbotsford[13] C-FPLS
#Bob[14] C-GXRW
#Jon[15] C-FONK
#Abbotsford[16] C-FLBV
#OhCanada[17] C-FYBK

機内エンターテイメント、WiFi、および座席内電源[編集]

Swoopはアプリを通じ、機内エンターテイメントとインターネットを提供している。 Swoopアプリは、携帯電話、タブレット、ラップトップなど、あらゆるWebベースのモバイルデバイスからアクセスできる。アプリの機内エンターテイメント部分は "Swoop Stream"と呼ばれ、Swoop Streamを通じ、乗客フライト中にストリーミングされている最新の映画やテレビ番組を見ることができる。[18] サービスは現在無料だが、Swoopはこれを有料サービスにする予定である。

2019年3月1日から、Swoopは無料の機内エンターテイメントサービスの取りやめを始めた。だが、インターネットの提供はすべてのフライトで続ける見通しである。

現在、インターネットにはSwoop Stream経由でアクセスでき、時間に応じて有料で利用できる。 [18]

Swoopの機材では、それぞれの航空機の各座席にAC電源とUSBポートを装備している。 [12]

運航路線[編集]

Swoopは直行便の路線に焦点を当てている。目的地に関しては、Swoopの最大の拠点はジョンC.マンローハミルトン国際空港で 、ここからほぼすべての目的地に運航している。 [19] Swoopの西部の拠点はエドモントン国際空港である。 [20] サングスター国際空港などのいくつかの目的地は、季節ごとに運行している。 [21] [22]

現在の目的地は次のとおり。 [23]

都市 空港
オンタリオ ハミルトン ハミルトン・ジョン・C・マンロ国際空港
ノバスコシア ハリファックス ハリファックス・ロバート・L・スタンフィールド国際空港
アルバータ州 エドモントン エドモントン国際空港
ブリティッシュコロンビア州 アボッツフォード アボッツフォード国際空港
マニトバ州 ウィニペグ ウィニペグ・ジェームス・アームストロング・リチャードソン国際空港
ネバダ州 ラスベガス マッカラン国際空港
フロリダ州 オーランド オーランド国際空港
フロリダ州 タンパ タンパ国際空港
フロリダ州 フォートローダーデール フォートローダーデール・ハリウッド国際空港
アリゾナ州 フェニックス フェニックス - メサゲートウェイ空港
ジャマイカ モンテゴ・ベイ サングスター国際空港
ハリスコ州 プエルト・バヤルタ英語版 Licenciado GustavoDíazOrdaz国際空港
キンタナ・ロー州 カンクン カンクン国際空港
シナロア州 マサトラン マサトラン国際空港

2019年[10]、Swoopはアメリカ合衆国とカナダ、メキシコの以下の目的地にサービスを追加する予定。

都市 空港 サービス開始
オンタリオ ロンドン ロンドン国際空港 2019年4月28日
ブリティッシュコロンビア州 ケロウナ ケロウナ国際空港 2019年5月24日
カリフォルニア州 サンディエゴ サンディエゴ国際空港 2019年10月4日
バハ・カリフォルニア・スル州 ロス・カボス ロス・カボス国際空港 2019年11月2日

出典[編集]

  1. ^ a b Canadian Civil Aircraft Register: Quick Search Result for Swoop”. Transport Canada. 2018年6月20日閲覧。
  2. ^ a b Meet Swoop”. Swoop (2017年9月27日). 2019年4月1日閲覧。
  3. ^ Tucker (2017年8月7日). “New WestJet discount airline ‘may be based outside of Calgary’”. Global News. 2017年11月30日閲覧。
  4. ^ Swoop is on sale”. Swoop (2017年2月1日). 2019年4月1日閲覧。
  5. ^ Route Map: See where we fly”. Swoop Airlines. 2018年2月1日閲覧。
  6. ^ “WestJet plans to launch new discount airline”. Maclean's. (2018年8月31日). http://www.macleans.ca/economy/business/westjet-plans-to-launch-new-discount-airline/ 2017年4月21日閲覧。 
  7. ^ Low-cost airline Swoop's maiden flight lands in Abbotsford”. 2018年8月31日閲覧。
  8. ^ U.S. gets service from Canada’s ultra-low-fare airline, Swoop” (英語). Swoop. 2019年4月2日閲覧。
  9. ^ Swoop airlines waiting on U.S. approval”. CHCH. 2018年10月20日閲覧。
  10. ^ a b Smith (2019年1月22日). “Canada's ultra-low-cost carrier now flying to 3 new destinations”. Daily Hive. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  11. ^ Meet Swoop”. Swoop (2017年9月27日). 2019年4月1日閲覧。
  12. ^ a b Our fleet | Swoop” (英語). Swoop. 2018年7月31日閲覧。
  13. ^ a b Swoop Fleet Details and History” (英語). www.planespotters.net. 2018年7月31日閲覧。
  14. ^ FlySwoop” (英語). www.facebook.com. 2019年4月6日閲覧。
  15. ^ Swoop Fleet Details and History” (英語). www.planespotters.net. 2018年8月28日閲覧。
  16. ^ Flikr” (英語). www.flikr.com. 2019年1月19日閲覧。
  17. ^ Flikr” (英語). www.flickr.com. 2019年1月19日閲覧。
  18. ^ a b “Swoop makes travel easy with their new mobile app | Swoop” (英語). Swoop. https://www.flyswoop.com/news/swoop-mobile-app.html 2018年7月31日閲覧。 
  19. ^ Ultra Low Cost Airline”. Swoop. 2018年8月23日閲覧。
  20. ^ Heidenreich. “Low-cost airline Swoop to offer direct flights between Edmonton and Winnipeg this fall”. Global News. 2018年8月31日閲覧。
  21. ^ Swoop adds Jamaica service with seasonal flights to Montego Bay from Hamilton”. CTV News. 2018年10月7日閲覧。
  22. ^ Where We Fly, Destinations, Route Map | Swoop” (英語). Swoop. 2018年9月13日閲覧。
  23. ^ Swoop Airlines” (英語). Swoop Airlines. 2018年2月1日閲覧。